機動戦士Zガンダム 第45話 「天から来るもの」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/05/01

機動戦士Zガンダム 第45話 「天から来るもの」

zgundam_45-01zgundam_45-02
(C)創通・サンライズ

ハマーンがアクシズをゼダンの門にぶつけるお話です。

zgundam_45-03zgundam_45-04

ハマーンが地球圏を手中に収めるためにティターンズに攻撃を仕掛けようとします。
その手始めとしてゼダンの門にアクシズをぶつけるという作戦を立てていました。
もちろんティターンズ側も急いでゼダンの門から全軍を引き払って対応します。
ただの隕石同士の衝突にして作戦的に無意味なものにさせようとしていました。
とりあえず、前回のハマーンによるジャミトフ暗殺未遂事件でアクシズ陣営と
ティターンズ陣営が敵対する構図が確定したと言ってもいいでしょうね。

そんな中でシロッコのジュピトリスの方も静かに動きを見せつつありました。
戦闘の混乱に乗じてレコア少尉に捕虜になったサラの救出をさせようとします。
レコア少尉ってティターンズに来ても危険な任務を押し付けられているなぁ。
これではアーガマにいた時とあまり変わってないような気もしますわ。
シロッコの元で本当に心の安らぎを得られているのか少々疑問に感じます。

zgundam_45-05zgundam_45-06

「サラの事は考えるな!戦いに集中できなければ死ぬのはお前なんだぞ!」
カミーユは作戦ミーティングに参加しなかったカツに修正を加えていました。
こうして見るとカミーユも立派になったものだなぁって思いましたわ。
昔はカミーユだってカツみたいな事をよくやっていたわけですもんねぇ(^ω^)
カミーユ自身、エマ中尉やウォンさんなどから修正されてきて成長したから、
カツにも同じ事をやって優秀なパイロットになってもらおうとしたのかもね?
よく考えたらこうなるのを分かって彼女を連れてきたカミーユも問題だよw
とりあえずカツはまだサラの事を気にして精神的にイライラしている状態です。

zgundam_45-07zgundam_45-08

エゥーゴは、ゼダンの門から脱出するティターンズ艦隊を叩くために
全艦隊による砲撃と数多くのモビルスーツ隊を出撃させていました。
ハマーンの作戦によるティターンズの被害を多くするために、少しでも
敵艦隊をゼダンの門に釘付けにさせておく作戦でもありました。

zgundam_45-09zgundam_45-10

「こうも簡単に後ろを取らせるなんて。ここなら直撃しても・・・。」
レコア少尉はパラス・アテネに乗ってサラ曹長の救出に向かっていました。
アーガマの後方から2連ビーム・ガンを直撃させていたからなかなかやります。
ただ、撃つ前にアーガマが致命傷を負わないように狙い打とうとしてたので、
まだ彼女の心の中にはアーガマへの未練みたいなものが残っていそうね。

あとブライト艦長って「弾幕薄いぞ!」「何やってんの!?」の他にも
「索敵班どこを見ていた!?」っていうのもよく聞く気がしますわ(^ω^)

zgundam_45-11zgundam_45-12

「強くなったわね。ファ。」
「え!?レコアさん!?」
アーガマがピンチなのでファがメタスでパラス・アテネに立ち向かっていました。
この時もレコアさんはファを撃墜する事をためらっていたように思えます。
とりあえずファからすれば、死んだと思っていたレコア少尉が生きていたから
ビックリするでしょうね。それも敵のモビルスーツに乗っていたわけですし!
どうでもいいけど、レコア少尉がバーザムを撃墜していたので笑っちゃった。
一応、味方なんだからそんな事をしたらいけないのにねぇ・・・(^ω^;)

zgundam_45-13zgundam_45-14

「世の中には男と女しかいないのよ。それは思想とか深遠とか別のものよ。
アーガマの男達は自分の事しか考えていなかったわ。」

その後、ファとレコア少尉はモビルスーツを降りて話し合っていました。
まだレコア少尉はティターンズの主義に染まりきっていなさそうですね。
だから恨みの対象にしていないファには攻撃を加えなかったのでしょう。

zgundam_45-15zgundam_45-16

「そんなにシロッコの所に戻りたいのか!?」
「そうよ!だから邪魔しないで!」
サラは、アーガマが被弾した混乱の中でさっそく脱出を試みてました(苦笑)
前から何回も書いていますけど、アーガマって捕虜の扱いが全然なってない。
せめてボリノーク・サマーンは機動不可能にしておかなくちゃいけない!(^ω^;)
もうこれで何回目の脱出になるんでしょうね?懲戒処分もんだと思うんだけどw

それにしてもカツって本当にサラに振り回されているなぁって思います。
あれだけ騙されて人間不信に陥ったんだからもう放っておけば良いのにね。
カミーユのピンチを救ったり、毒ガス作戦を阻止したりと、せっかく優れた
パイロットになりつつあったのにもったいないなぁって思ったよ(´・ω・`)

zgundam_45-17zgundam_45-18

アポリー中尉がファを助けようとしたために散ってしまいました(涙)
数々の戦いをくぐり抜けてきただけに惜しい人を失ったなぁって思う。

zgundam_45-19zgundam_45-20

「うぁぁぁぁーーっ!!アポリー中尉ぃー!貴様!!貴様ぁ!!貴様ぁぁーっ!!」
「これが戦争だろうが!」
カミーユはアポリー中尉を撃墜したジェリド中尉に怒りを爆発させていました!
そんなカミーユの精神力によってZガンダムがパワーアップしていたかも!?
さすがにジェリド中尉はZガンダムの秘められた力に圧倒されてたかな。
ジェリド中尉ってフォウを倒したり、アポリー中尉を倒したりと退場フラグを
立てまくっているのですけど、今回も生き抜く事に成功していました。
本当にこういう部分では強運の持ち主だなぁって思いますわ。

zgundam_45-21zgundam_45-22

アクシズがゼダンの門に衝突した事により数多くの岩石の破片が襲い掛かります。
バスク大佐は艦隊の脱出を最優先に急ぎ、エゥーゴは撤退命令を出していました。
そんな中でもアクシズの情報収集をさせようとするブライト艦長は流石だよ。
いずれはアクシズと戦う可能性がある事を感じ取っていたのかもしれませんね。
とにかく作戦の方はほぼ成功してゼダンの門がスパっと分割されてました。
ティターンズとしては宇宙の拠点を失った形ですので苦しくなりそうかな。

zgundam_45-23zgundam_45-24

アーガマの乗組員達にとってはアポリー中尉の戦死はかなりショックでした。
カミーユやシャアが地球にいた時は先頭に立って戦っていたはずですので、
目立たないながらもよくエゥーゴのために尽くしてくれていたと思う。
これはエゥーゴにとってかなりの痛手となるのは間違いないでしょうね。
その分、命を助けられたファが彼の分まで頑張らないといけないと思う。

関連記事