ローゼンメイデン トロイメント 第02話 「槐」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/04/27

ローゼンメイデン トロイメント 第02話 「槐」

rozenmaiden2_02-01rozenmaiden2_02-02
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会

真紅が薔薇水晶の事を一人で抱え込んで悩むお話です。

rozenmaiden2_02-03rozenmaiden2_02-04

「可哀相・・・あなた可哀相。戦えないのね。何て弱くて可哀相。
だったら私が壊してあげましょう。」

真紅が薔薇水晶という新たなローゼンメイデンと遭遇したシーンの続きになります。
相手はアリスゲームをヤル気満々で次々と紫色の水晶で攻撃してきていました(汗)
水銀燈も性格が暗かったけど、この薔薇水晶はもっと暗い感じがしますわ。
いや、暗いというよりも、感情が無い冷たさを感じると表現した方がいいかな。
真紅は戦おうとしていましたけど、薔薇水晶から水銀燈に似た雰囲気を感じたので
戦意喪失気味でした。まだ水銀燈を倒した時のトラウマが残っているみたいです。
このままでは倒されてしまうところだったのですけど不思議な力で助かります。
あの奇妙なタキシード姿のウサギが助けてくれたみたいなのですが、彼は味方なのか?
それとも敵なのか?謎のままといった感じで今回の話が始まっていました。

rozenmaiden2_02-05rozenmaiden2_02-06

今回の桜田家も相変わらず人形達が賑やかに遊んでいました(^ω^)
もう翠星石も蒼星石も毎日遊びに来ている感じなのでしょう。
そんな翠星石は雛苺がのん気に如雨露遊びをしているからムカつくみたいw
翠星石としては如雨露使いとしてキャラが被っちゃうから面白くないかw
それでいつものように雛苺にイジワルな事を企んじゃうから困ったもだよ(苦笑)
そろそろ雛苺は翠星石の言う事には疑って聞く学習能力を身につけて欲しいなw

rozenmaiden2_02-07rozenmaiden2_02-08

翠星石は雛苺をイジメるのが快感になっているような感じです。
これはちょっと酷いw
雛苺って真紅だけじゃなく、翠星石にもいい様に扱われてますねw

rozenmaiden2_02-09rozenmaiden2_02-10

翠星石達は真紅の様子がいつもと違っている事に違和感を覚えていました。
さすがに時間にうるさい真紅が寝坊したりすると変ですもんね~。
真紅は皆に心配かけないように薔薇水晶の件は内緒にしておくつもりのかな?
ジュンの方は薔薇水晶について調べようとはしていたんですけどね・・・。

rozenmaiden2_02-11rozenmaiden2_02-12

「眠りを妨げる事は姉妹であっても許されない事よ。蒼星石。」
「君は眠ってなんかいない。真紅、話がある。」
蒼星石がずっと鞄の中に閉じこもっている真紅を無理やり起こしてました。
皆が恐れる真紅相手になかなかよくやるなぁって感心しますわ。
こういうのを見ていると、蒼星石が人形達の中で一番しっかりしてそうです。
翠星石の妹とは思えない(^ω^)

rozenmaiden2_02-13rozenmaiden2_02-14

「・・・百歩譲って、ジュン君との2人だけの問題なら僕はこのまま黙ってもいい。
でもアリスゲームに関わる事なら話は別だよ。アリスゲームは僕達全員の問題だ。」

蒼星石は真紅の様子を見て、薄々アリスゲームに関係していると思ったみたい。
最初に真紅の変化を感じ取ったのが蒼星石だったので鋭い感覚があると思う。
さすがに真紅はしっかり者の蒼星石相手にこのまま隠し通す事は無理そうかな・・・。

rozenmaiden2_02-15rozenmaiden2_02-16

ジュンは巴に誘われてドールショップに立ち寄っていました。きっと巴はジュンが
人形について調べていたので何か参考になると思って連れて行ってあげたのでしょう。
そのお店の店員の白崎さんという人がお喋り好きでかなり人懐っこい人だったかな。
とりあえず第一印象では人形の事が大好きなんだなぁっていう事が伝わってきました。

rozenmaiden2_02-17rozenmaiden2_02-18

ジュンが帰宅すると真紅達にオルゴールのプレゼントを渡していました。
今回は真紅とジュンが薔薇水晶の件でちょっと口ゲンカをしていましたけど、
これでまた仲直りしてくれると安心かな。真紅が皆に正直に薔薇水晶の事を
話していた事からも今回は自分に非がある事を認めていたのかもしれませんね。
こういう所なんかにもジュンと真紅の絆みたいなものが感じられました♪(*´ω`*)
もちろん真紅に家来扱いにされちゃう絆の強さという意味も含まれていますよw

関連記事