ドラゴンナイト4 第04話 「ETERNAL」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2013/10/02

ドラゴンナイト4 第04話 「ETERNAL」(最終回)

dragonknight4_04-01.jpgdragonknight4_04-02.jpg
(C)1999 エルフ/ピンクパイナップル

エト達が元の平和な世界を取り戻すためにルシフォンを倒すお話です。
※以下の感想では一般向けに控えめな表現を用いて文章を書いておりますが、
一応、エッチなアニメ作品ですので閲覧には十分にご注意くださいませ(^ω^;)

dragonknight4_04-03.jpgdragonknight4_04-04.jpg

今回でドラゴンナイト4の最後の感想になります。
エト達はルシフォン軍の待ち伏せ攻撃によって大混乱に陥ってました。
これはルシフォンの居城に辿り着くまでに全滅しそうな危機的状況です。
負傷者や戦死者が続出しているのでここは無理にでも突き進むしかなさそう。
とにかくエトは悲しい過去を変えてハッピーエンドを迎えられるのか!?

dragonknight4_04-05.jpgdragonknight4_04-06.jpg

エト達のピンチを救ってくれたのがドラゴンに乗ったセイルでした!
ドラゴンナイトの修業を終えて急いで駆け付けてくれたみたいです。
巧みにドラゴンを扱っていたのでドラゴンナイトの血を引いてますよね。

dragonknight4_04-07.jpgdragonknight4_04-08.jpg

エトマルレーネがルシフォンに恋してる事を知ってしまいました。
しかし、マルレーネのお姉ちゃんもまたルシフォンに恋しているために、
姉妹でちょっとした三角関係に悩んでいるといったところなのかな。
ルシフォンの味方かと思えばエトを助けたりと、彼女の心の中はずっと
複雑に揺れ動いている状態なのかもしれませんね。
・・・と思ったら、もうマルレーネはエトに心が変わってた!?(^ω^;)
いきなりエトに告白しちゃったものだから分けわかんないです(苦笑)
魔族である自分とは正反対の神の血を引くエトを好きになったから
悩んでいたという事なのでしょうか?

dragonknight4_04-09.jpgdragonknight4_04-10.jpg

そんなこんなで早くもエッチなノルマ達成です(笑)
エトとマルレーネは種族の壁を越えて深く愛し合ってました♪
エトって毎回毎回違う女性と愛し合ってるから変だと思うw
これではただの女好きにしか思えないw

dragonknight4_04-11.jpgdragonknight4_04-12.jpg

エト達は人数が少なくなりながらも何とかルシフォンの城に辿り着きます。
一時はルシフォンの魔力に皆が死んでしまいそうになっていましたけど、
マルレーネが魔法を封じてくれたお蔭で助かっていましたわ。
「エトのためならば死ぬ事だって怖くありません!」
もうこれでマルレーネがルシフォンの所に戻れなくなったのは確定かな。
おまけにエトを愛していると当てつけるように公表していたくらいだもんw
きっとエトに思いを寄せている他の女性達も複雑な気持ちだったと思う(^ω^)

dragonknight4_04-13.jpgdragonknight4_04-14.jpg

「皆!これが最後の戦いだ!奴を倒せば地上に必ず平和が訪れる!」
エトの掛け声とともに皆が一斉にルシフォンの軍勢に反撃を開始していました。
ルシフォンはラスボスらしくなかなか強い相手でしたけど、それでもやはり
神の血を引く勇者カケルの前では倒される運命だったのでしょうね。
まぁある意味カケルが2人もいてたわけだから負けるのは仕方ないかな。
とにかくこれで世界に再び平和が訪れて良かったと思います♪

dragonknight4_04-15.jpgdragonknight4_04-16.jpg

「カケル。ナターシャにもっと優しくしてやれよ。」
最後にエトが元の世界に戻るために皆とお別れするシーンが描かれてました。
そして自分の正体がカケルだという事も明かしていましたわ。
これは自分の事を好きになってくれた女性達への餞別なのかもしれませんね。
女性達が顔を知らない男性と愛し合ってそのまま別れるというのは忍びないと
思っての事なんだと思います。・・・たぶんね(^ω^;)
でもこれでエトの事を好きだった女性達は少しは諦めがつくと思います。
ショタでもなければカケルを好きになる女性はいないでしょうし(笑)

エトとお別れして一番悲しんでいたのはマルレーネだったかな。
種族の壁を越えた恋を実らせたと思えば失恋するハメになるんですもんね。
彼女には素敵な男性と巡り合って幸せなってほしいと思います。

★総評★
エロシーンの必要がないくらい真面目な冒険作品として作られていたと思います。
きっとゲームを遊ばれた方にはキャラへの思い入れも含めて楽しめたでしょうね。
予備知識のない人には少々キャラへの感情移入が難しい部分がありそうだけど(苦笑)
個人的にはナターシャのエッチなシーンも見たかったかな(^ω^;)

関連記事