魔法のステージ ファンシーララ 第15話 「その夢は終わらない」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/08/15

魔法のステージ ファンシーララ 第15話 「その夢は終わらない」

fancylala_15-01.jpgfancylala_15-02.jpg
(C)ぴえろ・バンダイビジュアル

みほが両親が離婚した時の事を考えて思い悩んでしまうお話です。

fancylala_15-03.jpgfancylala_15-04.jpg

お仕事を終えたララにある男の子がちょっかいを出してきたところから始まります。
まぁララにくっ付いているピグとモグを珍しい生き物だと思うのも仕方ないかな。
ただその男の子が羽根石さんの事を「ママ」と呼んで車に乗り込んでいましたわ。
つまり羽根石さんに息子がいてたという事になります。ちなみに名前は達平君です。
・・・という事で、今回は羽根石さんの家族関係にまつわるお話になってます。

fancylala_15-05.jpgfancylala_15-06.jpg

ララは相川さんから仕事仲間で先輩ギタリストの岸さんを紹介されていました。
でもララは岸さんの事よりも相川さんの事で頭いっぱいだったから笑っちゃうよw
あと相川さんはララに話しかけたり誘ったりしているので結構気があるのかもね!
そうじゃないとわざわざ自分の歌の収録にまで見学に誘ったりしないと思うし(^ω^)
とりあえずララと相川さんとの関係は一先ず置いておいて、今回は岸さんが
達平君のお父さんだという事に注目していかなくてはいけないでしょうね。
つまり岸さんは羽根石さんと結婚している!?という事になるわけですし・・・。

fancylala_15-07.jpgfancylala_15-08.jpg

羽根石さんと達平君は動物園などを巡ったりしてとても楽しそうに遊んでいました。
あまり遊ぶ機会が少ないみたいなので、こういう時に思いっきり楽しむのでしょうね。
最初は羽根石さんの仕事が忙しいからあまり遊んであげられていないのかなぁって
思ったのですけど、どうやら2人は別々に暮らしているみたいです。
もうこの辺になってくると、勘の鋭い方は羽根石さん達の家族関係については、
ある程度予想できた方もいらっしゃるかもしれませんね・・・。
そういうわけで、ララは羽根石さんと岸さんが離婚したという話を聞かされます。
羽根石さんが家庭よりもお仕事を優先させた事によるすれ違いが原因だとか・・・。
だから羽根石さんはたまにしか達平君とは会えないという事なのかもしれませんね。
それはともかく、羽根石さんのプライバシーに関する事をペラペラと喋る川口さんや
ヨシオさんは問題ありだと思う。どこが話せないのだろう?喋る気満々やん(苦笑)

fancylala_15-09.jpgfancylala_15-10.jpg

みほは離婚という事を身近に感じた事で自分の両親の心配をしていました。
達平君が寂しい気持ちになっているのではないかと思っていたりもしたので、
もし自分の両親が離婚なんてしたら寂しくなると思って不安なのでしょう。
いつもは自分の明るい願望を空想するみほですけど、今回は悲しい空想を
描いていたところがちょっと珍しいかもしれませんね。

fancylala_15-11.jpgfancylala_15-12.jpg

「また岸さんとやり直す事って出来ないんですか?」
「ララちゃん。今ララちゃんはね、私にとっての宝物なの。大切な宝物なの。
でもこれだけは言っておくわ。世の中は全部が上手く行くわけじゃないの。
むしろ上手くいかない事の方が多いくらい。それでも一度自分が選んだ道は
それを信じて生きていくしかないじゃない。」

ララがストレートに離婚の件を尋ねていたのは子供らしいなぁって思います。
こういう事ってやっぱ大人になってくると尋ねにくい部分だと思いますし(^ω^;)
とりあえずララは羽根石さんの話を聞いてもモヤモヤしたものが残ってる模様です。
子供心に離婚する気持ちというものを理解できないのかもしれませんね。

fancylala_15-13.jpgfancylala_15-14.jpg

羽根石さんが達平君を産んでから岸さんと別れるまでの回想シーンが描かれてました。
こうして見ると羽根石さんと岸さんはお互いの仕事を尊重し合って別れたみたいです。
一応円満に離婚した形になってるのかなぁ。それに別の人と結婚する時にはお互いに
結婚式に呼んでほしいと言っていたのでちょっと不思議な離婚だなぁって思ったよ。
これはさすがに私にもちょっと理解しにくいかも・・・(苦笑)

fancylala_15-15.jpgfancylala_15-16.jpg

しかし達平君の話によると、羽根石さんと岸さんの夫婦生活はギクシャクしてて
いつもケンカばかりしていたという事が明らかになっていました・・・(汗)
あの優しそうな2人を見ているとちょっと信じられないような話ですけどね。
でもそういう事があれば離婚するのも納得できる部分もあるのも確かです。
普通はそんな事があって離婚するなら子供の達平君は落ち込んじゃうはずですが、
彼は両親が別れた事で仲良くなっているのを見てむしろ嬉しく感じてるみたい。
だから今の達平君は両親が別れても元気に楽しそうにしているのでしょうね。
これは家庭円満な家で育ったみほには理解するのは難しいところかもしれません。

fancylala_15-17.jpgfancylala_15-18.jpg

みほはお姉ちゃんにもし両親が別れたらどうするのか尋ねていました。
そこでお姉ちゃんが両親から養育費を貰って悠々自適な一人暮らしを満喫すると
答えていたのでちょっと笑ったかな。ちゃっかりしているなぁって思いますw
言い方を変えると、お姉ちゃんは現実的な物の見方が出来ているとも言えそうかな。
だからお姉ちゃんの言うとおりに、もし両親が離婚する時には子供達の幸せの事を
一番に考えて離婚してくれるでしょうね。もちろん離婚しない事を祈りますがね。
とりあえずみほはお姉ちゃんの言葉に少しは気持ちが楽になったと思います。

fancylala_15-19.jpgfancylala_15-20.jpg

最後に岸さんが別の女性と再婚する事を羽根石さんに伝えていました。
これでお互いに一つの区切りがついた感じかもしれませんね。
これからは夫婦ではなく、親しい友達同士として接する事になるのでしょう。
もちろん達平君との親子の繋がりはずっと続いていく事になりますけどね。
達平君のためにもお互いにそれぞれの幸せな生き方を見つけて欲しいと思います。

今回は京都アニメーションが作画から仕上げまで制作協力しているだけあって、
シリアスな家族関係の描写などが上手く表現されていたように思います。
達平君が活き活きと動き回ったり、ピグとモグと戯れていた描写なんかも含めて、
AIRやCLANNADでよく描かれていた形の原型を見たような感じもしました。

関連記事