AKB0048 next stage 第22話 「青い裏切り」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/03/04

AKB0048 next stage 第22話 「青い裏切り」

akb0048_22-01akb0048_22-02
(C)サテライト/AKB0048製作委員会

南野さんが長い時間を経て卒業公演を行うお話です。

akb0048_22-03akb0048_22-04

大島優子さんがセンターノヴァとなって時空のゲートを開いた続きになります。
凪沙達は何とかDES軍の追撃を振り切って逃げ延びる事に成功していましたわ。
でも研究生の何人かがケガをして包帯を巻いていたので可哀相だったなぁ・・・。
それに聖地アキバスターが陥落しちゃったので精神的なショックも大きそう。
とにかく大島優子さんが行方不明になっちゃったのでこれはかなり心配です(汗)
まさにセンターノヴァになれば行方不明になるという伝説が現実に起こった!

akb0048_22-05akb0048_22-06

「センターノヴァは常に上を見つめ、登り続けなければならない存在。
私は怯えて、足を止めてしまった・・・。」

当然、凪沙達は今回の事件を手引きしていた南野美果子さんを尋問しますけど、
彼女には彼女なりに今回の行動に至った理由みたいなものがありそうでした。
あとセンターノヴァが出現する3つの条件の他にも、センターノヴァが消失する
1つの条件が明らかにされていました。
センターノヴァになっても、さらに高みを
目指そうという心があれば行方不明になるという事みたいだから、まさに前回の
大島優子さんがその条件に当てはまっていたというわけなんでしょうね・・・。


akb0048_22-07akb0048_22-08

智恵理のお父さんの話によると、キララデュアリウムが異次元の世界へ行くために
必要なものみたい。それでキララドライブという星間航行技術を開発したようです。
何か意味不明だけど、デス・ドライブ(亜空間航行)みたいなものと思っておきますw
↑このネタが分かる人はマニアだw

とにかく敵がデュアリウムを手に入れるためにアキバスターを制圧して、キララを
輝かせるためにセンターノヴァを誕生させようとしていた事が明らかになってました。

akb0048_22-09akb0048_22-10

「私も消えてしまった皆を助けたい。あっちゃんに会いたい。」
ツバサさんが南野さんをフォローするように皆に説明していました。
どうやら南野さんはセンターノヴァを出現させる事で時空のゲートを開いて、
前田敦子さんをはじめ行方不明者達を救い出そうとしていたみたいです。
もしそれが本当であったのであれば彼女を責める事は難しいかもしれません。
だからといってアキバスターの被害を見ると無罪放免ってわけにもいかないか。
とにかく、また他の誰かがセンターノヴァになれば大島優子さんや前田敦子さんを
救い出せる可能性があるという点ではまだ希望が持てそうな雰囲気がありました。

akb0048_22-11akb0048_22-12

板野友美さん達やWOTAやアキバスターの人々は何とか神殿の中に逃げていました。
アキバスターから脱出できたツバサさん達よりも、むしろこっちの方がピンチかもね。
ツバサさん達とは離ればなれの状態なので連絡だけでも取れればいいのですが・・・。
あと皆はAKB0048がこのまま消えていってしまいそうという不安を抱いていました。
ネット上からはAKB0048関連のサイトが消えてしまっている状態なので、さらに
芸能弾圧の厳しさが増している状況です。それなのに楚方だけは元気いっぱいだなぁw

akb0048_22-13akb0048_22-14

「それでも父とは決着をつけなきゃいけないと思う。私が自分の手で・・・」
智恵理としては自分のお父さんが裏から手を回しているので直談判するつもりです。
あのお父さんの事だから彼女が何を言ったとしても聞く耳を持たないと思うけど、
ここは何もやらないよりかはマシってところかもしれませんね。

「私ね・・・センターノヴァになろうと思う。センターノヴァになって
別の世界への扉を開けて優子さんを絶対に助ける。」

あと凪沙がセンターノヴァになる決心をしていたのでちょっとビックリです!
もちろん彼女にも尊敬する大島優子さんを助けたい気持ちがあるのでしょうけどね。
それでもセンターノヴァとは大きく出たなぁって思いましたわ。
ようやく凪沙が真の主人公として輝ける日がやって来るのでしょうか!?
てか、彼女の決意表明って何回も見ている気がするんだけどねぇ(苦笑)

akb0048_22-15akb0048_22-16

「さよなら。私のAKB0048!」
南野さんがたった1人でLASに乗り込んでDES軍と戦おうとしていたのが凄いです!
おそらく皆に対して申し訳ない気持ちがあったから単独で出撃したのでしょう。

akb0048_22-17akb0048_22-18

「これが5代目峰岸みなみの卒業公演よ!最後くらいビシッと決めさせてよね。」
もうここからは南野さんの独壇場でした!
歌を歌いながら戦っていたのが何とも言えないけどね~(笑)
まぁこの辺はさすが元センターノヴァといった感じですわ!(^ω^)

akb0048_22-19akb0048_22-20

それでもやっぱり多勢に無勢なので大ピンチに陥っていたのですけどね。
そんな時に高橋みなみさんが援護に来てくれていたので何とか危機を脱出です。
皆は彼女に対して許せない気持ちがあったとしても、これでも一応AKB0048の
大先輩だから見捨てるわけにはいかないところかな・・・(^ω^)

今回はまさかの南野さんがメインとなるお話でしたね。
もうそろそろ最終回に近づいているはずですけど、ここでメインキャラ以外で
時間を費やしていても大丈夫なのかなぁ?って心配しながら見てましたよ(汗)
凪沙はセンターノヴァになる事を宣言していましたが、今のこのペースでは
彼女が大活躍する時間が限られてくるような感じがしてならないです(^ω^;)
まぁこの作品が3期とかへとまだ続くのであれば話は別なんですけどねぇ。

関連記事