恋愛ラボ 第13話 「その手を重ねて」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2013/09/28

恋愛ラボ 第13話 「その手を重ねて」(最終回)

lovelab_13-01.jpglovelab_13-02.jpg
(C)宮原るり/芳文社・藤女生徒会

莉子が恋愛初心者である事を打ち明けようとするお話です♪(*´ω`*)

lovelab_13-03.jpglovelab_13-04.jpg

恋愛ラボの最終回の感想をお届けします。
とても楽しい作品だったのでこれで終わっちゃうのが寂しい。


真木が普段とはまるで別人のように行動がおかしくなって始まります。
恋愛研究まで控えようとしていたので異常事態だと思っていいかも!?
特に莉子に対しては避けようとしている雰囲気が見られましたので、
これは莉子が恋愛未経験だった事実を知ってしまったにちがいない。

ということで、今回は莉子と真木に微妙な距離ができていました(汗)

lovelab_13-05.jpglovelab_13-06.jpg

莉子は真木に正直に嘘をついていた事を打ち明けて謝ろうとしていました。
何かドMになってしまっていたからちょっと笑ってしまったんだけどね(^ω^;)
あと沙依理に真木役になってもらって謝罪の練習をしようとしていました。
それにしても沙依理って真木とそっくりな声を出していたからビックリだよ。
ただ余計な一言が多いのですけど・・・(苦笑)

lovelab_13-07.jpglovelab_13-08.jpg

真木の方は何回も変な声を出して転んでいました。かなりの重症だなぁ。
普通は目にゴミが入ったとか言って誤魔化すのに、ヨダレって真木らしいw
とにかくこんな真木の様子を見ていると他の生徒会のメンバーだって
様子が変だと気づかないはずがありません。それにボケとツッコミのない
真木と莉子を見ていても面白さがなくなって暗い雰囲気になりますもんね(^ω^)

lovelab_13-09.jpglovelab_13-10.jpg

莉子は塾まで行って真木に正直に打ち明ける決心をしていました。
まぁあの大衆の面前だと修羅場だと思われても仕方ないかな?(笑)
でもここでは凪野君がとっても良いフォローをしてあげていたと思います。
やっぱり莉子には凪野君のような男の子がお似合いかもしれないですね。
フラれた相手を助けてあげるなんて良い人過ぎますもん(^ω^)

lovelab_13-11.jpglovelab_13-12.jpg

さらに莉子は真木の家まで追いかけて謝ろうとしていました。偉いと思います。
次の日まで先延ばしにせずに今すぐにでも伝えたい気持ちが強かったのでしょう。
でも色んな方法で謝ろうとしていたけど、今まで真面目に謝った事がないのかな?(苦笑)

lovelab_13-13.jpglovelab_13-14.jpg

「ゴメン!恋の達人なんて嘘なんだ!ホントは失恋ばっかでお前と同じ
恋愛初心者なんだ!ずっと騙してて、傷つけて本当にごめんなさい。」

でもようやく莉子はちゃんと頭を下げて真木に謝っていました。
さらに生徒会まで辞めるような事を口走っていたから覚悟が相当だった。
ここはちょっと張りつめた空気があって見入ってしまってましたよ(*´ω`*)
しかし莉子は楽しい思い出の詰まった生徒会は捨てたくありませんよね。
親友となった真木とも離れたくない気持ちも溢れてきて叫んでましたわ。
真面目に謝る姿もいいけど、こういうのも莉子らしいなぁ。

lovelab_13-15.jpglovelab_13-16.jpg

「これからもどうかよろしくお願いします。莉子・・・私の親友。」
莉子の謝罪を受けて、真木は両手でほほを軽く叩いて許してあげていました。
真木も莉子と楽しく過ごしてきたのでずっと友達でいてほしいのでしょう。
恋愛の達人とか恋愛初心者に関係なく、莉子と一緒にいたい気持ちでいっぱい。
こういうシーンって百合っぽい雰囲気になったりするものなのですけど、
この作品では純粋に女の子同士の友情として描かれているのが良い。

lovelab_13-17.jpglovelab_13-18.jpg

次の日に莉子は他の生徒会のメンバーに対してもきちんと謝っていました。
これならまたいつも通りの生徒会に戻れる日も近いかもしれません。
その前に莉子はかなり痛そうな罰を受けておりましたけどねぇ(苦笑)
まぁこれも皆からの愛のムチという事なんでしょう(^ω^)
裏新聞も完成した事だし、これからも恋愛研究に励んでくださいな♪

lovelab_13-19.jpglovelab_13-20.jpg

★総評★
最初から最後までずっと楽しませてくれた作品でした。
シリアスな展開もあったものの、絶妙なタイミングでお笑いシーンを
盛り込んでいたので全体的に明るさを保っていたように思います。
莉子のヘアスタイルが毎回のように変わっていた部分なんかにも、
女性原作者ならではの細やかさや雰囲気が感じられました。

関連記事