宇宙戦艦ヤマト2199 第01話 「イスカンダルの使者」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/04/08

宇宙戦艦ヤマト2199 第01話 「イスカンダルの使者」

yamato2199_01-01yamato2199_01-02
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

アニメ界に伝説を築いた不朽の超大作が装いを新たにして帰ってきた!(>ω<)

yamato2199_01-03yamato2199_01-04

春アニメの話題作といっても良いくらいの超ビッグタイトルの登場ですね♪
当然日頃からアニヲタ女を自称してる私ですから、旧作は一通り見てます!(^ω^)b
でもまぁ私はミリヲタなところもあるので、「ヤマト」と言えば、この作品よりも
沖縄に旅立つ戦艦「大和」の方がとっても詳しかったりするんだけどね~(苦笑)
↑ご存じなければストライクウィッチーズ2に登場していた戦艦を想像してねw
ちなみに放送開始日の4月7日は戦艦大和が沈んだ日でもあるんですよ。
そういう日に宇宙戦艦ヤマト2199として復活するのは運命的なものを感じます。
おそらく初めてこの宇宙戦艦ヤマトをご覧になっている方も多いと思いますので、
一応感想はネタバレなしで初めて視聴してるような感じで書きたいと思います。


国連宇宙軍第一艦隊が冥王星宙域でメ号作戦を開始するところから始まります。
その作戦を指揮するのは連合宇宙艦隊司令長官でもある沖田十三提督でした。
フサフサした真っ白いお髭が老練な指揮官といった印象を与えていますね。
彼が座乗する宇宙戦艦キリシマが第一艦隊の旗艦となっているみたいです。

yamato2199_01-05yamato2199_01-06

「馬鹿めと言ってやれ。バカめだ!」
沖田長官が敵からの降伏勧告を拒否した事で戦端の火蓋が開かれていました(笑)
あんな返事をしちゃったら、どうぞ撃って下さいと言わんばかりだよ~w
まだ余裕があってあんな返事をするのなら分かる気もするんだけど、この後の
戦況を見ていると火に油を注いだようにしか思えなかったです(苦笑)
とりあえず地球の艦隊がどこの艦隊と戦っているのかはこの時点では不明です。

yamato2199_01-07yamato2199_01-08

古代進島大介が火星に行って綺麗な女性と出会うシーンがありました。
でもその女性はすでに絶命しているようで、ちょっと残念ですわ・・・。
でも彼女が手にしていたカプセルがとても重要な物みたいだったので、
古代達にとってはまずそれを手に入れられたのが良かったところかな。
・・・ということは、沖田長官達の第一艦隊は古代と島がこのカプセルを
手に入れるための囮になってあげていた
という事にもなりますよね!?
味方の艦隊を犠牲にしてまで手に入れたカプセルだから、それがいったい
どんな重要な物なのかが気になるところでもありました。

yamato2199_01-09yamato2199_01-10

「お元気で。地球の事を頼みます。」
宇宙駆逐艦ユキカゼの艦長の古代守が旗艦キリシマを逃がすために特攻を決意!
もう艦長以下の兵士達が皆で歌を歌いながら突撃していく姿は涙が出てくるよ。
それくらいに敵は強くて、命を捨てる覚悟じゃないと守れない相手なのでしょう!
この彼らの姿はオリジナル戦艦大和の精神に近いものがあるような気もします。
とりあえず、あの歌は宇宙戦艦ヤマト版の「海ゆかば」みたいなものなのかな?

yamato2199_01-11yamato2199_01-12

「見ておれ、悪魔どもめ。ワシは命ある限り戦うぞ。決して絶望しない。
最後の一人になってもワシは絶望しない。」

今回の冥王星沖会戦によって地球艦隊はほぼ壊滅状態の大敗北を喫してしまいました。
それでもカプセル回収というメ号作戦の主要目的そのものは成功したみたいですので、
戦術的には負けましたけど、戦略的には勝利したと思っても良いのかもしれません。

それにしては大きな代償を払う作戦だったなぁというのが印象なのですがね・・・。
普通は司令長官でもあんな大敗北を喫したら更迭されちゃうと思うんだけどねぇ(苦笑)
まぁそれでも必要とされるくらいに思われているからとても重要な長官なのでしょう。
これからの彼の戦いぶりにも注目していきたいですわ。

とにかくここで敵がガミラスと呼ばれる異星人という事が明らかになっていました。
あの大規模な艦隊による攻撃だけじゃなく、遊星爆弾とかいう隕石落としみたいな
攻撃までしてくる相手だから、かなりの強敵だという事が伺えました。

yamato2199_01-13yamato2199_01-14

森雪さんのご登場♪地球の危機的状況について詳しく説明してくれていました。
とりあえず古代との初対面は少々悪い印象を持った感じでしょうかねぇ(^ω^)

yamato2199_01-15yamato2199_01-16

「提督にお聞きしたい事があります。メ号作戦が陽動だったというのは本当ですか?」
古代は囮として知らされずに兄が死んだのかどうかを直接沖田に尋ねていました。
彼みたいな下士官が提督ほどの人物に問いただすのは普通は出来ないものだけど、
これも彼の物怖じしない性格の一端を表しているのかもしれませんね。
「古代守は男だった。立派な男だった。だがその彼を
死に追いやってしまったのは、この私だ。すまん・・・。」

あと、沖田長官が素直に古代に謝っていたところを見ても良い人物のように伺えます。
古代は、兄が沖田長官のような実直な人の作戦指揮の元で死んだと分かったので、
怒りを鎮められたのかもしれません。当然、兄の死の悲しみは残るでしょうけど・・・。
あと、そばにいた看護師のアホ毛が目立つのが気になった(笑)

yamato2199_01-17yamato2199_01-18

他にも真田志郎とか加藤三郎とか佐渡酒造とかも登場してくれていました。
この1話である程度有名どころのメインキャラは登場していたと思います。
とにかく「ヤマト計画」というものがどういった計画なのかが気になるところです。
あの回収したカプセルに関係しているのには間違いなさそうなんですけどねぇ。

yamato2199_01-19yamato2199_01-20

最後に古代と島が古い廃棄戦艦を見つけるシーンで次回に続いていました。
ガミラスの偵察機がわざわざこの廃棄戦艦を偵察していた事からも、何か
重要な機密が隠されている事を示しているのかもしれませんね!?
・・・その後のED映像でネタバレしてるような気もしないでもないけど(苦笑)
ちなみにこの曲はProject Yamato 2199による「宇宙戦艦ヤマト」です。
超有名な曲ですので、ヤマトを見た事がない人でも曲は聴いた事はあるでしょうね。
それにしても凄い数のメンバーで歌っているなぁって思いました(^ω^;)

第1話を見た印象としては、リメイクのお手本と言っても良いくらい満足しました。
旧作のイメージを壊す事なく、上手くCGを取り入れながら描かれていたと思います。
もしこのリメイクが駄作レベルだったら、旧作で感想を書くつもりだったのですがw、
この完成度を見せ付けられたら、このまま感想を書き続けても大丈夫そうですわ♪
久しぶりに楽しい日曜日夕方のひと時を過ごす事が出来そうです♪(^ω^)

関連記事