好きっていいなよ。 第11話 「パレード」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/12/17

好きっていいなよ。 第11話 「パレード」

sukinayo_11-01sukinayo_11-02
(C)葉月かなえ・講談社/好きなよ。製作委員会

めいと大和君が遊園地に行ってデートするお話です。

sukinayo_11-03sukinayo_11-04

前回ではちょっとした誤解から関係が悪化しかけていためいと大和君でしたけど、
お互いの気持ちを確かめ合えた事で再びラブラブな関係に戻れたみたいですね。
こうなると、あさみと愛子からすればぜひとも恋バナを聞きたいところでしょうか(^ω^)

sukinayo_11-05sukinayo_11-06

めいと大和君が仲良くお昼ごはんを食べていたのですけどあれは恥ずかしい(笑)
普通はこういうのって女の子の方からやるもんだと思ってたんだけどね。
あと目線を落としたらMって本当なのだろうか?それなら私もMになりそうw
あの状態では恥ずかしくて目線を上げる事なんて出来そうにないと思うし(^ω^;)
それにしても共学の学校ってこういう光景って普通に見られるんだろうか?
私としてはそういう点がちょっと気になりましたわ。

そして大和君はランドのホテルの予約の事を話していました。
めいとしては当然緊張するわけですが、嬉しい気持ちもあるのでしょうね。

sukinayo_11-07sukinayo_11-08

「人を蹴落とすやり方は俺は好きじゃねぇな。もったいねぇ。」
竹村君はめぐみが裏でやっている意地悪な企みに苦言を呈してました。
めぐみにしては珍しく声を荒げていたので図星だったのかもしれない。
これでめぐみが心を改めてめいと大和君を祝福してあげられるといいのですがね。
今の段階ではちょっと難しいといった感じでしょうか・・・(´・ω・`)

sukinayo_11-09sukinayo_11-10

めぐみの心がだんだん荒れてきて本性がすっかり表に出てきていました。
あんな状態では周囲にいた友達も去っていっちゃうのも当然でしょうね。
ももこという仲が良さそうに見えた友達まで冷たくしちゃうくらいだし・・・。

sukinayo_11-11sukinayo_11-12

「私は可愛くない。必要とされてない。だから北川めぐみを演じてきた。」
昔のめぐみはとても地味な女の子で背が高いから苛められてたみたいです。
でもお化粧して綺麗にしてみるとスカウトされたりして生活が一変したのかな?
苦い思い出があるから今の自分を必死に演じようとしていたのかもしれません。
それを続けられていれば偽りでもまだ良かったんですけどねぇ・・・。

そんな彼女の前に大和君に好かれているめいが表れて気持ちが荒れたのでしょう。
地味そうに見えるめいだから余計に悔しさみたいなものを感じたような気もします。
もしめいが昔の自分のような立場だったら意地悪しなかったかもしれません。
とにかくめぐみがこの後さらに病んでいたからとても心配でしたわ(´・ω・`)

sukinayo_11-13sukinayo_11-14

「今日は本当に2人なんだ・・・♪」
めいは大和君と待ち合わせをしてお待ちかねのデートを開始してました♪
もう大和君の好みのコーデにしたんだから着替えようとしなくてもいいのにw
それにしてもこれからっていう時に電車の中で寝ちゃう大和君って変だよw
早起きしたから疲れているのかな?それとも夜のために睡眠を先に取ってるとか?w

sukinayo_11-15sukinayo_11-16

でもランドでの大和君は電車の中とはうって変わって大はしゃぎしてたぁ(笑)
めいは彼のペースに付いていくのがやっとという以前に絶叫系が全然ダメみたい。
今回はめいの反応を見ているとちょっと面白かったです。
でも大和君の楽しい事を一緒にやろうと頑張ってたのでとても健気な子だよ。
それはベッドの上での意味も含まれてるのかなぁ?って少し思っちゃったけどねw

sukinayo_11-17sukinayo_11-18

途中で凪とばったり遭遇してました。凪は偶然って言ってたけど絶対にウソだ!w
でもこうして外に出て遊んでいるだけでも凪にとって良い事かもしれませんね。
それにもう今では学校にもちゃんと通えるようになったみたいですし・・・。
とにかくめいと大和君にとって邪魔者以外の何者でもないのは確かだわ(苦笑)

sukinayo_11-19sukinayo_11-20

凪を1人で帰すわけにもいかないのでホテルに一緒にお泊りする事になります。
もちろん凪がいてるのでゴムを使うようなあんな事やこんな事は出来ません(苦笑)
せっかく2人きりでラブラブできるチャンスだったかもしれないのにねぇ~w
それにしても凄く広い部屋だった。いったい何万円くらいしたんだろう?

「ゆっくり行こう・・・」
「・・・うん。」
とりあえず、めいと大和君は軽く寄り添って素敵な夜を過ごせたようです♪
それにベッドまで大和君が運んでくれたみたいだし、とても良い感じだよ♪
でも次の朝起きると大和君がドキッとするような発言をしてたけどねぇ(笑)
さすがに寝ている間に初めてを経験するのはめいとしては困るでしょうね(^ω^;)

今回はめいとめぐみを対称的に描かれていたのが印象に残ったかな。
信頼し合える友達が増えていってるめいと友達だった人達が離れていってる
めぐみの真逆な様子が分かりやすく描かれていたように思いました。

関連記事