ローゼンメイデン 第03話 「水銀燈」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/02/28

ローゼンメイデン 第03話 「水銀燈」

rozenmaiden_03-01rozenmaiden_03-02
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会

ジュンが雛苺の大好きな食べ物を買いに行くお話です。

rozenmaiden_03-03rozenmaiden_03-04

真紅は雛苺の命を助ける代わりに家来にする事に決めたわけですが、さっそく
家来としての躾や作法を口うるさく教え込んだりしてて女王様みたいだった(笑)
この真紅のプライドの高さといったら右に出るものはいないかもしれません。
せめて部屋のドアくらいは自分で開けたらいいのになぁって思ったよ(苦笑)
まぁジュンとしては朝早くから部屋の中で騒々しく家来の教育なんてされたら
困ったものでしょう。・・・とまぁこんな感じで桜田家の雰囲気が変わってました。

rozenmaiden_03-05rozenmaiden_03-06

「雛は白くて、ふわってして、甘いのがいいの・・・。」
のりが真紅と雛苺のためにサイズの小さい目玉焼き料理を作ってあげてました。
ただ、雛苺は全く食べようとせずに、自分の好きな物を食べたいと言ってます。
そこでのりがヨーグルトだと思って出したのですけど違っているみたいでした。
私は白くてふわふわで甘いのと聞くと・・・綿菓子を思い出すんだけどね。
夏祭りとかに行った時は必ず買うくらいに好きな食べ物なんです(^ω^)

のりと雛苺のやり取りを隣で聞いていた真紅はワガママと言ってましたけど、
真紅だけには言われたくないと思う。真紅の方がもっとワガママなんだし!(苦笑)

rozenmaiden_03-07rozenmaiden_03-08

ジュンは雛苺が部屋の床に落書きしたので教育係の真紅に文句を言ってました。
でも簡単にあしらわれちゃってましたけどね。人形なのに人間よりも強い!(苦笑)
とりあえず真紅のお気に入り番組の視聴を邪魔しちゃダメって事ですわ。
まぁたしかに人形が人形劇を見るのって少々滑稽な感じもしますね(^ω^;)

「雛、一人ぼっちね・・・。誰も雛の事を分かってくれない・・・。
巴は分かってくれたわ。雛が何も言わなくても買ってきてくれた・・・」

今の雛苺は真紅を通じてジュンから間接的にエネルギーを貰っているために
巴の所には戻れなくなっていました。だからちょっとホームシック気味です。
まぁジュンや真紅などから冷たく扱われては居心地が悪いのも当然ですもんね(^ω^;)

rozenmaiden_03-09rozenmaiden_03-10

ジュンは雛苺に冷たく言った事を申し訳なく思ったのか、雛苺の好きな食べ物を
買いに行ってあげようとしていました。雛苺が昔のご主人様から鞄の中にずっと
入れさせられていた事と部屋に閉じこもっている自分を同じように感じたみたい。
どちらも外に出たいという気持ちがある点では他人事とは思えなかったのでしょう。
ジュンにとっては外に出る事だけでもとても勇気の要る事ですので、そんな彼が
雛苺のために買い物に行こうとする姿を見ると彼の優しさが感じられました。
それに彼女の好きなものをすぐに分かったみたいなので、彼も雛苺の気持ちを
理解してあげている証拠の一つになっているのかなぁって思ったりしました。

rozenmaiden_03-11rozenmaiden_03-12

真紅と雛苺は黒い羽によってトイレの中に閉じ込められてしましました(汗)
第1話の時にもピエロみたいな人形が襲い掛かってくる直前に黒い羽が
出現していた事を考えると同じ敵の仕業とも考えられるところです。
とりあえずその場は真紅がトイレの外窓から脱出する事ができたので
雛苺も救い出せる事に成功してましたけどね・・・。
真紅が両手を広げて塀の上を歩く姿がちょっと可愛らしいと思った(^ω^)

rozenmaiden_03-13rozenmaiden_03-14

「おバカさんは時間をかけてゆっくりイジメないと楽しくないわ。またね。」
鏡の中から水銀燈というまた新たなローゼンメイデンが姿を現していました。
真紅とは57万時間ぶりの再会とか言ってたけど何年ぶりになるんだろう?(^ω^;)
この人形も性格がひねくれてそうだ。ホント変な人形ばっかり登場しますねw
今回はご挨拶程度のやり取りだったのですけど、今後は真紅の強敵となって
襲い掛かってきそうなので注意をしておかないといけないでしょう。

rozenmaiden_03-15rozenmaiden_03-16

「あの人形が何なのか?どこから来て何をしようとしているのか?
私にもよく分からない。でもこれだけは言えるわ。あの子達は
桜田君を必要としている。あの真紅という人形も、雛苺も・・・。」

ジュンは和菓子のお店の中で巴とばったり遭遇してお話をする事になります。
巴は雛苺と離れて暮らすようになってからずっと心配してあげていたみたいです。
彼女も拾って間もない頃は雛苺を捨てようと思っていた事があったみたいですが、
一緒に暮らしていくうちに愛着がわいたり、雛苺の寂しさを感じ取ったようです。
こうして見ると巴も何か悩みを抱えているような雰囲気にも思えました。
ただ人形と暮らした事で良い影響を受けたのは間違いなさそうかな・・・。
そんな彼女の言葉を受けてジュンがどのように感じたのか気になるところです。

rozenmaiden_03-17rozenmaiden_03-18

雛苺が食べたかった食べ物というのは苺大福でした。
まぁ確かに白くて、ふわってしてて、甘い食べ物ですよね~(^ω^)
苺大福の事を「うにゅ~♪」って言ってたのが可愛らしいです。
これで雛苺は少しは寂しい気持ちが和らいだかもしれませんね。
まずは雛苺とジュンが親しくなってくれただけでも良かったです。

関連記事