新世紀 淫魔聖伝 第03話 「第三章」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/10/24

新世紀 淫魔聖伝 第03話 「第三章」

inmaseiden_03-01.jpginmaseiden_03-02.jpg
(C)2001 金澤勝眞/『淫魔聖伝』製作委員会

萌夏と鈴音と綾乃が学園内の暴行事件の真相に迫ろうとするお話です。
※以下の感想では一般向けに控えめな表現を用いて文章を書いておりますが、
一応、エッチなアニメ作品ですので閲覧には十分にご注意くださいませ(^ω^;)

inmaseiden_03-03.jpginmaseiden_03-04.jpg

が教頭先生をワナにハメて情報を聞き出そうとするシーンから始まります。
しかし、教頭先生は突然お経みたいな呪文を唱えはじめて抵抗してました。
ということで、さっそく香が触手攻めを受けて始まった今回のお話です。
さすがに見せ場という見せ場は満遍なく持ってくるなぁって感心しますわ(^ω^;)
その後で何とか香は触手攻めから抜け出すことに成功していましたけど、
触手に肉体を弄ばれたにしては平然としているなぁって思いました(苦笑)
まさか触手攻めに慣れているのでしょうか?妹の真緒とは正反対ですもん。
あと、大鳥姉妹が式神などを扱う陰陽師のような一族だとすれば、敵対する
学院長や教頭先生は呪術で淫魔を操るような一族なのかもしれません。

とにかくこの学校で2つの勢力が争っている構図が見えてきた感じがしました。

inmaseiden_03-05.jpginmaseiden_03-06.jpg

萌夏小沢綾乃高須寿々音と一緒に落ち込んでいる真緒を心配していました。
当然3人は淫魔については知らないので、まさか真緒が触手による凌辱を受けて
失意どん底に落ち込んでいるなんて知る由もありませんでしょうね。
真緒の方は友達を巻き込まないためにも淫魔については話せないし、警察にも
話したところでどうしようもないので泣き寝入りするしかないのかな・・・。
女性としての尊厳を傷つけられたショックで立ち直れない状態かもしれない(汗)

inmaseiden_03-07.jpginmaseiden_03-08.jpg

校医の松本冴子先生が亀山学院長を不審に思って探りを入れようとしていました。
しかしさっそく学院長の新たな部下の志村高志が邪魔するかのように現れます。
これは松本先生までも犠牲になってしまいそうな予感・・・(汗)
とにかく学院長一派が学校の先生や女子生徒を拉致しているのは確実でした。

inmaseiden_03-09.jpginmaseiden_03-10.jpg

教頭先生が操る淫魔が萌夏と綾乃と寿々音に襲い掛かってきていました。
そこで3人が呪符とかを取り出して触手に反撃してたからもうビックリです。
あんた達も呪術とかを扱えるんかい!?って突っ込んで見ていましたわ(苦笑)
前から何回も書いていますけど、この作品って摩訶不思議な現象について
一般常識的に描いている部分があるのでかなり戸惑う事があります
(^ω^;)
せめて簡単にでも世界観を説明しておく必要があるような気もするんだけどね。
これでは普通の人間が当たり前のように魔術が使えるんだと思えてしまうw

その後でメラニー・クールという女性に助けてもらっていたのですけど、
いったい彼女は何者なのでしょう?一応味方なのでしょうか?

inmaseiden_03-11.jpginmaseiden_03-12.jpg

「真緒。私達はお母様の遺志を継いで大鳥家を守る義務があります。
亀山家の人間はそれに取って代わるつもりなの。」

香お姉ちゃんが真緒に敵の親玉が叔母である亀山火巫女だと明かしていました。
つまり、この学校の亀山学院長が淫魔達を操っているボスだという事になります。
だから学校の女子生徒や女性の先生が暴行された後にどこかに転校していっても
何の問題にならなかったのでしょう。
とにかくこれで視聴者にも敵と味方の陣営の相関関係が分かるようになってたかな。
それでも説明不足感は否めませんけど、まぁエロアニメだから良いでしょうw
たぶん視聴者はストーリーよりも触手攻めの方を重要視してるはずですしw

inmaseiden_03-13.jpginmaseiden_03-14.jpg

「私、夜叉神先生が好きです。」
萌夏が片思いしていた夜叉神先生に思い切って告白していました♪
先生が真緒の事ばかり気にかけているので抑えられなくなったのでしょう。
この作品にも純情な雰囲気の告白シーンってあるんだなぁって感心しました(^ω^)
とりあえず夜叉神先生は全く相手にしようとしませんでしたけどね。
まぁ先生の立場上、教え子と付き合うのはご法度なので仕方ないかな。

inmaseiden_03-15.jpginmaseiden_03-16.jpg

「お願いです。先生、私を抱いてください。」
しかしながら萌夏としては諦めきれずに制服まで脱いで振り向かせようとしてた!
いくらなんでもそれはヤバいでしょ!先生を犯罪者にさせる気なのかな?(苦笑)
とにかく萌夏は身も心も先生に捧げようとしていましたわ(^ω^;)
それほど夜叉神先生の事を愛していて結ばれたい気持ちが強いのでしょうね。
もちろん先生は萌夏の体をシーツで覆って手を出しませんでした。
エロアニメ的にはそれでいいのか分かりませんが、紳士だと一応思っておこうw

inmaseiden_03-17.jpginmaseiden_03-18.jpg

志村は寿々音が1人になったところを見計らうように襲っていました。
やっぱり学院長の部下なだけあって、触手攻めの目的も一緒なのでしょう。
ただ彼の場合は触手を拘束具として使っていたのが珍しいところでしょうか。
あくまで寿々音を自分自身の手で凌辱していたし・・・。
まぁそれも女性の立場からすれば最悪なんだけどね。
でも触手モノとしては若干外れているような気もしないでもないかな(^ω^;)

寿々音は苦痛で涙を流していたのですけど、やがて快感に悶え始めてました。
・・・え?なぜ!?(^ω^;)
まぁこれもエロアニメではよくあるパターンの1つと思うしかないかw
とにかく学院長一派はまた1つ神将の武具を集める事に成功します。

inmaseiden_03-19.jpginmaseiden_03-20.jpg

その頃、萌夏と綾乃は寿々音が姿を消したので真緒の家に電話してました。
でも香は真緒へ電話を引き継がずに話をはぐらかそうとしていましたわ。
このお姉さんもいったい何を考えているのか理解しにくい部分があります。
本当に味方なのか疑問に思う事さえありますからね・・・(^ω^;)
もしかすると学院長よりも手強い相手かもしれない!?

inmaseiden_03-21.jpginmaseiden_03-22.jpg

「寄らないで!寿々音にもう寄らないで!」
「萌夏・・・」
「真緒なんてもう友達じゃない!」
寿々音もまた瀬名と同様に淫魔に弄ばれた上に殺されてしまいました(汗)
萌夏も綾乃も友達だったので当然のように嘆き悲しんおりました。
萌夏達からすれば、真緒が事件の相談に乗ってくれなかったし、寿々音が
いなくなっても心配すらしてないと見えたから怒るのも仕方ないかな。
でも真緒の方も皆を事件に巻き込みたくないという思いもあったはずだし、
自分自身が凌辱されたショックもあったので話せなかったのでしょう。
とにかくこうなったからには正直に話して誤解を解いた方が良さそうです。
真緒と萌夏達の間に深い溝が出来た感じで次回に続いていました。

今回は主人公の真緒の活躍がほとんどなかったと言っていいでしょう。
その分、萌夏や寿々音の活躍が目立ったお話だったと思います。
あと学校を舞台にして敵と味方がはっきりしてきたのも大きいかな。

関連記事