AKB0048 next stage 第21話 「決戦アキバスター」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/02/25

AKB0048 next stage 第21話 「決戦アキバスター」

akb0048_21-01akb0048_21-02
(C)サテライト/AKB0048製作委員会

AKB0048が聖地アキバスターの劇場でライブを行うお話です。

akb0048_21-03akb0048_21-04

「優子。アキバスターを守って。そのためにはあなた自身が輝くの。その光を
アキバスターがもっと強い光にしてあなたを照らし光り輝かせてくれるわ。」

今回は大島優子さんと前田敦子さんの過去の回想シーンから始まっていました。
アキバスターでの公演に反対だった大島優子さんに対して前田敦子さんは戦禍に
巻き込まれながらも人々が頑張っている場所だから重要だと説得していました。
とにかくアキバスターというのはAKB0048にとっても神聖な場所みたいですね。
まぁ惑星の名前からも何となくそんな感じもしますけどねぇ~(^ω^)

akb0048_21-05akb0048_21-06

美森は8代目篠田麻里子を襲名してさらに気合が入って歌うようになってたかな。
それが他の襲名メンバー達や研究生達にも良い相乗効果を生み出してました。
たまに襲名メンバーが誕生する事はAKB0048にとって良いスパイスになりそう。
あと美森が襲名後も研究生達と一緒にいてくれたりして良かったと思います。
これなら彼方達も寂しさを感じないでしょうね。

akb0048_21-07akb0048_21-08

大島優子さんがタービンの音が鳴り響く中で歌の練習をしていました。
選抜総選挙でトップを取って満足するだけじゃなく、さらに高みを目指そうとする
向上心があるのが素晴らしいと思う!だからファンにも認められるのでしょうね!
凪沙としては大島優子さんを超えたいと思っているのですけど、その優子さんが
さらに前に突き進んで行ってるのでちょっとショックを受けてたかもしれない!?
・・・と思ったけど、大島優子さんの写真を捨ててしまった事を後悔してるのかw

akb0048_21-09akb0048_21-10

「ねぇ、優子。あなたは大きな代償を払ってでもあの場所に行きたいと願う?」
南野さんが大島優子さんにちょっと意味深な事を尋ねていました。
「神聖なるポジションゼロ」っていったい何なのでしょうね?
誰にも邪魔されない場所というのが何を意味するのか気になります。
センターノヴァになる事と少なからず関連性がありそうなんですが・・・。
とりあえず南野さんも大島優子さんも出ているところは出ていますね♪
とてもスタイル良いと思います♪(^ω^)

akb0048_21-11akb0048_21-12

大島優子さんが襲名メンバーと離れて単独で秘密特訓をしたりするというのも
センターノヴァへと近づいている事を示唆しているのかもしれません
どうやらセンターノヴァというのは孤独を受け入れる事が必須条件らしいですし。
大島優子さんやツバサさんなども孤独な前田敦子さんの背中を見てきたので、
センターノヴァとはどういうものなのかよく分かっているのでしょう。

akb0048_21-13akb0048_21-14

アキバスターでのライブ公演中にDESの大軍が押し寄せてきていました!(汗)
研究生達は迎撃に出るのですが、織音や凪沙が直撃を受けていたのでヤバかったよ。
あと天候不順でのライブもセンターノヴァの出現条件としてあるって事なのかな?
どうやら智恵理のお父さんはセンターノヴァを誕生させようとしているみたいです。
でも自分の娘がセンターノヴァじゃなくてもいいような感じだったんけどね・・・。
とにかく神殿の先聖センセイとこの惑星アキバスターを守らなければAKB0048が
終わっちゃうから、ここは何としてでも守り抜かなければいけないところかな。

akb0048_21-15akb0048_21-16

「私達はAKB0048!私達は愛を歌い、踊り、そして戦う!アキバスターを守るため!」
もちろん研究生達だけじゃなく襲名メンバー達も加勢して戦ってくれていました!
センターノヴァ誕生の第3の条件として戦闘を伴った命がけのライブという事も
明らかにされていました。まさに今がこれら3つの条件に当てはまっていますわ。
この辺からだんだんセンターノヴァが誕生する雰囲気が漂ってきてました。

akb0048_21-17akb0048_21-18

ツバサさんがアキバスターからの撤退を命じていました。これは苦渋の決断です。
でもこれ以上アキバスターの人達の犠牲者を出さないためには仕方ないかも・・・。
もう街がメチャクチャに破壊されて燃えていたし・・・(汗)

akb0048_21-19akb0048_21-20

「ポジションゼロ・・・それは真のセンターにだけ許された場所。誰のアンダーを
任される事もない!自分以外に前に立つものはいない!!」

大島優子さんが命令を無視して一人でアキバスターを守ろうとしていました。
このセリフなんかは力強く言ってたので印象に残りました♪
もう彼女がセンターノヴァになるフラグがほぼ立っていました。
先の総選挙の時もだけど、この2期は大島優子さんが重要なキャラになってますね。

akb0048_21-23akb0048_21-24

最後に大島優子さんが物凄い光に包まれてオーラ・ロードを開いてました!(笑)
敵の攻撃を受けてもバリアでノーダメージだし、まさに聖戦士といった感じだよ(^ω^)
とにかくこの現象によって前田敦子さんを救い出せるチャンスが訪れたのかなぁ?
もしそうだとすれば、大島優子さんは前田敦子さんを助けに行くでしょうね!
大島優子さんがこの後どうなっちゃうのかとても心配です。

1期の時の感想でも書きましたが、私は大島優子さんが気に入ってますので、
今回の話は彼女が目立っていて良かったです。おそらく彼女がセンターノヴァに
なると思いますけど、どんなセンターノヴァになってくれるのか楽しみです♪(*´ω`*)

関連記事