AKB0048 next stage 第26話 「NO NAME・・・」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2013/04/03

AKB0048 next stage 第26話 「NO NAME・・・」(最終回)

akb0048_26-01akb0048_26-02
(C)サテライト/AKB0048製作委員会

いつか必ず、会いにいくよ。

akb0048_26-03akb0048_26-04

「よっしゃ!行くぞー!冷静!丁寧!正確に!」
「みんなニコニコ!幸せになりますよーに!」
凪沙達が定番の円陣を組んで気合を入れるシーンから始まっていました。
自分達がアキバスターを占領する悪者に思われて落ち込んでいましたけど、
それでも前向きに頑張ろうとする姿は彼女達の成長ぶりを伺わせてくれます!
色んなファンの人達と交流してきたからこそ明るい未来を信じられるのでしょう。
もうここまで来たら自分達の進む道を信じてやり遂げるだけですよね!
凪沙達がどんな花道を飾って最終回を締めてくれるのか楽しみでした。

akb0048_26-05akb0048_26-06

凪沙達研究生によるゲリラライブが始まっていました。
もちろんアキバスターの観客達からは大ブーイングの嵐なんですけどね。
しかし凪沙達の真剣な姿が彼らの怒りの感情を少しずつ変えさせていたかな。
キララの輝きも増して、皆が襲名レベルに近づいていた事を示していました。
ここまで彼女達の実力がついてきたのもファンの人達のために歌う気持ちが
あるからなのでしょうね!もう最終回に相応しい雰囲気になってきてました!

akb0048_26-07akb0048_26-08

「私はあっちゃんを抜きたくて、あっちゃんよりも輝くセンターノヴァに・・・
だけど本当は憧れの前田敦子の隣で歌いたかっただけ・・・」

「前田敦子ならいるよ。」
大島優子さんが前田敦子さんと話してたのですけど、集合無意識ってどういう意味?
前田敦子さんってもう戻ってこれないのかなぁ?って思ってしまったよ・・・。
とりあえず大島優子さんと前田敦子さんのキマシ描写に満足しておこうかな♪(^ω^)

akb0048_26-09akb0048_26-10

「私達の事は嫌いでも・・・歌や芸能の事は嫌いにならないでくださぁーーーい!」
次の前田敦子を襲名する女の子が人々に向かって必死に訴えかけていました!
もちろんその次期前田敦子となるべき女の子というのは凪沙しかいませんよね!
この初代前田敦子さんの名言をここで使う演出は素晴らしいと思ったよ!w
思わず拍手してしまいました!(^ω^)

akb0048_26-11akb0048_26-12

ようやく凪沙が真の主役としてスポットライトに当たる日がやって来た!
襲名熱による辛さも跳ね飛ばすかのように一生懸命歌ってましたわ!
こういう強い気持ちがあるから前田敦子さんを襲名出来るのでしょう!

akb0048_26-13akb0048_26-14

大島優子さんが次元の狭間から復活してライブに加わっていました!
いつまでも研究生だけに頑張らせておくと先輩の面子が立ちませんものね!(^ω^)

akb0048_26-15akb0048_26-16

凪沙達の想いがようやくアキバスターの人達の心に通じる事が出来ました!
皆が凪沙の事を「あっちゃん」と呼んでくれていたので、これで晴れて
14代目前田敦子を襲名した事になりそうですね!よく頑張ったよ!
ファンの皆が認めてくれた事によって襲名するという形も良いと思う!
美森が8代目篠田麻里子を襲名した時とはまた違った感動がありました。

akb0048_26-17akb0048_26-18

DES軍もこのまま黙ったままではいてません。総攻撃をかけてきていました!(汗)
「これからは戦うよりも歌を聴いてね。」
それでも智恵理が敵に情けをかけてあげてたのでとても優しいなぁって思ったよ。
これなら本当に歌で戦いを止めさせられる事が出来るのかもしれないです。

akb0048_26-19akb0048_26-20

友歌と護のシーンなんかは心が熱くなるくらいとても印象に残りました!
やっぱAKB0048のアイドルだから恋愛禁止の掟を守らなくてはいけないのかぁ・・・。
涙声で歌う友歌を見てると涙を流しそうなくらいにウルウルしてきましたよ!(>ω<)
自分の恋よりもファンのためのアイドルの道を選んだ彼女に拍手を送りたいです!

akb0048_26-21akb0048_26-22

智恵理が本当に歌でDES軍兵士の戦意を喪失させていたので凄かったです!
おまけにセンターノヴァにまでなっちゃったからさらにビックリだよ!
でもこの話の流れだったら普通は凪沙がセンターノヴァになるもんじゃないの!?w
まさか新・前田敦子を差し置いて智恵理がセンターノヴァになるとは思わなかった(^ω^;)

akb0048_26-23akb0048_26-24

「行くね。凪沙。今度こそ心のドアを開いてみせる!」
最後の美味しいところはやっぱり智恵理が持っていくみたいです。
せっかく凪沙が主役になれたと思ったのになぁ・・・(苦笑)
とにかく智恵理が突入してDES軍をデカルチャーさせてた?(^ω^;)

akb0048_26-25akb0048_26-26

凪沙が14代目前田敦子を襲名して智恵理を追い抜いたかと思えば、すぐに智恵理が
センターノヴァになって抜き返す・・・。これぞ、まさしくライバル同士の関係ですね!
きっとこれからもこの2人はお互いに競い合いながら成長し続けていくのでしょう!
もちろん他のメンバー達も自分達の夢に向かって突き進んで欲しいなぁって思います。
いつか全員がAKB0048の襲名メンバーとして歌っている姿をぜひ見てみたいな♪

★総評★
1期と同様にこの2期も毎回楽しませていただきました♪
凪沙達が前向きに頑張っている姿を見て、私も元気をもらえた気がしました(^ω^)
アイドル系アニメとしては独特な設定でしたけど、予想以上に面白かったと思います。
アニメファンにもAKBファンの方にも楽しめるように作られていたのは良かったです。

私的には将来AKBのアイドルを目指す女の子達にぜひ見て欲しい作品だと思いました。
アイドルとして必要な心構えなどがとても丁寧に描かれていたと思いますのでね!
できれば、握手会や総選挙の話だけじゃなく、もっと恋愛禁止の事などについても
描いて欲しかったような気もするかな。そうすればAKBを目指す女の子達にとっても
良い勉強になると思し、左遷されるようなスキャンダルも減らせると思うもん(^ω^;)

関連記事