宇宙戦艦ヤマト2199 第24話 「遥かなる約束の地」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/09/16

宇宙戦艦ヤマト2199 第24話 「遥かなる約束の地」

yamato2199_24-01.jpgyamato2199_24-02.jpg
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

ヤマトがイスカンダルに辿り着いてコスモリバースシステムを受け取るお話です。

yamato2199_24-03.jpgyamato2199_24-04.jpg

ヤマトが目的地のイスカンダル星へと到着したところから始まっていました。
乗組員達は数々の困難を乗り越えて到着できたので感無量になっていたかな。
沖田艦長が今まで頑張ってくれた皆に一言だけ感謝の気持ちを伝えていたのですが、
その中には一言では言い切れない程の色んな思いが込められていた感じがしました。
あとイスカンダル星がガミラス帝星と似ても似つかないくらいに美しい星でした。
とても双子星とは思えないくらいです。

yamato2199_24-05.jpgyamato2199_24-06.jpg

古代達はユリーシャを宮殿まで送ってあげようとします。
そして地球を救う重要アイテム「コスモリバースシステム」を頂くつもりです。
そこでイスカンダルの女王でもあるスターシャと謁見を果たすのですが・・・
まさか実の姉のスターシャですら妹と森雪を見間違うとはねぇ(苦笑)
それほどまでに似ているのでしょう。実の姉妹ですら見間違うのだから、
伊東とかが雪を宇宙人だと思い込むのも仕方なかったでしょうね(^ω^)
あと、スターシャは地球人が波動システムを武器に転用した事に苦言を
呈していました。
これはちょっと交渉に暗雲が立ち込める雰囲気・・・。

yamato2199_24-07.jpgyamato2199_24-08.jpg

命がけで遥か遠くまでやって来たというのに、コスモリバースシステムを今さら
渡せないなんて言われるとヤマトの乗組員もイライラしちゃうものでしょう。
これはスターシャに誠心誠意地球人の思いを伝えなくちゃいけないところかな?
戦いに勝つという事よりもかなり難しそうな雰囲気にも思えました。
ヤマトの乗組員達は戦いのプロではありますけど、こういう外交的な交渉事には
不慣れな部分がありそうなので一抹の不安は感じますわ。

yamato2199_24-09.jpgyamato2199_24-10.jpg

前触れもなく突然水着回になっていたので苦笑いです~。
もうこのためにヤマト2199では女性乗組員を多くしたのかと思えてしまうw
でもまぁ長旅の疲れを癒すのには丁度良いバカンスのひと時になりそうです。
今の地球の海が干からびて海水浴なんて出来ない事を思うと、このように
皆が海で思いっきり遊びたくなる気持ちも分かるような気がしますわ。
いつか地球でも綺麗な海を再生させて泳げるようになれるといいですね。
あと個人的には雪の水着も見てみたかった気もしましたよ(^ω^)

yamato2199_24-11.jpgyamato2199_24-12.jpg

スターシャは地球人にコスモリバースシステムを渡そうかどうか検討してました。
ユリーシャだけじゃなくヒス副総統までもスターシャを説得していたのが素敵!
きっとガミラス臣民を守ってくれた事に対するお礼といったところでしょうね。
もう彼が次期総統に就任してくれたらガミラスはすぐにでも再興できそうだ。

とにかくヤマトが命を守るために波動砲を使った事を伝われば良いのですけど、
スターシャにはデスラー総統との過去に誤った決定を犯したという辛い記憶が
あるために、どうしても地球人にシステムを渡す事を躊躇していましたわ。
あとスターシャが誰かに語り掛けるように呟いているシーンがありました。
今回の最大のキーポイントといったところです。

yamato2199_24-13.jpgyamato2199_24-14.jpg

何が決め手になったのかはこの時点では分かっていなかったのですけど、
スターシャがヤマトにシステムを渡そうと心を変えてくれていました。
そこでこのヤマト自体をコスモリバースシステムに改装させようとします。
星の想いを宿した物質とか星のエレメントが必要との説明もありましたので、
だからこそ地球人がイスカンダルまでやって来なくてはいけなかったみたい。
何だかファイナルファンタジーっぽい雰囲気だなぁと感じた今回のお話です(^ω^)

とにかく、スターシャに二度と辛い思いをさせないためにヤマトや地球人は
正しく波動エネルギーを使っていかなくてはいけないでしょうね。
今後のヤマトと地球人の行動次第で、スターシャは他に困っている星々にも
もっと救いの手を差し伸べてくれるようになるはずだから責任重大です!

yamato2199_24-15.jpgyamato2199_24-16.jpg

そして今回一番驚いたのは古代守がイスカンダルにやって来ていた事でしょう。
もしかするとスターシャの心を変えてくれたのは古代守の可能性が強そうです。
あと守からのラストメッセージがとても心に響くものがありました。
残念ながらこの地で力尽きて亡くなってしまったようなのですけど、弟の進や
沖田艦長達にとっては最後の言葉を聞けたので少しは良かったのかも・・・。
ただ片思いしていた新見さんが嘆き悲しんでいたのが可哀相だったかな。
とにかく守の熱い思いの込められたメッセージを聞けば、スターシャだって
地球人を信頼しようとしても不思議ではないかもしれません。

yamato2199_24-17.jpgyamato2199_24-18.jpg

コスモリバースシステムを受け取ったヤマトは地球へ帰還するために旅立ちます。
あとは地球を元通りの美しい世界に戻すだけ!あともうひと踏ん張りですね!
そういえば最後にスターシャが意味深にお腹に手を当てていたのが気になります。
もしかして守の赤ちゃんを妊娠しているのでしょうか?
でも瀕死だった守が赤ちゃんを作るような儀式を行えるとも思えないし(^ω^;)
一体どういうことなのでしょうね?単なる思い過ごしならいいのですが・・・。
とにかくハッピーエンドが見えてきそうになったところで次回に続きます。

旧作をご存知の方には古代守が死んでいた点が大きな変更点と思われたかも。
当然、私は生きていると思いながら見続けていましたので、今回の話を見て、
あれれ?って思いました。酒が飲めないアナライザーにも少し驚いたけどねw
このヤマト2199は単なるリメイク作品とかではなく、様々な部分でアレンジも
されているので旧作ファンでも最後まで気が抜けないところがあります(^ω^)

関連記事

トラックバック

宇宙戦艦ヤマト2199 第24話 「遥かなる約束の地」

宇宙戦艦ヤマト2199 6 [DVD](2013/07/26)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る ユリーシア・イスカンダルと森雪は、二人並ぶと姉妹のように 見えますね。スターシャ・イスカンダルも妹のサーシャ・イスカンダルと 間違えるくらい似ているのでしょうね。 しかし、イスカンダルに来て水着の回ですか? ちょっと平和ボケしているとデスラー総...