新世紀 淫魔聖伝 第05話 「第五章」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/11/06

新世紀 淫魔聖伝 第05話 「第五章」

inmaseiden_05-01.jpginmaseiden_05-02.jpg
(C)2002 金澤勝眞/『淫魔聖伝』製作委員会

真緒のお母さんと学院長との秘密の関係が明らかにされるお話です。
※以下の感想では一般向けに控えめな表現を用いて文章を書いておりますが、
一応、エッチなアニメ作品ですので閲覧には十分にご注意くださいませ(^ω^;)

inmaseiden_05-03.jpginmaseiden_05-04.jpg

前回のラストで萌夏が淫魔に殺されてしまったシーンの続きからになります。
真緒が絶叫しながら怒りと悲しみを大爆発させていました。これは凄い!
周囲の物を次々と消滅させるほどの力を放出していましたわ(汗)
さらに理香子らしき亡霊が現れていたのが気になるところです。
亀山火巫女学院長のお姉さんなら真緒のお母さんでもありますから、
娘の体に憑依しているのかもしれませんね。

inmaseiden_05-05.jpginmaseiden_05-06.jpg

はお母さんが真緒に憑依したのでかなりショックを受けていました。
その光景を見ていた綾乃の命まで奪おうとしてたのでホント酷い!
学院長よりも香の方が悪者じゃないのか?って思ったくらいだよ(´・ω・`)
綾乃が殺されそうになっていた時に真緒が飛び込んできてくれて良かった。
真緒にしてみればこれ以上友達を殺されるわけにはいかないもんね。
これはもう真緒と香の間に亀裂が生じてきそうな感じでした。

そういえば、瞳のお母さんも本当は理香子だと明らかにされていたので、
真緒と香と瞳は本当は3姉妹だったという事になるのかな!?
ちょっと人間関係がややこしくなってきた・・・。

inmaseiden_05-07.jpginmaseiden_05-08.jpg

学院長が姉の理香子とイチャイチャと百合行為している回想シーンもありました。
三角関係で仲が悪いのかなぁって思っていたので、これには唖然としましたわ(笑)
どうやら元から深く深く抱き合うほど仲が良い姉妹だったみたいです(^ω^;)
あと学院長は理香子が他の男に抱かれるくらいなら殺すと言っていたので、
それが前の回想での姉殺害シーンへと繋がってくる部分なのでしょう(汗)
とにかく学院長の真の目的が理香子の復活だという事が明らかになってました。

inmaseiden_05-09.jpginmaseiden_05-10.jpg

真緒は萌夏達が学院長の差し金で殺された事を知って学院長室に駆け込みます。
しかしその場所にいたのは学院長ではなくて瞳でした。
この瞳が敵なのか味方なのかまだはっきりしないところがありますけど、
綾乃を志村高志の生贄に捧げていたので母親に従っているのでしょうね。
そうなると、真緒の大鳥家にとっては敵という形になります。
以前から何回も書いていますけど、この作品のキャラ達にはどこか
裏があるので敵なのか味方なのか判断しにくい部分があります
(苦笑)
とりあえず真緒が瞳にイタズラされそうになっていたところを夜叉神先生に
助けてもらっていました。視聴者的にはちょっと残念な感じでしょうか?w
触手アニメなのに今回は百合っぽいシーンが多めだなぁって感じました(^ω^;)

inmaseiden_05-11.jpginmaseiden_05-12.jpg

香は亀山家に侵入したものの叔母の学院長に見つかってしまいます(汗)
いつも凛々しく強気な香が恐怖におののいていたので珍しかったです。
それほど香は触手攻めをされる事が嫌なのでしょうね。
でも外で堂々と自分を慰めていた姿を見ていると何だか違和感があるw
こういうエッチな事をされるのも嬉しく思う人だと私は思っていたのになぁw

inmaseiden_05-13.jpginmaseiden_05-14.jpg

もう今回は香の担当回と言ってもいいでしょう♪
激しく触手攻めをされて喘ぎ声を出し続けていました。
この辺は年の功なのか学院長の方が一枚上手といったところです。
もう大鳥家と亀山家が親戚同士で争っているというのは間違いなさそう。
そんなこんなで香は叔母様学院長によって躾を厳しく教え込まれていました。
それにしても2人とも学校の事を放置してていいのだろうか?(苦笑)

inmaseiden_05-15.jpginmaseiden_05-16.jpg

真緒はメラニー先生から香の危機を知らされて助けに行こうと決心をします。
主人公にしては動きの少ない彼女ですけど、最終回は大活躍してほしいですね。
あと女性の入浴中に堂々と入ってくる夜叉神先生はどうかと思いました(苦笑)
大鳥陣営と亀山陣営の対立もようやく大詰めといったところかもしれません。
ここで次回に続きます。

関連記事