ローゼンメイデン 第12話 「真紅」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2013/04/14

ローゼンメイデン 第12話 「真紅」(最終回)

rozenmaiden_12-01rozenmaiden_12-02
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会

ジュンが真紅を守るために水銀燈に立ちはだかるお話です!

rozenmaiden_12-03rozenmaiden_12-04

真紅水銀燈の戦いの続きなのですが、その真紅は片腕を引き千切られて大ピンチ。
そんなところにジュンが立ちはだかって真紅を守ろうとするところから始まります。
真紅の力だけでは水銀燈に分がありますが、ジュンのミーディアムとしての力が
加われば、いかに強い水銀燈相手にも勝てそうな感じがします!
今回は最終回という事でどんな決着を見せてくれるのか楽しみでした。

rozenmaiden_12-05rozenmaiden_12-06

翠星石蒼星石が油断している水銀燈から人工精霊を取り戻して反撃に出ます。
雛苺も背後から水銀燈を縛りつけて身動きが取れないようにしていました。
さすがに多勢に無勢とあっては水銀燈でも苦戦しそうな雰囲気だったかな・・・。
「あなた達・・・ただでは済まさないわよ。」
ただ水銀燈もそう簡単には負けてはいません。逆に怒り心頭状態になってました(汗)
まぁ今は真紅を逃がす事が最優先だから一先ず翠星石達はよくやったと思う。

rozenmaiden_12-07rozenmaiden_12-08

「私は・・・不完全な人形になってしまった・・・(>ω<)」
真紅は片腕を失ってしまった事でかなりショックを受けていました。
もう戦えないというよりも、服のボタンすら止められない悲しみでいっぱい。
自分の事をジャンクとかガラクタになってしまったと言って嘆いていました。
お父様から貰った大切な体を傷つけた事も彼女にとっては苦しい気持ちみたい。
これは真紅が二度と立ち直れなさそうな感じさえしてきていました。
今まで見せていた強気でタカビーな彼女とはまるで別人のようだよ(´・ω・`)

rozenmaiden_12-09rozenmaiden_12-10

「真紅。僕はお前が何かが欠けた人形だなんて思ってない。
たとえ足りない物があったとしても、それは僕が埋めてみせる。
もう泣かないで。君は僕にとってとても大切な存在だ」

ジュンが、自暴自棄になっている真紅を慰めていたのがとても良かった。
これでほんの少しだけ真紅は落ち着きを取り戻していたような感じでした。
もうジュンと真紅は切っても切れない関係になっている事が伺えます。

rozenmaiden_12-11rozenmaiden_12-12

真紅の代わりに戦っていた翠星石達は結局水銀燈にまとめて倒されてしまいました(汗)
こんなにも皆が頑張っているのは真紅のためでもあり、ジュンのためでもありそう。
それくらいジュンと人形達との絆が強まっていた事を示していたように思います。

rozenmaiden_12-13rozenmaiden_12-14

ジュンは水銀燈からの精神攻撃にも打ち勝つ事が出来ていました。
今まで逃げてばっかりだったので、彼自身は強く変わっている事が伺えます。
これも真紅達と出会ったお陰でもありますね!ジュンの欠点は真紅達が補い、
真紅達の欠点はジュンが補う事で良い関係を築いているようにも思えます!

rozenmaiden_12-15rozenmaiden_12-16

「真紅!?」
「初めて家来として役に立ったわね。」
真紅の腕がまた元通りに治ってました。これもジュンのミーディアムとしての力?
普通はお父様と呼ばれる人形師しか修復出来ないらしいのですけど、これは
ジュンにもそれに匹敵する能力がある事を示しているのかもしれませんね。
以前に裁縫が得意だったりしていたのもこの伏線になっているような感じでした。
とりあえず真紅の感謝の仕方がいつも通りだなぁって笑ってしまったよ(^ω^;)
先ほどの超弱気な態度はどこに消えちゃったんだ!?w

rozenmaiden_12-17rozenmaiden_12-18

「決着をつける時よ。水銀燈。」
これで形勢逆転です!今度は真紅が水銀燈に反撃していました!
まさか殴りつけて決着をつけるとは思わなかったんですけどね(^ω^;)
まぁこれは今まで積もりに積もった怒りを込めた一撃だったかな。

rozenmaiden_12-19rozenmaiden_12-20

「ミーディアムのいないあなたは私に勝つ事は出来ない。もうやめなさい。」
「わ、私は壊れてなんかいない。ジャンクなんかじゃ・・・ジャンクなんかじゃ・・・」
水銀燈は最後の力を振り絞って攻撃しますが、反対に跳ね返されてしまいます。
これで勝負あり!

rozenmaiden_12-21rozenmaiden_12-22

ただここで水銀燈が未完成の人形だった事が明らかになっていました。
お父様と呼ばれる人形師は彼女を作りかけのまま姿を消したみたい。
だから彼女はお父様の愛が欲しくてこのアリスゲームを戦ってたようです。
彼女はお父様を純粋に愛するあまりにここまで狂気染みた性格になったのかもね。
最後はちょっとだけ水銀燈にも哀れみの感情が持たせるような描き方でした。

rozenmaiden_12-23rozenmaiden_12-24

厳しい戦いを終えたジュン達はひと時の和やかな時間を過ごしていました。
ジュンが真紅の服を縫い繕ったり、髪をとかしてあげるのも良いシーンです♪
髪を結んでいない真紅の姿は神秘的な美しさがあるなぁって思いました。
ジュンの心の樹は翠星石が水をあげて、蒼星石が雑草を切る事で育ちそうです。
それにジュンの心もある程度強さを取り戻しているのでもう枯れる事はないかな。

rozenmaiden_12-25rozenmaiden_12-26

「私は真紅。誇り高いローゼンメイデンの第5ドール。
そして、幸せなあなたのお人形・・・。」

水銀燈との戦いで力を使い果たしたから契約の指輪が消えちゃったみたい。
まさか真紅がこのままジュンとお別れしちゃうとは思わなかったです(汗)

rozenmaiden_12-27rozenmaiden_12-28

その後のジュンはというと、人形が居なくなって寂しさは感じていますけど、
どこか清々しく吹っ切れている様子も感じられました。自発的に外に出て
散歩までしていたので、もう彼は大丈夫と思っていいでしょう。
お姉ちゃんも巴もそんな彼の姿を見て嬉しい気持ちになっていました。
真紅達との出会いはジュンに良い影響を与えたという事でした♪

rozenmaiden_12-29rozenmaiden_12-30

でも最後の最後でサプライズ♪なんと!真紅達がジュンの部屋に戻ってた!?
真紅達の力が失われたのですが、ジュンの強い気持ちが彼女達を元に戻したみたい。
これはジュンにとっては嬉しいかもしれません。また賑やかな生活になりそうです。
つまり、真紅の家来としての生活が復活して大変になるということですけどね~w
まぁせいぜい人形達のご機嫌を伺いながら楽しく過ごしていって欲しいな(^ω^)

★総評★
心に傷を負ったジュンが人形達との触れ合っていくうちに、だんだん立ち直っていく
様子が丁寧に描かれていたように思います。コミカルな部分なんかもとても楽しくて、
シリアス一辺倒になりそうな物語に良いバランスをもたらしていたと思います。
とにかく、なんと言っても人形達がとても可愛く描かれていた事が良かったです♪
思わず、私もローゼンメイデンのようなお人形が欲しいなぁって思いました(^ω^)

関連記事