RDG レッドデータガール 第06話 「はじめてのお泊り」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/05/09

RDG レッドデータガール 第06話 「はじめてのお泊り」

rdg_06-01.jpgrdg_06-02.jpg
(C)2013 荻原規子・角川書店/「RDG」製作委員会

泉水子が真響の家にお泊りするお話です。

rdg_06-03.jpgrdg_06-04.jpg

泉水子が深行や宗田姉弟と一緒に新幹線に乗り込むシーンから始まってました。
生徒会執行部の合宿のついでに長野にある真響の家に立ち寄るのが目的です。
泉水子が深行との関係を強く否定していて面白かったです。前回のラストでは
結構良い雰囲気で終わっていたのだから、そこまで否定しなくてもいいのにねぇ(苦笑)
あと真夏が深行の事を「シンコウ」って呼んでいたのが何とも言えないです(^ω^;)

rdg_06-05.jpgrdg_06-06.jpg

長野に着くと泉水子と真響が見知らぬ男の人にナンパされていましたわ。
2人ともとても可愛いから声をかけられやすいのかもしれませんね。
そこで深行と真夏がさりげなく守ってあげようとしていたのは良かったです♪
こういう時はたとえ彼氏じゃなくても男性がそばにいてくれると安心かな。

rdg_06-07.jpgrdg_06-08.jpg

真響の家ではホームパーティーを開いて歓迎してくれていました。
真響も真夏も結婚相手とか好きな人がいるのかを突っ込まれて大変そう(笑)
・・・これって私も親戚の家に行った時にはよく聞かれるのよねぇ(^ω^;)
とりあえず真響の家は忍者の家系という事が少し明らかにされていました。
戸隠という地名なんかも忍者の里っぽい感じがしますよね~。
あと真響のお母さんが三つ子とは言わずに双子と言っていたのが気になる点かな。
真澄は6歳の頃に心不全で突然死したみたいだけど何か引っ掛かるのよねぇ・・・。

rdg_06-09.jpgrdg_06-10.jpg

泉水子はリキュール入りのフルーツを食べたみたいで酔っ払っていました(笑)
この子ってお酒が入った方が明るい感じになって良いかもしれない?(^ω^;)
そのままバタンキュ~してお泊りするとは思わなかったよ・・・。
それに夜中に目覚めた時もまだお酒が残っているみたいだったし・・・(苦笑)
酔っ払って男の子の部屋に夜這いをしていた時は唖然としちゃった(^ω^;)

rdg_06-11.jpgrdg_06-12.jpg

泉水子は庭先に真澄の姿を見かけると、飛んでそばに駆け寄ってました。
本当に飛んでいたので、いったいこの子は何者なんだ?って思ったよ(苦笑)
お酒が入ると心だけじゃなく、体まで飛んじゃうのでしょうかねぇ?
そして泉水子は真澄からナンパされておりました。
もう泉水子の様子が普段とはまるで別人だから笑ってしまうよ(^ω^;)
この子は大人になっても絶対にお酒は飲まない方がいいと思いましたわ。

rdg_06-13.jpgrdg_06-14.jpg

泉子達は生徒会執行部と合流して合宿場所に向かう事になります。
そこで真響と先輩との間で険悪な雰囲気になっていたので心配でした。
真響が高柳と対抗するために生徒会を味方にしようとしていたのかな?
中立の立場の生徒会としては予め彼女に釘を刺しておいたみたいだけどね。
ただ真響は生徒会が中立の立場だと分かっただけでも良かったみたいです。
何だか学校の中で勢力争いがあるみたいです・・・と思っておこうかな(^ω^;)

rdg_06-15.jpgrdg_06-16.jpg

その後、真響が泉水子を誘って2人きりでお話するシーンがありました。
日本史研究会に所属している事とか、SMFというファンクラブの存在など、
真響は裏で色々と動こうとしているようなので気になってきますわ。
真響と高柳との戦いはまだ始まったばかりなのかもしれませんね。

rdg_06-17.jpgrdg_06-18.jpg

「私、泉水子ちゃんが味方に欲しいの。」
真響は高柳との決戦を前に深行との力を確かめようとしていました。
パートナー枠というのは高柳と対抗出来る候補者みたいなものらしいので、
どちらが高柳と戦えるのかをここではっきりさせておきたいのかもね。
何だかよく分からないけど、学校内で真響派と高柳派とが2大派閥を作って
学園祭を契機に決着をつけようとしてるという事でいいのかな?(^ω^;)
とりあえず真響がファンクラブも出来るくらいに人気がある事は分かりましたw

関連記事