Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第07話 「勝利と逃走」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/08/26

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第07話 「勝利と逃走」

prismaillya_07-01.jpgprismaillya_07-02.jpg
(C)2013 ひろやまひろし・TYPE-MOON・角川書店/「プリズマ☆イリヤ」製作委員会

イリヤが美遊のメイド姿に大興奮するお話です(笑)

prismaillya_07-03.jpgprismaillya_07-04.jpg

イリヤは厳しい戦いを終えて疲れたのか少々熱っぽくなっていました。
ここは体を休める意味でも学校を休むのが賢明な判断でしょうね。
しかしイリヤはあまり暇を持て余すのは嫌みたいで退屈しておりましたけどね。
そういう時は今までの戦いでも振り返って反省とかしてみるのもいいのかも。
美遊の方が取得カードの枚数は上回っているので、イリヤも魔法少女として
もっと努力していく事が求められそうですし・・・。
ちなみに魔法少女らしさではイリヤの方が勝っているようです。
ルビーにとってはそっちの評価を重要視しているようですわ(苦笑)

prismaillya_07-05.jpgprismaillya_07-06.jpg

ルビーとサファイアって携帯電話になったり、TV電話になったりもするみたい!
ここまで多機能なマジカルステッキって他にはないんじゃないでしょうか?(笑)
そこでイリヤは美遊と通信してみると可愛いメイド姿の美遊が登場してました。
どうやらルヴィアに強制的にメイド服を着せられているようですね。
こればかりはルヴィアにグッジョブと言ってあげたいな(^ω^)
とりあえずイリヤはちょっと落ち着こうか(苦笑)
あんなに目が血走るくらいに興奮して誘ったら危ない人だと思われるよ(^ω^;)

prismaillya_07-07.jpgprismaillya_07-08.jpg

もう美遊がやって来るとイリヤが飛びかかって抱き付いていたから笑っちゃう(笑)
変にメイド服について詳しかったりもするし、いったいどんな小学生なんだ?(^ω^;)
それと、「お嬢様」ではなく「ご主人様」と言わせようとする辺りなんかは、
大きなお兄様の視聴者向けにサービスしてくれているのかもしれませんね。
まぁイリヤ自身がオヤジキャラ化しているせいでもあるんだけどね(苦笑)
てか、襲い掛かっちゃダメでしょ~~~~~!wwwww
・・・この子の将来がちょっと心配になってきた(^ω^;)

prismaillya_07-09.jpgprismaillya_07-10.jpg

イリヤと美遊はお互いに名前を呼び合って距離を縮めようとしていました。
これからも魔法少女として一緒に活動する事もあるわけだから良い事ですね。
美遊の様子を見る限りではあまり友達がいなさそうだから、イリヤみたいに
仲良しの友達が出来ると彼女にとっても嬉しい事だと思います。
・・・で、またイリヤが服を脱いで美遊に襲い掛かってたから困ったものだ(笑)
ご奉仕と言っても別の意味のご奉仕をさせようとしてるようにしか見えないw
とりあえず今回はイリヤが変態だったという事が分かってしまったよ(^ω^;)

prismaillya_07-11.jpgprismaillya_07-12.jpg

メイドといえばプロでもあるセラもメイド服を着てお見送りをしていました♪
どうやら美遊のメイド姿を見て正統なメイドの血が騒いだのでしょう(笑)
でもイリヤ的には少々可愛さポイントが足りないといった感じみたいだけどね。

prismaillya_07-13.jpgprismaillya_07-14.jpg

早くもイリヤ達は次のカード探しを始めていました。
こういう地道に捜し歩くというのも大切な事なのかもしれません。
ルビーのように魔法で焦土化させて探そうと考えるのは良くありません(笑)
・・・そしてイリヤに向けて突然ナイフが飛んできた!?(汗)
さすがに命の危険を感じて恐怖におびえていたかな。
あと、かすり傷でも毒が回っていたので少々ヤバそうでしたわ(汗)
これまた厳しい戦いの幕開けになりそうです・・・。

prismaillya_07-15.jpgprismaillya_07-16.jpg

攻撃してきた敵というのは・・・あれ?これはアサシンなのかな?
この作品の英霊ってstay nightをベースにしていると思っていたので、
これはちょっと予想外の敵が現れた感じでした。

prismaillya_07-17.jpgprismaillya_07-18.jpg

またイリヤが謎の覚醒をしてアサシンの軍勢を一掃していました。
まさか本当に焦土化させるとはね。これは恐ろしい力かもしれません。
下手をすると美遊達まで巻き添えにしていた危険だってあったし・・・(汗)

prismaillya_07-19.jpgprismaillya_07-20.jpg

「こんな事はもうたくさん。私は二度と一緒に戦いたくない。」
だから、最後に美遊が厳しい言葉をイリヤに投げかけていました。
もちろんイリヤはワザと暴走させたわけではないので可哀相ですが、
美遊が言っている事も正しいと思うので仕方ないでしょうね。
せっかく2人が親友同士になれたばかりなのに、この戦いによって
再び距離が開いてしまった感じです。これはちょっと心配ですね。
今回は前半と後半でガラリと雰囲気が変わっていたかな。
意外にもシリアスな魔法少女作品になりそうだなぁって思いました。

関連記事