機動戦士Zガンダム 第27話 「シャアの帰還」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/01/30

機動戦士Zガンダム 第27話 「シャアの帰還」

zgundam_27-01zgundam_27-02
(C)創通・サンライズ

シャアが地球から帰ってくるのでアーガマとラーディッシュが迎えに行くお話です。

zgundam_27-03zgundam_27-04

「こんなオンボロで戦おうって考えには耐えられん!」
「ヤザン!文句があるならZガンダムを倒してから言え!」
ヤザン大尉がハイザックをアレキサンドリアから捨てようとしていました(汗)
古いモビルスーツは役に立たないと思っての事なんですけど、いくらなんでも
捨ててしまうのはもったいない。当然、ジェリド中尉は怒っていました。
ヤザン大尉って戦闘能力は凄いんですけど好き勝手にやってる感じですわ。
だから自分の邪魔に思ったジャマイカン少佐を抹殺しちゃったんですけどねw
ただ古いモビルスーツは役立たずという考え方はシロッコと全く同じでもあるので、
そういう部分において彼はシロッコと馬が合ったのかなぁって思いましたよ(^ω^)

zgundam_27-05zgundam_27-06

「あなたについて行くつもりで来たのよ。死にはしないわ。
あなたが守ってくれるから。」

マウアー少尉はシロッコの誘いを嫌ってアレキサンドリアに赴任していました。
まぁ愛するジェリド中尉がいてるからというのが大きな理由でもありますがね♪
いつの間にやらこの2人って恋人同士の関係にまでなってましたわ。
とりあえずガディー艦長を含めてジェリド中尉もマウアー少尉もシロッコの事を
あまり良く思ってないというのは確かでしょうね。

zgundam_27-07zgundam_27-08

「段取りを考えていたら味方に出し抜かれるって事でね。」
アレキサンドリアがアーガマとラーディッシュらしき艦艇の確認をしている時に、
ヤザン大尉が独断で出撃していました。ガディー艦長も彼に悩まされそうだなぁw
たぶんこういう事もあるからジェリド中尉とマウアー少尉を呼んだんだと思う(^ω^)

zgundam_27-09zgundam_27-10

そのアーガマとラーディッシュは地球から戻ってくるシャアのシャトルを
出迎えるために地球圏へと向かおうとしていました。その頃地球では・・・
「ブレックス・フォーラ准将が亡くなられた今、クワトロ大尉が
エゥーゴをまとめてくださらないと・・・」

ハヤト艦長がシャアにエゥーゴの新しい指導者になって欲しいとお願いします。
でもシャアとしてはエゥーゴやカラバだけじゃなくアクシズの事もあるので、
少々荷が重くなるので大変だから躊躇している感じでしょうか・・・。
とにかく誰かがエゥーゴをまとめなくてはこのまま空中分解しかねないので
シャアが指導者として頑張らなくてはいけないでしょうね。
だんだんシャアがリーダーになるためのフラグが立ちつつありました。

zgundam_27-11zgundam_27-12

ヤザン大尉の部隊が一足先にラーディッシュのモビルスーツ隊と交戦します。
こうして見るとヤザン大尉の方が正しい判断だったとも言えそうです。
もちろん命令もなしに勝手に出撃してたので懲罰ものなんですけどね(^ω^)
エゥーゴもファやカツが命令違反をして出撃するシーンがありましたけど、
ティターンズも似たようなものだなぁって思ってしまうシーンでした(苦笑)

zgundam_27-13zgundam_27-14

続けてアーガマからはモビルスーツ隊を援軍として出撃させていました。
まだカミーユとファの溝が埋まってないので別々に行動させてたみたいです。
パイロット同士の相性なんかも考慮して作戦を立てなくちゃいけないのは大変だw
レクリエーションの意味がよく分かんなかったけど、ただの痴話ゲンカやん(^ω^)

zgundam_27-15zgundam_27-16

ヤザン大尉が戦闘状態に入ったのでジェリド中尉の部隊も出撃していました。
珍しく今回はサラとマウアー少尉がハイザックに乗って出撃していましたけど、
強力なメガランチャーでZガンダムを仕留めようと作戦を立てています。
まぁここはヤザン大尉に古いハイザックでも役に立つんだというところを
しっかりと目に焼き付けさせておきたいところでしょうね!(^ω^)
あとカツがサラの感覚を感じ取って出撃していましたけど、彼もまた
ニュータイプの素質がある事を示すようなシーンでした。

zgundam_27-17zgundam_27-18

「止まれぇぇぇーーーー!!!!!!」
ジェリド中尉がZガンダムの動きを止めようとして戦っていました。
そして動きを止めた上でサラのメガランチャーで倒すつもりです。
でも私はジェリドのガブスレイもフェダーインライフルの火力があるんだから
それを使えばいいのになぁってちょっと疑問に思って見ていました(^ω^;)

「ん!?誰かが見てる!?誰だ!?」
ただカミーユはジェリド中尉の攻撃よりも遠くから狙っているサラの
プレッシャーの方に気を取られていました。
今回もカミーユとサラがお互いに感じ合うシーンがよく描かれています。

zgundam_27-19zgundam_27-20

「どけぃ!ジェリド!!Zガンダムは俺が倒すっ!!」
ヤザン大尉のギャプランがジェリド中尉達の戦いの中に飛び込んできてました。
まぁそのお陰でZガンダムの動きを封じる事が出来たので有り難いところかな。
ジェリド中尉が作戦通りにサラにメガランチャーの発射の合図を送ってました。

zgundam_27-21zgundam_27-22

「撃つなぁぁーーーーーっ!!!!」
「な、何!?」
「撃つのよ!サラ!」
でもサラがカミーユとカツのプレッシャーを感じて撃つのをためらいます。
まぁこの一瞬の間があった事によってZガンダムを仕留め損なう結果になったかな。
サラはニュータイプの感覚がとても鋭いのですけど、それが反対にマイナス要素にも
なっている部分もあるなぁって感じました。

zgundam_27-23zgundam_27-24

戦いを終えるとカミーユがファに話しかけて関係改善を図ってました。
こういう部分は感情的な女の子の方からは言い出しにくい事ですので、
男のカミーユの方から声を掛けてくれると助かるところがあると思う。
基本的に女の子は感情的になりやすいので引きずりやすいですからねぇ(苦笑)
とりあえずカミーユとファが打ち解け合えそうで少し安心しました。

ブライト艦長はシャアから子供達の手紙を受け取って嬉しそうにしてました。
カミーユ達の親代わりは無理かもしれませんけど実の子供達の親の務めは
しっかりと果たしていかないといけませんよね~。頑張ってほしいな(^ω^)
あとそういえばシャアを運んできたシャトルを撃ち落されていましたけど、
もしシャアが一足先に脱出していなかったら危なかったかもしれませんね(汗)
昔から彼は待つ事をしないというか、動き回っている方が好きみたいですわ。
そういう性格が彼に幸運をもたらしているのかなぁって思ったりもしました(^ω^)

関連記事