AKB0048 next stage 第19話 「輝きを継ぐ者」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/02/11

AKB0048 next stage 第19話 「輝きを継ぐ者」

akb0048_19-01akb0048_19-02
(C)サテライト/AKB0048製作委員会

智恵理と美森が選抜メンバーとして初のステージに立つお話です。

akb0048_19-03akb0048_19-04

選抜総選挙でメンバー入りした智恵理美森はもう人気がうなぎのぼり状態♪
今は2人がいったい誰を襲名するのかという話題で持ちきりになっていました。
もうこの2人は研究生の中で一歩抜き出た存在になったので、残る凪沙達が
少しでも早く彼女達に追いつけるようにレッスンに励みたいところです!

そこで今回は南野美果子さんが専属カメラマンとしてやって来てました。
さらに彼女が元5代目峰岸みなみさんだったというのだからビックリですね。
それもセンターノヴァだったというのだからちょっと信じられないです。
撮影時の姿を見ているとセンターノヴァの輝きがあったとは思えないもん(^ω^;)

akb0048_19-05akb0048_19-06

ツバサさんとしては南野さんが以前にセンターノヴァ制度の復活を認めない
言っていた事が気になっていました。彼女自身がセンターノヴァだったのに
そのセンターノヴァを反対するのはちょっと変な感じがありますからね。
まぁセンターノヴァになれば行方不明になるという理由なら分かりますけど、
何か他にも理由が考えられそうな様子もあるから気になるところです・・・。

akb0048_19-07akb0048_19-08

智恵理や大島優子さんは練習の時でもキララが光輝くくらい凄いものなので、
凪沙も引っ張られるように気合が入ってダンスの練習をしてました。
でも大島優子さんから見れば凪沙のダンスは納得いかないものみたいです。
まぁ凪沙は無理に張り切ろうとして気合が空回りしてそうだもんねぇ・・・。
でもキララが輝いていた智恵理にもダメ出しして変でした。凄い剣幕だよ(汗)
大島優子さんもどこか精神的に思い悩んでいる部分がありそうに見えました。

akb0048_19-09akb0048_19-10

「センターノヴァの素質を持つ者はね、ある感覚が優れているの。」
大島優子さんは南野さんのこの言葉を受けて、実際にカメラで撮影して
前田敦子さんを襲名しそうな輝きを持つ人を見定めようとします。
ちょっとした写真撮影会みたいにもなってましたけどね~(^ω^)

akb0048_19-11akb0048_19-12

そして研究生の所にも行って写真撮影をしていました。
でもさすがに研究生からすれば入浴シーンを撮影されるのは
いくら女同士でも恥ずかしいですよねぇ~w
これで前田敦子さんを襲名出来るようなメンバーを探せるとは思えない。

凪沙はレッスンの時に大島優子さんに言われた事が気になってました。
大島優子さんは凪沙をセンターノヴァのライバルと思ってるみたいです。
研究生から今では一気にトップまで登りつめてきた大島優子さんだから、
たとえ今は研究生の凪沙でも過小評価はしてないということかな。
凪沙としては、ただ単に智恵理や大島優子さんのマネをしているだけでは
この競争に勝てないので、まず「魂のありようを受け継ぐ」という意味を
見い出さないといけないところでしょうね。

akb0048_19-13akb0048_19-14

美森がバッタリ倒れ込んでしまいました(汗)
てっきり選抜メンバー入りのプレッシャーとかスケジュールの忙しさなどで
疲れていたのかなぁって思ったのですが、どうやら襲名熱というものらしい。
この症状は襲名の時期が来る前触れみたいなものなのでしょうか?(^ω^;)
マリコさんも昔に経験した事があるような事を言ってたし・・・。
とにかく美森が倒れたので凪沙がアンダーとしてサポートする事になりました。
これは凪沙が飛躍できるきっかけとなりそうな予感がします♪

akb0048_19-15akb0048_19-16

ライブ公演が始まると美森がステージに出演していたので驚きましたわ(^ω^;)
これは選抜メンバーに選ばれた責任感からきているものなのでしょうか?
それにしても凄い執念だなぁって思いました!プロ根性がありますわ。

akb0048_19-17akb0048_19-18

「な、凪沙・・・お願い。ごめんなさい。」
「やらせてください。美森さんの分まで。」
でも美森の体力も尽きてしまってアンダーの凪沙にバトンタッチします。
このシーンなんかも魂のありようを受け継ぐ一端を示している感じもしました。

akb0048_19-19akb0048_19-20

「優子さん。私、輝きます!そして、あなたに勝ってみせます!」
「まだまだそんなもんじゃなかったよ。あの人の、13代目あっちゃんの輝きは!」
凪沙もライブに加わって智恵理達と一緒に堂々と踊っていました。
智恵理が結構良いポジションで歌っているなぁって思った(^ω^)

akb0048_19-21akb0048_19-22

「私も・・・私も・・・私も輝きまぁぁーーすっ!!!!」
凪沙はあまりにも智恵理と優子さんが光り輝いていたから、置いていかれると
不安に思ったのかもしれません。必死について行こうとしてました。
今回のライブシーンは画面に引き込まれる感じでとても良かったです♪

akb0048_19-23akb0048_19-24

「私、本宮凪沙は優子さんにも智恵理にも負けないくらい輝いて
センターノヴァになりたいでーーーーす!!!!」

凪沙が宣戦布告をしてましたけど、さすがにライブ中はダメでしょうw
でもそういう気持ちがあるから彼女はもっと光り輝けるのかもしれませんね。
これで凪沙も智恵理に追いついていけそうな感じがしました。
2人で切磋琢磨しながらスーパーアイドルの道を歩んでいってほしいな。

関連記事