機動戦士Zガンダム 第29話 「サイド2の危機」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/02/13

機動戦士Zガンダム 第29話 「サイド2の危機」

zgundam_29-01zgundam_29-02
(C)創通・サンライズ

ティターンズがサイド2のコロニーに毒ガス攻撃を仕掛けるお話です。

zgundam_29-03zgundam_29-04

アーガマとラーディッシュでは次の戦いに備えて休息のひと時が流れてました。
ただティターンズがG3の猛毒ガスの補給艦と接触する動きを見せていた事からも、
ブライト艦長としてはそう安々と落ち着いてはいられないところでしょうか・・・。
そんな艦長の心配をよそにカミーユはファと仲良くコミュニケーションを取ってます。
それでも女性の胸をガン見してたら引っ叩かれるのは当然ですけどねぇ~(苦笑)
紙飛行機を見てフォウの事を思い出していたはずなのに、その後すぐファの胸に
目が釘付けになっちゃうのが分かんない。本当にファの事をどう思っているんだ?(^ω^;)

zgundam_29-05zgundam_29-06

「長い戦争になればコロニーの100や200は沈むだろう。1つのコロニーの犠牲で
エゥーゴが降伏をしてくれるのならば神様だってこの作戦を許してくれる。」

今回はジェリド中尉がサイド2への毒ガス作戦の指揮を執ります。
彼にしては珍しく立場が偉くなってたので違和感を覚えるのですけど、これも
冷遇していたジャマイカン少佐が退場してくれたお陰なのかもしれませんね。
ようやくジェリド中尉に良い風が吹いてきたのかなぁって思ったよ(^ω^)

当然ガンダムの世界でも毒ガスの使用は条約で厳しく禁止されているのですけど、
ティターンズとしては地球連邦政府が決めた条約は自分達には関係ないという
スタンスを取ろうとしてました。ホント、酷い連中だよ・・・(´・ω・`)
もうジェリド中尉はティターンズで出世するために悪魔になるつもりですわ。
私にはまだ毒ガス作戦を拒否したヤザン大尉の方がまともに思えましたよ。

zgundam_29-07zgundam_29-08

サイド2の市長は毒ガス攻撃をされては何千万の市民が死んじゃうので
すぐにでもティターンズに降伏をしようとしていましたが・・・
「降伏させるわけにはいかん。ティターンズに歯向かう事の恐怖を知らせんと
この戦争は終わらん。これは1基のコロニーの問題ではない。」

ガディー艦長は完全無視。てかミノフスキー粒子で受信出来ないせいにしてるぅ!?
こういう時にはミノフスキー粒子って便利に使えるんだなぁって思ってしまった(^ω^;)
とにかくティターンズは何が何でも毒ガス作戦をやろうとしてましたわ(汗)

それにしてもこの市長の方もドス黒い!いくら自分の意見に反対したからって
あんな簡単に職員を撃つのが信じられないです。これって逮捕もんでしょ!?
なんでこんな奴がサイド2の市長になれたのか不思議だよ。

zgundam_29-09zgundam_29-10

カミーユのZガンダムが毒ガス作戦を阻止するために先行して出撃してました。
超遠距離からハイパー・メガ・ランチャーを撃っていたので良い腕前だよ。
でもこの武器ってビームライフルよりも威力があるのにあんまり劇中では
使われる事はなかったのが不思議だなぁって今は思ってます。
強いZガンダムに強力な武器を持たせると敵とのバランスが崩れるからかな?

zgundam_29-11zgundam_29-12

アーガマに続いてラーディッシュからもエマ中尉が率いるモビルスーツ隊が出撃!
今回のカツはネモに乗っていました。あのサラとの一件があって反省したのか、
かなり落ち着きを取り戻しているというか、とても冷静に命令を実行してた。
今までのカツとはちょっと見違える様な感じです。一つ大人になったみたいだよ。

zgundam_29-13zgundam_29-14

「貴様がいなければこんな嫌な作戦はやらなくて済んだんだぞ!」
カミーユは毒ガス攻撃を仕掛けようとするハイザックの部隊を補足したのですけど、
それを護衛していたジェリド中尉のガブスレイによって邪魔されてしまいます。
マウアー少尉も護衛しているのでカミーユ1機で阻止するのは難しそうですわ(汗)
今回のジェリド中尉は隊長に任命されたためかいつもよりも気合が入ってるなぁ。

zgundam_29-15zgundam_29-16

カミーユはジェリド中尉に背後を突かれて危なかったのですけど、とっさの機転で
ハイパー・メガ・ランチャーをビームサーベルのように使って斬りつけてました。
Zガンダムって色んな装備や武器の使用法があるので奥が深いモビルスーツだよ。
あとガブスレイも足で敵モビルスーツを掴んだり出来るのが珍しいところですよね。
こういうところはモビルスーツマニアの方にとっては楽しめる要素になってるかも。

zgundam_29-17zgundam_29-18

「ジェリドを死なせはしない!」
「この距離で撃つと自分もやられるぞ!」
さらにマウアー少尉も駆けつけてZガンダムを追い詰めてました。
もう自分も自爆覚悟の上で倒そうとしてたから凄い執念だよ。
ジェリドを守るためなら自分の命は惜しくないと思ってますわ。
こういうシーンが次回での彼女の運命を示唆していたかもしれない!?
とにかくカミーユは危機一髪のところをカツに助けられて良かったよ。

zgundam_29-19zgundam_29-20

「よせ!マウアー!」
「ジェリド!?でも・・・」
「運を呼び込むためには我慢の時もある。」
さらにマウアー少尉が逃げていくZガンダムを追撃しようとしてましたけど、
ここはジェリド中尉が引き留めていました。いつもはジェリド中尉の方が
熱くなるのに、今回は彼女の方が熱くなり過ぎて冷静さがなかったです。
何だかジェリド中尉のセリフを聞いていると少し成長したような気がしたよ。
ジャマイカン少佐には戦力外にされ、またシロッコには囮にもされ、それらの
辛い経験が彼に精神的な強さを身につけさせたのかもしれませんね(^ω^)

zgundam_29-21zgundam_29-22

あと今回のMVPは何と言ってもカツだったと思います!
毒ガスのボンベをしっかりと破壊してたし、それにカミーユを助けてたもんね。
もう誰が見ても申し分ないような働きをしていたと思います。グッジョブだよ。
上でも書きましたけど、今回の彼はとても冷静になっていたと思います。
おそらくサラに騙された事が影響しているものだと思うのですけどね。
そう考えるとサラに裏切られた事は彼にとっては良い事だったのかもしれません。
今回のような戦い方を続けていけばきっと良いパイロットになるでしょうね。

zgundam_29-23zgundam_29-24

あと今回はファが子供達に振り回されていたシーンが見所だったかな。
シリアスな展開ばかりのZガンダムなのでこういうシーンがあると癒されます。
それにファが胸を露にした裸で登場していたので、カミーユだけじゃなく、
男性視聴者なんかも嬉しいハプニングだったかもしれませんね(笑)

関連記事