魔法のステージ ファンシーララ 第03話 「どきどきテレビ出演!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/06/18

魔法のステージ ファンシーララ 第03話 「どきどきテレビ出演!」

fancylala_03-01.jpgfancylala_03-02.jpg
(C)ぴえろ・バンダイビジュアル

芸能界は楽しんだ人が勝ちというお話です。

fancylala_03-03.jpgfancylala_03-04.jpg

みほのクラスは美術の授業の一環として近くの公園で写生会をする事になりました。
その道中にみほは親友のあきると将来の夢について話したりしていたのですけど、
みほはお絵描きが好きだから漫画家さん、あきるは女優を目指したいみたいです。
まだ2人とも小学生だからこのように大きな夢を持つ方が良いですよね。
ただビックリなのは、あきるが女優としてヌードになる必要があれば、脚本次第で
脱ぐと言っていたの凄い!本格派女優を目指しているだけの事はありますわ(笑)

fancylala_03-05.jpgfancylala_03-06.jpg

そして太郎君は何かとみほにちょっかいを出してきて困った男の子です。
あんなイジワルな事をやっていたらみほに嫌われるというのにね~(^ω^;)
ただ羽根石さんから電話がかかってきた時に、みほは思わず太郎君の前で
「ララ」と言ってしまったのですけど、太郎君がみほには誰にも知られたくない
秘密があるんだと気遣ってくれていたのは良かった。ホントは良い男の子かも。
よくある好きな女の子だから逆にイジワルしたいというやつなのかもねぇ(^ω^)

fancylala_03-07.jpgfancylala_03-08.jpg

家に帰ったみほは再びモデルの仕事に行くためにララに変身しようとしてました。
これはもうララに変身したくてモデルをやろうとしているような感じですわ。
とりあえずピグとモグも積極的に魔法を使うように言ってたのが面白い。
こういうところも今までのシリーズのマスコットと少し違ってたかも。
まぁララのギャラでいっぱいお菓子が食べられるからというのもあるみたいだけどw

fancylala_03-09.jpgfancylala_03-10.jpg

家の中で変身しちゃったものだからお父さんと遭遇した時は焦ってましたわ(笑)
お父さんからすれば見知らぬ女の子がいてるわけだから戸惑うのも無理はない。
ここはララがお姉ちゃんの友達だと言って何とか難を逃れてたけどね~(笑)
お姉ちゃんがいなくて良かったよ。もしお姉ちゃんがいてたらヤバかったと思う。
普通なら泥棒だと思われてもしかたないところだもん(^ω^)
ある意味、おっとりしたお父さんの性格に助けられたところもあるかな。

fancylala_03-11.jpgfancylala_03-12.jpg

「あなたは天性の感を持っているわ。私もモデルだったから分かるの。」
ララがリリカルプロにやって来ると羽根石さん達が大歓迎してくれてました。
羽根石さんも元モデルだったらしくて、ララの素質を一発で見抜いたみたい。
ララに変身すると、カメラ慣れとか着こなしなんかも自然と身に付くようです。
とにかくララがこうしてモデルになってくれるとなればリリカルプロも安泰かな。

fancylala_03-13.jpgfancylala_03-14.jpg

「失礼します。初めまして。リリカルプロ所属のララです。」
さっそくララは羽根石さんにオーディションを受けさせられていました。
これで本格的にモデルの道へ踏み出した事になります。
自分が載っている雑誌の写真を見てちょっと顔が赤くなってたかな。
脇にスプレーをかけているのを見られるのって恥ずかしいですもんねぇ(苦笑)
でもその恥ずかしさに耐えてこそ本物のモデルになれるのかもしれません。
とりあえず一発で合格を決めていたので、ララはかなり見映えがするみたい。

fancylala_03-15.jpgfancylala_03-16.jpg

あきるから夢野美樹という女性タレントが人気があると教えられていました。
でも今のみほは自分が憧れの相川さんとデートしてる妄想で大忙しだったw
それに妄想から現実に戻ってきた時に太郎君に怒るのはよくないと思うなぁ。
これは太郎君は何も悪くないし、とんだ言いがかりにしか思えないもんw
とりあえずみほと太郎君って相性が全然良くないのは確かかもしれない(苦笑)
ちなみに夢野美樹が太郎君のいとこという事が明かされていました。

fancylala_03-17.jpgfancylala_03-18.jpg

ララはクラスメイトの野崎あんなに言われた事が頭に残って少し悩んでいました。
やっぱり芸能界というのは人気商売でもあるから、もし自分に全然人気が出ない時に
消えたりするのを心配してるのでしょう。彼女には漫画家になる夢もあるのですが、
その他にもアイドル歌手になって注目されたいという願望もある
わけですからね。

fancylala_03-19.jpgfancylala_03-20.jpg

「芸能界は楽しんだ人が勝ち。売れても楽しめなかった人は負け。
それがルールだよ。」

「そっかぁ。楽しんだ人が勝ちかぁ♪」
小宮山さんが緊張しているララに良いアドバイスを送ってあげていました。
とりあえず小宮山さんはララにとっては良き相談相手といった感じですわ。
こういう人がいてくれると、未知の芸能界でも緊張せずにやっていけそうね。

fancylala_03-21.jpgfancylala_03-22.jpg

ララは「底抜け脱線ゲームDEポン」という番組で相撲対決をする事になりました。
少しでも時間をかけながら負けるとその分だけ商品のCM時間が得られるみたいです。
ただ相手の人がプロレスラーみたいに大柄な女性だから難しいと思ったけどね。

「こうなったらとことんやってやる!食べずに後悔するより、食べて後悔だ」
でも実際にゲームが始まると、ララがまさかの善戦をして最高点を獲得してました♪
どうでもいいけど、相撲対決というよりもプロレス対決にしか見えなかったよ(苦笑)

fancylala_03-23.jpgfancylala_03-24.jpg

「藤が丘小の吉田太郎君。女の子には優しくしなきゃダメよ♪」
さて一番長いCM時間を貰ったララは商品をPRするのですけど、余った時間を
吉田太郎に向けて苦言を呈していたのには笑ってしまいましたわ。
さすがに太郎君は何がなんだか分からずにキョトンとするしかないかw
でも公共の電波を私用に使うのは良くないと思うんだけどねぇ(苦笑)

fancylala_03-25.jpgfancylala_03-26.jpg

「私、ララの事が好きになってきたの♪」
みほは今回のテレビ出演を楽しめた事でモデルを続ける気持ちになったようです。
これでララに変身する機会も増えるでしょうし、さらに夢が膨らむでしょうね。
ピグとモグはギャラでお菓子がもっと食べられるようになるので嬉しそうかな(^ω^)

今回は小宮山さんが魔法のような言葉でみほを勇気付けてあげていたのが良かった。
私は美容院に行った時には女性の美容師の人にしか髪を整えてもらった事がないので、
このアニメを見ると小宮山さんみたいな男の美容師さんにやってもらいたいような
気持ちになります(^ω^)

関連記事