ローゼンメイデン トロイメント 第12話 「少女」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2013/06/19

ローゼンメイデン トロイメント 第12話 「少女」(最終回)

rozenmaiden2_12-01rozenmaiden2_12-02
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会

ローゼンメイデン達の宿命ともいえるアリスゲームの結末!

rozenmaiden2_12-03rozenmaiden2_12-04

「彼女達は戦う事なんて望んでいなかった。姉妹として、ドールとして
憎しみ合いたくなかった。傷つけ合いたくなかった。なのにどうして?」

「それは私達がローゼンメイデンだからでしょう!」
アリスゲームが始まって翠星石と金糸雀までが倒されてしまいました。
さすがに戦う事をためらっていた真紅でも怒りの炎が点いたかな。
一気に水銀燈に反撃を開始して、とっ捕まえる事に成功してました。
ついに1期から続いてきたローゼンメイデンのお話も大詰めですね!
どんな戦いの結末が描かれるのか楽しみながら視聴してました。

rozenmaiden2_12-05rozenmaiden2_12-06

薔薇水晶は仲間であったはずの水銀燈を背後から攻撃して倒していました(汗)
これはメッチャ卑怯というか、あまりにも非情な感じもしましたよ。
まるで氷のように冷たい心を持ったような人形だわ・・・(´・ω・`)
でもアリスゲームではこういう裏切りなんかもルールの範囲内だから仕方ないか。

rozenmaiden2_12-07rozenmaiden2_12-08

あと水銀燈が病弱なめぐのために力を使う事を自重した様子が見られましたけど、
最後に呟いためぐへの謝罪の言葉からも伺えるように、あくまでめぐの病気を
治すためだけにこのアリスゲームに参戦していた
のでしょうね。
以前の時とは同じアリスゲームでも参戦する理由に大きな違いが感じられました。

rozenmaiden2_12-09rozenmaiden2_12-10

真紅は水銀燈のローザミスティカを手に入れた事によって、水銀燈が
アリスゲームに再び参戦するようになるまでの経緯を知る事になります。
まぁ言ってみれば薔薇水晶が嘘を吹聴していたわけなんですけどねぇ・・・。
いまさらながら裏から手を回して人を貶めるなんてヒドイよねぇ(´・ω・`)

あと水銀燈が保持していた翠星石のローザミスティカは薔薇水晶に渡ってました。
これは薔薇水晶が蒼星石のローザミスティカを持っているから引かれたみたい。

rozenmaiden2_12-11rozenmaiden2_12-12

とにかく残りのローザミスティカを集めるのは真紅薔薇水晶に絞られました。
もう真紅と薔薇水晶の戦いはなかなか見応えがあったように思います。
お互いに手にしたローザミスティカの力で他の人形達の必殺技を駆使してた!
でも結局のところは真紅が薔薇水晶を押さえつけていたんですけどね。
もうこの時の真紅は仲間の仇を取ろうとして薔薇水晶を倒す気満々だったかな。
このシーンはまさに真紅が最強のローゼンメイデンだと印象付けてました。

rozenmaiden2_12-13rozenmaiden2_12-14

「あなたはやはり弱い。」
ただ薔薇水晶もこのまま黙ってはいませんでした。
真紅の隙を突いてローザミスティカを奪い取っていました。
さすが手段を選ばないだけあって卑怯な手を使いますよね。
短時間で決着がついていたので、何かどんでん返しがあるだろうなぁって
思ってはいましたけど、まさか真紅が深い眠りにつくとは思わなかった(汗)

rozenmaiden2_12-15rozenmaiden2_12-16

「薔薇水晶。君は僕の人形だ。僕の作った最高傑作だ。」
ここでローゼンと思われていた槐さんが別人だった事が明らかになってました。
でもローゼンの弟子というのだから全くの無関係というわけじゃなさそうね。
それに薔薇水晶だけはこの槐さんが作っていたのは間違いないようですし・・・。
どうやら槐さんは師匠を超える人形を作りたかっただけみたいです。
だからこのアリスゲームで薔薇水晶が勝利して喜んでいましたわ。
そうなると騙されてアリスゲームに参加していた真紅達は可哀相だなぁ。
特に蒼星石はあんなにもお父様と信じ込んで参戦したのですからねぇ・・・。

rozenmaiden2_12-17rozenmaiden2_12-18

「お父様・・・お父様・・・お父様・・・お父様・・・お、とう・・・さま・・・」
薔薇水晶と槐さんにとっては勝利の喜びはほんの束の間でした。
突然、薔薇水晶の体にひびが入りだして共に消滅していきました。
きっとローザミスティカの力に体が耐えられなかったのでしょうね。
ローザミスティカを持たない事が敗因だったと言えると思います。
その点では槐さんはローゼンを越えられなかったのではないかな。

rozenmaiden2_12-19rozenmaiden2_12-20

ジュンの思いが通じたのか?それとも本物のローゼンが戻してくれたのか?
不思議な事に真紅がまた元の状態に復活する事が出来ていました!
それに深い眠りについている間にローゼンと話をしていたみたいです。
擬似的なアリスゲームだったとはいえ、これも優勝のご褒美かもしれません。
あと真紅やジュンにとっては、アリスゲームだけがアリスになる方法じゃない事や
蒼星石や雛苺を救い出せる方法が残っている事が分かった
だけでも救いですね!
もちろんそれらの方法についてはこれから探す事になるのでしょうけど。

rozenmaiden2_12-21rozenmaiden2_12-22

薔薇水晶に敗れた者はアリスゲームに負けたわけではないので復活出来てました。
金糸雀も水銀燈も大好きなご主人様の元に戻れたのでとても嬉しいところかな。
もちろんめぐやみつも人形が戻ってくれたので喜んでしましたけどね。
金糸雀とみつの方は変わらない生活を送ると思いますが、水銀燈とめぐの方は
これからどんなお付き合いをしていくのかちょっと気になるよ。

rozenmaiden2_12-23rozenmaiden2_12-24

蒼星石と雛苺は本来のアリスゲームに負けた形ですので深い眠りについたままです。
でも翠星石としてはこうして家にいてくれるだけでも一安心といった感じかな。
おそらく真紅と一緒に2人を復活させる方法を探していく事になるのでしょうね。
あと、ラプラスの魔は薔薇水晶のそっくりさんと一緒に楽しく過ごしてるみたい。
槐の目的は分かったけど、このウサギの目的って結局よく分かんなかったなぁ・・・。
槐のために擬似的なアリスゲームの舞台を用意してあげただけなのかな?

※追記修正
このシーンで登場する薔薇水晶はどうやら別人(本物の第7ドール)みたいです。
眼帯の位置などが異なっていると教えてもらって私は初めて気づきました(汗)
丁寧に教えてくださった方、ありがとうございます!m(_ _)m


rozenmaiden2_12-25rozenmaiden2_12-26

「行きましょう。くんくん探偵が始まってしまうわ。」
「うん。」
最後に真紅はジュンにだっこされながら桜田家へ戻って行きました。
まずは雛苺と蒼星石を深い眠りから救い出す方法を見つけてあげないとね。
それまでは少々物静かな雰囲気の桜田家になっちゃうかもしれませんけど、
2人が復活した暁にはまた以前のように賑やかに過ごして欲しいと思います♪(^ω^)

★総評★
この2期でもジュンと人形達の楽しいやり取りがとても楽しかったです♪
金糸雀という新しい人形なんかも加わったりして面白さが増していました。
それなりにシリアスな展開も盛り込まれたりしてましたので、この辺は
1期の雰囲気をそのままに引き継いで描かれていて良かったと思います。
ただ上でも書きましたように、雛苺と蒼星石が深い眠りについたままなので、
完全なハッピーエンドになっていないという点が少々気になるところかな。
その点に関しては新作の続編の方で描かれる事をぜひ期待したいと思います。

関連記事