宇宙戦艦ヤマト2199 第25話 「終わりなき戦い」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/09/25

宇宙戦艦ヤマト2199 第25話 「終わりなき戦い」

yamato2199_25-01.jpgyamato2199_25-02.jpg
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

デスラー総統が沖田艦長にご挨拶するためにヤマトに乗り込んで来た!?

yamato2199_25-03.jpgyamato2199_25-04.jpg

ディッツ提督がドメル夫人と共にガミラス艦隊に帰還を果たすシーンから始まります。
デスラー総統亡き今、残存するガミラス艦隊をまとめて軍の再建に取り掛かってました。
ガミラス軍人の中では現実的な物の見方が出来る人なので上手くやってくれそうかな。
しかしながらディッツ提督の召喚命令に従わない部隊も一部に存在していました。
それはゲール率いる34隻の艦隊とタラン国防相が指揮するデウスーラII世です。
もちろん彼らが忠実に忠誠を従うのはあのお方しかいませんよねぇ~。
ということで、あのデスラー総統が生き延びていた事が冒頭で明らかになってました。
これはもうガミラス軍の中で内乱が勃発しそうな感じですけど、当のデスラー本人は
そんな事よりも自分を追いつめたヤマトにご執心といったところですわ。

yamato2199_25-05.jpgyamato2199_25-06.jpg

ヤマトはバラン星の亜空間ゲートを利用して地球に帰ろうとしていましたが、
そこにゲール艦隊が待ち伏せした上で奇襲攻撃を仕掛けてきていました(汗)
ゲールはデスラー総統が近くで見ているからなのかとても気合が入ってます。
でもやっぱりクライマックス近くの敵としては役不足な気もしますけどね(苦笑)

yamato2199_25-07.jpgyamato2199_25-08.jpg

ゲールにとって不運なのは目の前にフラーケンの次元潜航艦が現れた事でした!
召喚命令を無視しているわけだから攻撃されるのは仕方ないでしょうかねぇ~。
逮捕命令だったはずなのに撃沈されてしまってたから可哀相な気もしました(苦笑)
でもまぁゲールにとっては旧作よりも少しは長生きできたので幸せだったかもw
それに最後には艦隊の指揮官として有終の美を飾りながら退場も出来ましたしw
ここは花道を作ってくれたヤマト2199のスタッフに感謝しておかないとね(^ω^)

yamato2199_25-09.jpgyamato2199_25-10.jpg

あとビックリしたのは藪さんが次元潜航艦の兵員として乗っていた事でした!
次元潜航艦が危機に陥っていた時にいち早く態勢を立て直してあげていたので、
乗組員の皆からは可愛がられていましたわ。もう地球に帰るつもりはないのかな?
でも彼にとってはあのまま反逆者として地球に帰るよりも、この次元潜航艦の
乗組員として第二の人生を暮していく方が幸せなのかもしれませんね(^ω^)

yamato2199_25-11.jpgyamato2199_25-12.jpg

後半ではヤマトがデウスーラII世に接舷されて白兵戦を仕掛けられていました。
ガミロイド兵の大群がヤマト艦内を制圧していくので死傷者が続出しています。
これではヤマトが接収されるのも時間の問題といったところでした(汗)
こういう大胆な作戦を行ってくるという事は、本当にデスラー総統はヤマトを
手に入れたいと思っているのでしょう。イスカンダルの技術が詰め込まれた
戦艦でもあるから欲しくなるってところなのかな?

yamato2199_25-13.jpgyamato2199_25-14.jpg

デスラー総統自らヤマトに乗り込んで沖田艦長に挨拶しようとしていました。
わざわざ出向かないで通信でもしておけばいいのになぁ・・・(^ω^;)
でも落ち込んでいたセレステラの方はデスラー総統が直々に来てくれたので、
元気を取り戻していましたわ。昔のように自分を救いに来てくれたと思うと
嬉しくなって彼の下に駆け寄って行こうとする気持ちはよく分かります。
しかしながら、これが彼女に不運を招いてしまう事になったわけですがね・・・。

yamato2199_25-15.jpgyamato2199_25-16.jpg

デスラー総統は突然精神感応波を受けたので反射的に銃撃してました。
セレステラを誤って撃ってしまった事で茫然自失になっている姿を見ると、
少なからず彼女の事を部下として厚く迎え入れてあげていたのでしょう。
ただセレステラとしては忠誠を誓っていたデスラー総統に見捨てられた上に
さらに殺されてしまうんですから大ショックに間違いありません。
最後に自分の命と引き換えに思いを伝えようとしたのが泣けてきますね。
それとセレステラを守ろうとした雪まで撃たれてしまったので一大事でした!(汗)
雪がこの戦争の無意味さについて熱く語っていたのも印象に残ります。

yamato2199_25-17.jpgyamato2199_25-18.jpg

デスラー総統はヤケ気味になってヤマトにデスラー砲の照準を合わせていました。
しかし発射体制が整う前にヤマトによる実弾射撃による反撃を受けてしまいます。
もうこの時点でデスラー総統の命運は尽きたと言ってもいいでしょうね。
損傷を受けた状態でデスラー砲を撃とうとしたものだから爆沈してましたわ。
・・・あれ?跳ね返さないパターンになってる!?まぁいいか(^ω^;)
あの爆発描写ではさすがに今回ばかりは生き延びるのは無理っぽいかな・・・?
スターシャには想いが通じず、ヒス副総統などの部下達からは見限られるなど、
ガミラス帝国の総統としては少々寂しい最期を遂げてしまいましたけど、これも
ヤマト2199版らしい彼の生き様だと思ってもいいのかもしれません。

最後に古代が瀕死の重傷を負った雪を抱きかかえて最終回へと続きます。
地球まであともう少しだから何とか意識を取り戻して回復してほしいですね。

関連記事

トラックバック

宇宙戦艦ヤマト2199 第25話 「終わりなき戦い」

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray](2013/10/25)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る ミーゼラ・セレステラを撃ったデスラー総統。 敵だと思い射撃ミスをしたのでしょうか? 撃たれたミーゼラは、裏切られたと思い反撃。 デスラーの肩に命中したが命に別条なし。 しかし森雪は、戦死? 西条未来が、戦死するかと思ってい...