恋愛ラボ 第12話 「ずっと友達でいてくださいね」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/09/20

恋愛ラボ 第12話 「ずっと友達でいてくださいね」

lovelab_12-01.jpglovelab_12-02.jpg
(C)宮原るり/芳文社・藤女生徒会

莉子が勇気を出して恋愛経験がない事を真木に打ち明けようとするお話です。

lovelab_12-03.jpglovelab_12-04.jpg

新聞同好会の桃香と奈々が新しく作った新聞を持ってきたところから始まります。
その新聞には恋愛ラボ通信という記事があったのですけど、どうやら恋愛相談の
返答を小説形式にして質問者達に伝えようとしている
みたいです。
これなら恋愛禁止の学校でも堂々と恋愛相談に乗れるから良い方法かもしれない。
あと新聞同好会がここまで生徒会に協力してくれるは、真木が新聞コンクールに
出場出来るように事務局にお願いしてくれたのを恩に感じたからでもありました。
これで生徒会と新聞同好会の間にあった溝が埋まりつつありそうかな。

lovelab_12-05.jpglovelab_12-06.jpg

ただ恋愛相談が実現可能になってくると、恋愛の達人としての莉子の知識が
大いに必要とされてくるわけでして、ご当人はかなり困っておりました(笑)
これは恋愛未経験な事を隠し続ける限りはずっと悩み続ける事になりそうね。
もう沙依理の言うとおりに正直に打ち明けた方が楽になれるのになぁ(^ω^;)
あと、ヤンは真木の事を変人だと思っているようで少し酷いかも・・・。
でもあの真木の性格ではそう思われても仕方ないところもあるかな(苦笑)
一応、莉子が真木が良い子だとフォローしてあげていましたけど、2人が
恋人同士になるのはちょっと難しいかもしれませんね。

lovelab_12-07.jpglovelab_12-08.jpg

真木も塾に通う事になったので、莉子は早く打ち明けようとしていました。
しかし、頭の中ではそう思っていても、いざ行動となると出来ないみたいです。
もう打ち明けるどころか、口封じをしようと考えているくらいだから笑うよw

lovelab_12-09.jpglovelab_12-10.jpg

真木の方は塾で凪野君と2人きりになって超緊張しまくっていました。
壁マニアとかカーテンマニアと言ってたけど、いったい何なんだ!?w
いくら男子慣れしてないとはいえ、これはあまりにも緊張しすぎですw
私でもさすがにここまでは緊張しないよ(^ω^;)
でもまぁこういう行動を見られると変人だと思われても当然かもw
凪野君は抱いていたイメージが崩れてショックだったのかな?
しかし莉子とは違って女の子らしさもあるので惹かれる部分もありそう。

lovelab_12-11.jpglovelab_12-12.jpg

真木とヤンのやり取りが面白い。お互いが抱く印象は最悪ってところですね。
恋人関係になるよりも敵対関係になる可能性の方が高くなりそうです(苦笑)
あと、真木と莉子が固い友情の絆で結ばれている事がよく感じられました。
だから莉子がモテていないと聞かされても真木は信じないのでしょうね。
もう男の子と付き合うよりも、真木と莉子で百合の関係になれば良いと思った(^ω^)

lovelab_12-13.jpglovelab_12-14.jpg

真木は新聞同好会に生徒会の広報として裏新聞の発行をしてもらおうとします。
生徒会の倉庫を部室代わりに使ってもらう事で交流しやすくなるところかな。
それにもちろん恋愛研究をしている事がバレないためでもありますけどね。
あと、裏新聞を受け取る生徒達には記名してもらってリスクを共有してもらおうと
してました。これなら先生にチクられる心配もないから良い方法かもしれません。
とりあえずノリノリの真木に対して、莉子の悩みは増すばかり・・・(笑)
早く打ち明けて楽になっちゃえ(^ω^)

lovelab_12-15.jpglovelab_12-16.jpg

もうこのシーンはついに打ち明けるものだと思ってしまいましたよ。
しかし、最後の最後に余計な一言を言ってしまって台無しになってた(苦笑)
ここに来てまで見栄を張ろうとするともう打ち明けるのは不可能な気もする(^ω^;)

lovelab_12-17.jpglovelab_12-18.jpg

莉子にとってヒヤヒヤなのは親友の美花が裏新聞の制作に参加する事でした。
元々新聞部に所属していたみたいです。これは確実にバレる可能性が大かな。
何といっても親友だから莉子が恋愛経験がない事をよく知っているわけですし。
あと、その時の会話を真木に立ち聞きされていたのですけど大丈夫でしょうか?
もしバレてしまったら莉子と生徒会の関係が壊れてしまいそうで心配ですね。
ここで次回に続きます。

関連記事