宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 「たった一人の戦争」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/09/09

宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 「たった一人の戦争」

yamato2199_23-01.jpgyamato2199_23-02.jpg
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

ヤマトがガミラス帝星に乗り込むお話です。

yamato2199_23-03.jpgyamato2199_23-04.jpg

今回はヤマトがデスラー砲を間一髪のところでかわしたところから始まっています。
いわばガミラス版の波動砲といった最終兵器だから直撃すれば致命傷なのは確実。
そのためにヤマトは亜光速での移動をしながらガミラス帝星へ向かっていました。
そういうわけで、いよいよガミラスとの決戦の幕が開かれようとしています!
今回はもう目まぐるしいほどの展開でとても見応えがあるお話になってましたわ。

デスラー総統がスターシャに惹かれているような雰囲気もありました。
でも彼女は抗議ばかり言ってくるから恋愛にはなかなか発展しないのかな?
双子星のトップ同士という難しい立場みたいなものもあるかもしれないねぇ。
とりあえずスターシャは波動エネルギーを兵器利用されるのは嫌みたいです。
それならヤマトも同じなので、彼女がどう思っているのかが気になるところかな。

yamato2199_23-05.jpgyamato2199_23-06.jpg

ヤマトは航空隊にギムレー艦隊の迎撃をさせている間にガミラス帝星へ到達~♪
時間制限がある波動防壁をなるべく使わないようにしている感じでしょうか?
あとヤマトが敵艦に体当たりして沈めていたのは凄いかもしれないです。
おまけに大統領府に突き刺さる感じで停船させていたし・・・(^ω^;)
それにしても、こんなに簡単に帝国の本拠地に侵入できた事を考えると、やはり
ガミラスに残されている通常戦力は少なくなっていると思っていいかもしれない。

yamato2199_23-07.jpgyamato2199_23-08.jpg

早くもデスラー総統はデウスーラII世に乗って脱出していました。
部下も臣民も見捨てて自分だけ逃げちゃうなんて薄情もいいところだ!(^ω^;)
特に総統を心から慕っていたセレステラは強いショックを受けてたかな。
でもまだ見捨てて逃げてくれるだけならマシでしたわ。
この後ではメッチャ非情な手段を取ろうとしてましたからねぇ・・・(汗)

「これが・・・これが指導者のする事か!?デスラァァーーーッ!!」
そこでデスラー総統はバレラスに第二バレラスの一部を落下させようとしてた(汗)
第二バレラスを新帝都にするために古い帝都を破壊しておくみたいですわ(´・ω・`)
そうなると帝都に残された人々は逃げ惑うというものですよねぇ。
意味不明な通過儀礼で殺されたんじゃたまったもんじゃありません。
もうヒス副総統が愚痴を言いたくなる気持ちがよ~く分かるよ。
今回はヒス副総統に注目といっても良いくらい存在感を発揮してました。

yamato2199_23-09.jpgyamato2199_23-10.jpg

古代は戦術長としての任を解かれて、雪救出のための単独行動を許可されました。
一緒に行きたがっていたスターシャの気持ちを汲んであげた艦長は素敵です。
結果的にも雪レーダーとして役に立っていたから正しい判断でした。
でも2人乗りの飛行機なのに雪を助けたらどうするんだろう?(^ω^;)

yamato2199_23-11.jpgyamato2199_23-12.jpg

玲やメルダや加藤さんも古代を援護してくれていたので良かったです。
皆も古代と雪の関係を応援してあげているような感じがします。
南部さんも雪への片思いを払しょくしていたような雰囲気があったし。
だからこの後で波動砲をぶっ放す大仕事を成功させる事ができたのかな?(^ω^)

yamato2199_23-13.jpgyamato2199_23-14.jpg

ヤマトが落下してくる第二バレラスの一部に波動砲を直撃させていました。
まさか帝国の皆もヤマトが命を助けてくれるとは思わなかったでしょうね。
あとヒス副総統がヒルデをしっかりと保護してあげていたのは良かった♪
ちゃんと臣民には避難勧告もしてあげていたし、本当は有能な人なのかも。
今回はヒス副総統をちょっと見直してしまいましたわ(^ω^)

yamato2199_23-15.jpgyamato2199_23-16.jpg

「偉大なるガミラスの未来のために尊い臣民を犠牲にする罪・・・
その罪は未来永劫私が背負っていくつもりだ。」

デスラー総統はヤマトに向けてデスラー砲を撃とうとしていました。
これも臣民を巻き添えにしてしまう攻撃なので本当に非情ですよね。
デスラー総統の表情を見ているともうかなりイっちゃてる感じがします(汗)

しかし、ノランが発射を阻止してくれていたから危機を回避出来ていました。
雪を逃がすためにあえて嘘を言って騙していたのも優しいと思います。
きっと彼は好きになった雪を助けたくて身代りになったのでしょうね(*´ω`*)

yamato2199_23-17.jpgyamato2199_23-18.jpg

最後に古代が雪を助けてあげているシーンで次回に続いていました。
目の前には美しいイスカンダルの星が見えていましたので、ようやく
ゴールが近づいてきたといった感じでしょうか。
とにかく第二バレラスが崩壊してデスラー総統の命運が尽きたようですので、
あとは安心してイスカンダルに立ち寄って地球へと帰るだけでしょうね。
デスラー総統ってやり手だと思ったけど、意外に小物だった印象でした(^ω^;)
今回はヒス副総統の方がちょっとカッコ良く見えちゃったくらいですし。

関連記事

トラックバック

宇宙戦艦ヤマト2199 第23話 「たった一人の戦争」

宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.1(2012/11/07)TVサントラ、結城アイラ 他商品詳細を見る 波動エネルギーを武器に応用したと言うデスラー総統。 それは、ヤマ