ローゼンメイデン トロイメント 第10話 「巴」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/06/11

ローゼンメイデン トロイメント 第10話 「巴」

rozenmaiden2_10-01rozenmaiden2_10-02
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会

雛苺の力が尽きて深い眠りについてしまうお話です。

rozenmaiden2_10-03rozenmaiden2_10-04

蒼星石が水銀燈によって倒されて、ローザミスティカを奪われてしまいました(汗)
以前から話に出ていたローザミスティカですが、姿を見せるのはこれが初めてです。
綺麗に輝いている宝石のような物と表現した方が分かりやすいでしょうかねぇ。
とにかく蒼星石が眠るように動かなくなったので少々心配な始まり方でした。

rozenmaiden2_10-05rozenmaiden2_10-06

当然の事ながら翠星石は蒼星石が動かなくなったのでとても悲しんでおりましたわ。
いつも強気で振舞おうとする彼女ですけど、さすがに妹がこうなるとショックかな。
アリスゲームをするとこうなる事が分かっていただけに余計に辛いものがありそうね。
真紅達は初めてアリスゲームの厳しさを体験して何とも言えない気持ちでした・・・。

rozenmaiden2_10-07rozenmaiden2_10-08

水銀燈は奪い取ったローザミスティカの力をめぐに分け与えていました。
こうして見ると、やはり水銀燈はめぐの病気を治してあげたいのでしょう。
水銀燈とめぐの間に絆が出来つつある事が感じられるようなシーンでした。
ただし、薔薇水晶から全てのローザミスティカを集めないと病気が治らない
そそのかされた事から、水銀燈は他の真紅達をも倒す心積もりをしてましたわ(汗)
という事で、このアリスゲームはまだまだ続く様相を呈してます・・・。
とりあえず水銀燈としては薔薇水晶のローザミスティカも奪うつもりですので、
2人の同盟関係は表面上だけの薄い繋がりといった感じでしょうかね~。

rozenmaiden2_10-09rozenmaiden2_10-10

あと雛苺の方の調子もおかしくなってきているところが気がかりでした。
アリスゲームが始まった事で真紅を通じてジュンから力を得られなくなったみたい。
このままでは雛苺が機能を停止してしまうのも時間の問題なので、そこでジュンは
最後くらいは彼女の好きな巴と一緒に過ごさせてあげようとしたのでしょうね。
ジュンの家に過ごすようになったとはいえ、今でも雛苺は巴とは大の仲良しです♪

rozenmaiden2_10-11rozenmaiden2_10-12

おそらく巴は雛苺と離れて暮らすようになってから寂しさを感じていたと思います。
ジュンが雛苺と仲良くしてくれるかどうかも心配したはずですし、彼女なりに
雛苺の事を気遣ってあげていたのでしょうね。そういうところが回想シーンなどで
よく伝わってきていました。雛苺は巴にジュンと良いご主人様に巡り会えてますね。

rozenmaiden2_10-13rozenmaiden2_10-14

雛苺と巴が最後のお別れの時を迎えるシーンはちょっと心にグッときちゃう(>ω<)
この2人はすでに契約関係にはないのですけど、こういうシーンなんかを見ていると、
目に見えない形で契約しているような関係なんだなぁって思わせてくれます♪

rozenmaiden2_10-15rozenmaiden2_10-16

雛苺は真紅にローザミスティカを託して深い眠りについてしまいました。
とても可愛らしく明るいキャラだったので寂しくなりそうだなぁ・・・。

rozenmaiden2_10-17rozenmaiden2_10-18

最後に白崎さんがラプラスの魔と呼ばれるウサギ人間だった事が明らかに・・・。
以前から胡散臭そうな感じがしていましたけど、ようやく本性を表したかな。
薔薇水晶とも繋がりを持っていたので、とにかく要注意人物ですわ(´・ω・`)
ただ真紅達がそれよりも驚いていたのは、槐さんの姿を見た時でした。
「お父様」と呟いていたので、彼がローゼンという人形師なのかもしれない!?
元々ローゼンメイデンについて詳しそうだったのでその可能性は高そうですね。

今回は雛苺と巴がお別れするシーンが見所だったでしょうね。
前回の流れから蒼星石とのお別れするのがメインだと思っていただけに、
雛苺とのお別れはちょっと予想外だった分だけ余計に悲しさを感じました。

関連記事