恋愛ラボ 第06話 「最低伝説リコ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/08/10

恋愛ラボ 第06話 「最低伝説リコ」

lovelab_06-01.jpglovelab_06-02.jpg
(C)宮原るり/芳文社・藤女生徒会

莉子にマジで元カレがいてた!?というお話です。

lovelab_06-03.jpglovelab_06-04.jpg

今回は莉子の家庭でのやり取りから始まっていました。
莉子には廉太郎君という弟がいてるのですけど、性格が生意気です(笑)
その弟がモテているから、莉子としては余計に面白くないでしょうね(^ω^)
素材が良いらしいから、ここは早く彼氏を作って見返さなくっちゃ!w
でも周囲の女の子達のハートの視線を見ると、男の子に告白されるよりも
女の子に告白される確率の方が高いかもしれませんねw

lovelab_06-05.jpglovelab_06-06.jpg

莉子が突然見知らぬ男の子から声をかけられてビックリしていました。
でも真木や沙依理に対しては彼氏がいたという証明にもなっていたから
良かったかな。その反面、恋愛の達人の撤回はできなくなったけどね(^ω^)

lovelab_06-07.jpglovelab_06-08.jpg

そして莉子が前日までとは別人のようにポジティブになってましたわ(笑)
それほど恋愛の達人と呼ばれてプレッシャーになっていたのでしょう(^ω^)
これは声をかけてくれた男の子に感謝しなくちゃいけないかな。

lovelab_06-09.jpglovelab_06-10.jpg

莉子がオシャレな洋服を着て男の子に会いに行こうとしていました。
こういうところは素直に女の子らしい事が出来てるんだねぇ~(笑)
あとの問題は性格の内面部分だけでしょうか?(^ω^)
そして探している男の子とはまた別の男の子と出会っていました。
名前は池澤君で、あだ名がヤン。莉子があだ名をつけたみたいです。
まだ本名に関連があるのなら分かるんだけど、あの変化でこのあだ名は
ありえない。ご本人も文句を言いたくなるよね~w

lovelab_06-11.jpglovelab_06-12.jpg

莉子は直接話しても男の子の事を全然思い出せなかったのですけど、
お母さんによって昔のサッカークラブの友達だった事に気づきました。
まぁ確かに女の子らしい写真の姿から今のような男の子の姿に成長してると
分かりにくいというのも納得です。ちなみに名前は凪野智史君です。
とりあえず男の子の心の傷を深めるような呼び止め方は良くないw

lovelab_06-13.jpglovelab_06-14.jpg

もう一度莉子は智史君に会いに行っていました。
付き添いの真木からすれば、いきなり見知らぬ男の子と2人きりに
させられたものだから緊張するというものですね(^ω^)
でもこれは男の子とお近づきになれるチャンスだから頑張らないと♪
こういう出会い方なんかも妄想してたはずなんだしw

そして莉子の方は何とか智史君と落ち着いてお話出来ていました。
智史君って「カッコ良い」とか「男らしい」って言われるのが好きみたい。
そこに莉子がすぐに目をつけて褒めまくるもなかなか上手いと思った。
莉子って男の子を持ち上げるのが上手いのかもしれませんね。
それなのになぜモテないんだろう?ちょっと不思議です(^ω^)

lovelab_06-15.jpglovelab_06-16.jpg

真木はヤンに勇気を出して話しかけようとしていました。
でも男の子相手にもボケっぷりは相変わらずだったから困ったものだよw
これは男の子に免疫がないとか以前の問題だと思う(苦笑)
あと、本を読んで男の子について勉強するのは良いとして、せめて
参考になるような本を選んで読んでほしいな(^ω^;)

lovelab_06-17.jpglovelab_06-18.jpg

あと恋愛相談の目安箱は少しずつ生徒たちの間で広まっている感じでした。
しかし、恋愛禁止の学校だから先生に見つかる確率も高くなってヤバそう(汗)
恋愛相談には乗ってあげたいし、かといってバレるわけにもいかないので
これは難しい状況になってきた感じです。次はどんな工夫を凝らして
恋愛相談に乗ってあげるのかがポイントになってきそうかな。

lovelab_06-19.jpglovelab_06-20.jpg

最後に南桃香と市川奈々という新聞同好会の女の子が登場していました。
その2人に生徒会が恋愛相談に乗っている事を知られちゃったのですけど、
もし学校新聞でその事を記事にでもされたらピンチに陥りそうです(汗)
この作品って生徒会のメンバー意外にも結構登場キャラが多そうですね。

関連記事