魔法の天使 クリィミーマミ 第32話 「二人だけのバレンタイン」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/05/14

魔法の天使 クリィミーマミ 第32話 「二人だけのバレンタイン」

creamymami_32-01creamymami_32-02
(C)ぴえろ

バレンタインデーは恋する女の子にとっては重要な日です。
そんな時に好きな男の子とケンカしちゃったら悲しいです。
何とか仲直りしてチョコレートを渡せるといいのですが・・・

creamymami_32-03creamymami_32-04

優はバレンタインデーに俊夫君に渡すチョコレートを作ってました。
俊夫君の好みの味付けにして頑張ってました。愛の努力ですね。
そのチョコレートに妖精の愛情パワーも加えておりました(*´ω`*)
バレンタインは女の子にとって一大イベントなのでワクワクしますね♪

creamymami_32-07creamymami_32-08

バレンタインデーの日の放課後に、優はチョコを渡しに行きますが、
中学生の俊夫君はまだ授業中でした。恥ずかしがる俊夫君が可愛いw
先生も含めてクラスメイト達からもからかわれていましたよ(^▽^)
それにしても優の行動力は、いつもハンパではありません。
本命チョコを渡す時って普通はタイミングとか考えちゃうのに(^ω^;)

creamymami_32-09creamymami_32-10

俊夫君は家に届いたラブレターをマミからの物だと信じてしまいました。
もう俊夫君の頭の中はマミの事しか考えていません。優が可哀相です。
「俊夫なんか大嫌い。もう絶交だぁ!><」
もちろん、そんな俊夫君のことを優は怒っていましたよ。そりゃ当然だ(^ω^)

creamymami_32-11creamymami_32-12

バレンタインデーにケンカしちゃった優ですけど、それでも俊夫君の事を想ってます。
俊夫君って何回も優を泣かしちゃっています。普通の女の子なら嫌いになっちゃうよ。
それでも俊夫君のことを嫌いになれないのは恋してしまっているからですよね♪
幼なじみなので俊夫君の優しい所も良く知っているのも好きな理由でもあります。
優は、昔2人で遊んだ思い出の教会に来ていました。

creamymami_32-13creamymami_32-14

幼い頃の2人が描かれていました。いつも2人で遊んでいたんですね。
優が俊夫君を意識しだしたのもこの頃のようです(*´ω`*)

俊夫君が自分の部屋に戻ってみると優からの手紙が置かれていました。
『いつも面倒を見てくれている俊夫に思いっきりの感謝を込めて・・・』
優は俊夫君の部屋で楽しくバレンタインデーを祝おうとしてくれていたんです。
ここで俊夫君もやっと優の気持ちに気づくことに・・・。ホント鈍感だゎ(^ω^)

creamymami_32-15creamymami_32-16

急いで優との思い出の教会にやって来た俊夫君。よく覚えていましたね。
やっぱり2人はただの幼なじみ以上に深い関係なんだなって思いました。
優の心のこもったチョコレートも食べてもらえて嬉しかったに違いない(^ω^)
これからも優と俊夫君はケンカする事はあるかもしれないけど、
いつまでも仲の良い2人でいてほしいと思います。


creamymami_32-17creamymami_32-18

アニメの後半では、ED曲が変わっています。
歌は、もちろん太田貴子さんで「LOVEさりげなく」です。
マミが花びらを1枚1枚引きちぎっています。
花びらでの恋占いですね(^ω^)

関連記事