絶園のテンペスト 第20話 「フーダニット(誰がやったか)」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/03/01

絶園のテンペスト 第20話 「フーダニット(誰がやったか)」

tempest_20-01tempest_20-02
(C)城平京・左有秀・彩崎廉/「絶園のテンペスト」製作委員会・MBS

葉風が過去の世界で愛花と遭遇するお話です。

tempest_20-03tempest_20-04

「私は再び過去に戻り、起こるであろう不破愛花殺人事件の目撃者となる。」
葉風が愛花を殺した犯人を見つけるべく、過去の世界に行こうとしていました。
現時点で愛花を殺した犯人に辿り着くのが困難と思っての究極の一手となります。
もし殺人事件が起こった時間に殺害現場に辿り着ける事が出来れば、ほぼ確実に
愛花を殺した犯人が誰なのか分かる事になるでしょうね。ということで、葉風は
過去の世界と結びつける人形と樽を用意させて過去へ旅立つ準備をしていました。
ついに最大の謎が解き明かされるのかと思うと私はワクワクしてきましたわ。

tempest_20-05tempest_20-06

まさか左門さんが冗談を言うとは思わなかったです。やっぱり面白い人だなぁ。
葉風の方も痴情のもつれから愛花を殺すかも?って冗談を言ってましたけど、
こちらはマジに聞こえるから焦っちゃうよ。過去に行く事で吉野との三角関係にも
決着をつける気がありえそうに思うし・・・。果たしてどうなるんでしょうね?
葉風が過去に行く事によってどんな真実を知る事になるのかとても楽しみです。

tempest_20-07tempest_20-08

「吉野。不破愛花は生き返らん。彼女はどんな詐術も受け付けんほど
完璧な死を迎えている。お前にも私にも真広にもどうにもならんのだ。」

あと、吉野が愛花を救い出せる可能性をついつい考えちゃうのも仕方ないかな。
でも葉風はそんな吉野の思いを抑制するかのように諭してあげていました。
まぁ吉野の気持ちも分からなくはないけど、もし過去を改変させてしまったら
未来が大きく変わってしまう事になりそうなので諦めるしかないでしょうね。
それに葉風が恋敵でもある愛花を過去を変えてまで助けるとは思えないし。

あ、でも葉風は自分が愛花を殺せば、好きな吉野から一生憎まれるので幸せだと
考えるところもありました。自分の事を憎んででもずっと思い続けてくれるのなら
幸せという考え方はなかなか出来るものではないので凄いなぁって思います。
やっぱ、このお姫様は普通の感覚とは違いますね(^ω^;)

tempest_20-09tempest_20-10

葉風はみんなが見ている前で時間の壁を越えて過去に行ってしまいました。
葉風を孤島から脱出させた事も全てこのシーンのための伏線になっていたのかなぁ?
って思うと壮大な感じがしてきますわ。

tempest_20-11tempest_20-12

無事に孤島に辿り着いた葉風は一路300Km先の日本を目指して密入国を試みます。
どうやら時間的には1年半くらい前になるみたいですけどね。とにかく、葉風が
殺されるまで1ヶ月くらいしか時間がないので早く日本に辿り着かないとね~。
どうでもいいけど、葉風はこっちの露出の高い衣装の方が似合ってると思ったw
葉風は周囲に怪しまれないようにするために暫く連絡を絶つ事にしてましたけど、
私はその衣装で入国する方が目立つのになぁって思って見てたんだけどね(^ω^)

tempest_20-13tempest_20-14

真広は愛花を殺した犯人が葉風であったとしても、または吉野のであったとしても、
その犯人を殺す気持ちを持っていました。これはちょっとヤバい感じ・・・!?
こうなってくると、真の犯人がまったくの赤の他人であって欲しいなぁって思うよ。

tempest_20-15tempest_20-16

とにかく、山本さん達としては真犯人が分かるまでは待ち続けるしかないかな。
羽村さんだけは厳しい特訓をさせられる事には変わりないようですけどね(苦笑)
ただ人々の間では、はじまりの樹の擁護論なんかが盛り上がってきているので、
絶園の魔法使いの公演活動をこのまま続けていけるのか少々不安です。
はじまりの樹のお陰で戦争や犯罪がなくなって安定をもたらしてくれたわけだから、
世界中の人々がはじまりの樹を守ろうとするのも当然といった感じなのでしょう。

tempest_20-17tempest_20-18

葉風は何とか愛花が殺される当日の4時間前に到着する事が出来ていました。
さすがに街の中を歩くから、あの布切れビキニは着ないか・・・(^ω^)
とりあえず偶然にもすぐに愛花とばったり遭遇できたから運が良いかもね。
でもこれも何だか仕組まれていそうな感じもしますが・・・。

あと、愛花の方から葉風に声をかけてきたのがちょっと意外だったかな。
普通は自分が見つめられていたとしても声をかけるなんてしないと思うし。
まぁこれも愛花の不思議なところを示していたのかもしれません。
女子高生が焼き鳥を食べ歩く姿も意外な感じでもありますがね~(^ω^)

tempest_20-19tempest_20-20

「初めまして。私は不破愛花。あなた方が絶園の樹と呼ぶものの意を受けるもの。
その力と真実を担う者。さしずめあなた方なら絶園の魔法使いと呼ぶ者でしょうか。」

もう最後のシーンはビックリしました!まさか絶園の魔法使いが愛花だったとはね~。
まぁ確かに葉風と会って話していた時から違和感を覚えたのですけど、まさか彼女が
絶園の魔法使いご本人だったとは思わなかったよ。これからどうなるんだろう!?(汗)
とても大きなソードを持ってるし、葉風と戦っちゃう事になるんでしょうか?
絶園の魔法使いならはじまりの樹を倒さなくちゃいけないでしょうし・・・。
そろそろクライマックスに向けて本格的に動き始めたといった感じですね!

関連記事

トラックバック

(アニメ感想) 絶園のテンペスト 第20話 「フーダニット(誰がやったか)」

投稿者・ピッコロ 絶園のテンペスト 1【イベントチケット優先販売申込券付】(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/01/23)内山昂輝、豊永利行 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい

絶園のテンペスト 20話

時を超える物語となると、作者の「タイムトラベル」に関する考え方が 如実に現れて面白いですよね。しかし、その思想の違いから 読み解くのが難しくなるのも確か。それをどううま