無責任艦長タイラー 第06話 「トカゲのしっぽのしっぽ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/08/14

無責任艦長タイラー 第06話 「トカゲのしっぽのしっぽ」

tylor_06-01.jpgtylor_06-02.jpg
(C)吉岡平/角川書店・タイラープロジェクト

青春万歳!人間万歳!惑星連合宇宙軍万歳!というお話です(笑)

tylor_06-03.jpgtylor_06-04.jpg

タイラーが凱旋帰還して軍上層部から勲章を頂くシーンから始まります。
しかしこの表彰式にはミフネ中将の思惑が含まれていて、その勲章には
敵をおびき寄せる信号を発信する小細工がされていた
というわけでした。
つまり駆逐艦そよかぜを囮にして味方もろとも敵を殲滅しようとしています。
当然そんな事になればそよかぜの乗組員も全員死ぬ事になるのですけど、
軍上層部は名誉の戦死として片付けようとしていたのでちょっと酷いよ。
とにかくそれほどタイラーの事を邪魔者に思っているのでしょう(苦笑)
軍上層部に密告していたヤマモト大尉はまさか自分も捨て駒にされるとは
思ってもみなかったでしょうね~(笑)

tylor_06-05.jpgtylor_06-06.jpg

そよかぜは何も作戦内容を伝えられないまま出撃命令を受けて出航です。
まぁ捨て駒の囮部隊だから作戦内容が伝えられるわけもありませんけどねw
さすがにこれにはそよかぜの乗組員達も疑問を持つというものですよね。
それも敵艦隊が待ち受けている宙域にたった1隻で行動するわけなんだし。
それなのにタイラーはカルタ遊びで暇潰しをしようとしてたのでのん気だよ。
艦長が率先して艦内の規律を乱すなんて信じられないです(^ω^;)

tylor_06-07.jpgtylor_06-08.jpg

ドナン提督が率いるラアルゴン艦隊がそよかぜを発見して一斉射撃をしました。
さすがにたった1隻のそよかぜではどうする事も出来ずにやられっぱなしかな(汗)
まさに軍上層部の思惑通りに事が運んでいましたわ・・・(^ω^;)

「艦長に代わって命令する!反撃を開始せよ!」
ヤマモト大尉が気絶したタイラー艦長に代わって指揮を執ろうとしていました!
まぁまだヤマモト大尉の方がまともな人だからこの方が良いかもしれませんね。
敵の勢力圏内にいるのにのんびり遊ぼうとしている艦長よりはマシなはずです。
よーし、これで態勢を立て直したところで反撃を開始!
・・・のつもりだったのですが、すでにそよかぜに反撃能力はなかった(爆)
白目をむいて呆然とするヤマモト大尉が面白かったですw
軍に忠誠を誓って頑張ってきたというのに、こんな形で終わるなんて不憫だねw

tylor_06-09.jpgtylor_06-10.jpg

そよかぜの乗組員達も黙ったままやられるわけにはいきません!
自分達も戦闘機などで出撃して華々しく散ろうとしていました。
こういうところだけを見てもタイラーよりも全然軍人らしいよ(^ω^)

tylor_06-11.jpgtylor_06-12.jpg

軍はそよかぜもろとも敵艦隊を宇宙の塵にするために勲章の発信装置を起動!
すると敵艦隊はそよかぜを無視して連合宇宙軍の本陣へとワープしました。
もちろんこれはタイラーが勲章を持って来ていないためなのですけどねぇ(^ω^)
とにかく軍上層部はなぜこちらに敵艦隊がやって来たのか意味不明でしょうなぁw
言ってみれば自業自得ってところですわw

tylor_06-13.jpgtylor_06-14.jpg

最大の危機を脱したそよかぜは宇宙の綺麗な光景に目を奪われていました。
挙句の果てに軍上層部がこの光景をご褒美としてみせてくれたと思う始末だしw
自分達が抹殺されそうになっていた事なんて夢にも思ってなさそうです(^ω^;)
綺麗な宇宙を眺めながらハルミにお酌してもらってくつろぐタイラーでした。

tylor_06-15.jpgtylor_06-16.jpg

当然その頃の連合宇宙軍の本隊はラアルゴン艦隊の攻撃に晒されているわけですw
ミフネ中将とフジ中将の慌てている様子を見ていると、とてもじゃないけど
ラアルゴン帝国相手に勝てそうな戦争が出来るようには見えません。
もっと他にマシな指揮官っていないものなのでしょうかねぇ?(苦笑)

とりあえず敵艦隊が巨大惑星間弾道ミサイルの櫻花を攻撃してくれたお陰で
助かっていました。当然の事ながら味方の大部隊も失う事になるわけですがねw
まぁこれで一先ず敵艦隊が退却してくれたので良かったと思うしかないかな(^ω^)
戦闘中のBGMは銀河英雄伝説みたいにクラシックが流れていたのですけど、
同じ艦隊戦を描いているにしては全然違う雰囲気だなぁって思いました(苦笑)
これも艦隊の指揮官に大きな差があるからでしょうか?w

tylor_06-17.jpgtylor_06-18.jpg

とりあえずミフネ中将とフジ中将は偶然通りかかったそよかぜに救助されてました。
自分達が囮として葬ろうとしていた船に助けられるなんて皮肉もいいところです(笑)
そりゃ切腹もしたくなるかな・・・。まぁ本隊に大損害を受けたので、責任者として
少なくとも切腹に匹敵するような重い処分などがあってもおかしくないけどね(^ω^)

最後になぜタイラーが発信装置を持っていなかったかが明らかにされていました。
どうやらポケットに大きな穴が開いていて落としちゃってたみたいです。
まぁそのお陰でそよかぜは撃沈を免れたのだから良かったと思いますわ。
タイラーって全然何もやってないのに幸運だけで生き延びてる気がする!?(^ω^;)

関連記事