ローゼンメイデン 第06話 「涙」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/03/31

ローゼンメイデン 第06話 「涙」

rozenmaiden_06-01rozenmaiden_06-02
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会

真紅が連れ去られた雛苺を助けるために水銀燈と戦うお話です。

rozenmaiden_06-03rozenmaiden_06-04

ジュンや真紅達が大好きなTV番組くんくん探偵を見ていたのですけど、今回は
とても怖いお話だったみたいで皆が悲鳴を上げて震えながら見ていました。
お姉ちゃんや翠星石は1人でいるのが怖いくらいになってたので面白いです。
ただ雛苺だけは怖がっているのか喜んでいるのか分からない反応だったけどね(笑)
いったいどんな内容の人形劇の番組なのかちょっと気になってくるよ(^ω^)
こんなに人形達に気に入られる番組っていうのがとても不思議ですもんねぇ~。
私としては実際に動いて喋っているローゼンメイデンの方が怖いと思うのにw

rozenmaiden_06-05rozenmaiden_06-06

翠星石は恐怖のあまりに雛苺のそばから離れられなくなっていました。
もう素直に怖いからそばにいて欲しいって言っちゃえば良いのになぁ(苦笑)
そして真紅もジュンのそばから離れられなくてそばにくっ付いていましたわ。
当然彼女はプライドが高いから決して怖いと弱音を吐く事はしないけどねw
真紅も翠星石も変なところでプライドがあるから困ったものですわ(苦笑)

「あなたは迷子なのね。心があるべき場所を求めて彷徨っている。
可哀相なジュン・・・あなたの心はどこに向かっているの?」

あと真紅としてはジュンの閉ざされた心を心配している様子もありました。
彼女が初めて見せる哀れみのような雰囲気がちょっと印象に残ったかな。

rozenmaiden_06-07rozenmaiden_06-08

水銀燈が再び鏡の中から現れて雛苺を連れ去っていきました(汗)
もちろんこれは真紅をおびき寄せるためにワナでもあるのですがね・・・。
それを分かっていても真紅が雛苺を助けに行こうとしていたので偉いと思う。
日頃は雛苺を家来として扱っていますが、本当は大切に思っているのでしょう。

rozenmaiden_06-09rozenmaiden_06-10

鏡の中の水銀燈の世界は薄暗い廃墟の建物が立ち並ぶ世界でした。
これはジュンの夢の世界と比べてもかなり鬱屈してる感じがしますわ(汗)
道端に捨てられている人形を悲しそうに見つめる真紅が何とも言えない。
これも同じ人形だからこそ分かり合える気持ちというものがあるのでしょう。

あとアリスゲームに負けるとこれらの壊れた人形のようになると話してました。
でも勝利すれば、お父様と呼ばれる人と会えるというのもポイントになってそう。
どうやら真紅がアリスゲームで戦う目的というのはお父様に会うためみたいです。

rozenmaiden_06-11rozenmaiden_06-12

「フフフ♪いらっしゃい。ようこそ私のフィールドへ♪」
水銀燈は壊れた人形を動かして真紅達に攻撃してきました!(汗)
この時に真紅と一緒に来た人形達が盾となって守ってあげていたのが感動です♪
水銀燈は家来の人形を捨て駒のように使ってるけど、真紅の方は人形達の事を
とても気遣ってあげている点で正反対だなぁって感じました(>ω<)
こう見てもこの真紅と水銀燈は相反する性格の持ち主なのかもしれません。

rozenmaiden_06-13rozenmaiden_06-14

「もう一度言うわ。ローザミスティカを渡しなさい。」
「死んでも嫌!」
真紅が水銀燈に捕まってしまい今にも倒されようとしていました(汗)
そこでジュンが真紅の事を心配して駆け寄っていこうとしてたのが良い!
ジュンは真紅と一緒に過ごしていくうちに、心の中で彼女の事を大切な存在として
認識し始めているような感じがしました。壊れた人形を見つめていた時なんかでも
哀れみの気持ちを持っていたので、ジュンと真紅は繋がっているような気がします。
とにかくジュンのミーディアムとして力が水銀燈の剣を消滅させてました。

rozenmaiden_06-15rozenmaiden_06-16

水銀燈はミーディアムから力を得た真紅によって反撃されていました(汗)
この時に彼女はミーディアムとしてのジュンの力の凄さを知った感じです。
もちろんこうして戦える水銀燈にもジュンのようにミーディアムとなる人物が
存在するはずなのですけど、それがいったい誰なのかが気になるところです・・・。
一先ずここは水銀燈が退却した事でアリスゲームの戦いが終わっていました。
ローザミスティカのやり取りがなかったので結果的には引き分けになるのかな。

rozenmaiden_06-17rozenmaiden_06-18

「可哀相に・・・この子は迷子になってしまった・・・。」
真紅達は自分を守るためにバラバラに壊れた人形を見て悲しんでいました。
人形には死の概念がないのですけど、人形にとっては人に必要とされてはじめて
存在意義が生まれ、それが生きている証にもなっている
ような事を話してました。
この真紅の言葉は彼女の涙を浮かべた表情と相まってとても重みを感じます。

rozenmaiden_06-19rozenmaiden_06-20

ジュンが壊れた人形を得意のお裁縫で修理してあげていたのが良かったです。
すると人形が再び動き出して皆に感謝の気持ちを表していましたわ(^ω^)
1度離れた魂は2度と戻す事が出来ないのですけど、これは人形を必要とする
ジュンの気持ちがとても強かったから復活出来た
のかもしれませんね。
これも彼が真紅達と過ごすうちに親しくなっている事を示してるかな。

「まぁ私の家来としてはまずまずの働きというところね。」
とにかくこれで真紅もジュンの事をかなり見直してくれたかもしれません。
でも真紅の感謝の仕方が素直になれずにひねくれていたんだけどね~(苦笑)

rozenmaiden_06-21rozenmaiden_06-22

ホッとしたのも束の間・・・真紅が突然動かなくなって倒れこんでしまいました。
水銀燈との戦いで疲れが出たのか?エネルギーを使い果たしたのか?それとも
ネジを巻いていたのが緩んだためなのかな?この時点では理由は分かりません。
とにかく真紅の状態がとても心配なところで次回に続いていました。

関連記事