お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第06話 「まよちき」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/11/10

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第06話 「まよちき」

oniai_06-01oniai_06-02
(C)2012鈴木大輔・メディアファクトリー/おにあい製作委員会

妹(まい)レボリューションだから地球規模の妹革命だよねっ♪

oniai_06-03oniai_06-04

冒頭ではまた変な兄妹の映像が流れてました。今度は一変して洋風な雰囲気!?
秋人のあの小説って色んなシチェーションでシリーズ化されてるみたいです。
神野さんが感嘆するほどの完成度らしいので一回どんな作品なのか見たいよ(^ω^)
とにかく彼女は秋人が本当にシスコンかどうかをまず確かめようとしてました。
私はシスコンでも売れる小説が書けるのだったらいいのでは?って思うけどねw
あんな小説はシスコンじゃなきゃ書けないと思うし(^ω^;)

oniai_06-05oniai_06-06

さっそく神野さんは秋人の寮にまで出向いて調査を始めていました。
もちろん秋人が小説家である事は秘密なので何の仕事なのか内緒にしてました。
特に秋子なんかにバレちゃったりでもしたら絶対危ない関係を迫られるもんねw
あと生徒会長が神野さんにまでギラギラした眼差しを向けて食べようとしてる?w
この人って男女の見境だけじゃなく年上であっても攻めちゃうってところかな?w
とりあえずフランク過ぎるご挨拶でしたわ(^ω^;)

oniai_06-07oniai_06-08

「秋人君って物凄くシスコンだと思いませんか!?」
「思ってますよ。」
「思っているけど。」
「思ってるわ。」
神野さんが秋人本人を目の前にしてストレートにシスコンなのか尋ねていました。
当然、生徒会長をはじめとする女の子達の意見はシスコンということで一致ですw
もう熱力学の第一法則以上にガチガチで証明されているって事みたいですわw
とりあえず周囲の目からは秋人は妹を中心にして生活してるように見られてますw
まぁあんな妹がいればシスコンじゃなくてもシスコンになっちゃいそうだけどねw

oniai_06-09oniai_06-10

そこで次に菅野さんは秋子にお兄ちゃんがシスコンかどうかを尋ねてみますが、
秋子からは意外にもお兄ちゃんがシスコンではないとの返答が返ってきました。
そういえばいつも秋子からお兄ちゃんを誘惑しているようなものだからか・・・。
その辺はきちんと現実を認識してるみたい。妄想ではシスコン設定にしてるけどねw
神野さんは秋子のシャツの文字を見て彼女の方がブラコンだと認識しました。

「お兄ちゃんはもっと頑張ってシスコンになるべきだと思います。」
まぁシャツの文字に気づかなくても秋子のこのセリフを聞けばすぐ分かるけどねw
ホント困った妹だよ(苦笑)

oniai_06-11oniai_06-12

秋子がブラコンなのは明らかだけど、秋人の方は自覚をしてないシスコンかも!?w
もう2人の会話を聞いているとバカップルのような感じに見えるのも頷けますわw
これはきちんと秋人と秋子を正しき兄妹の関係に導かなくちゃいけませんよね。
そういうわけで神野さんは生徒会長や春臣やアナスタシアと協力し合えそうだ。

oniai_06-13oniai_06-14

「お兄ちゃんと心も身体も一つになりまぁぁぁーーすっ♪」
秋子は学校の友達にも包み隠さずにお兄ちゃんへの愛を語ってあげていました。
普通に考えればまさか秋子がお兄ちゃんとの結婚願望があるなんて思わないので、
友達が暖かく見守ってあげようとする反応は当然といったところでしょうか。
勘が良い友達だったらここでシスコンを矯正させないといけないけどね(^ω^)

oniai_06-15oniai_06-16

「お兄ちゃんのアホー!いけずー!(>ω<)」
秋子はお兄ちゃんと別々の部屋に暮らす事になったので悲しんでおりました。
そういえば、この子って前から「いけずぅー」とよく口癖のように言ってますけど、
この関西弁は関西に住んでいる以外の人には分かるのかな?って思った。
一応分からない人は「お兄ちゃんのいじわる~」って言ってると思ってください。
私は普段「いじわるやなぁ」て言うので、あんまり「いけず」は使わないけどね。

oniai_06-17oniai_06-18

秋人が荷物の整理をしている時に思い出の品々を感慨深そうに見つめてました。
もう全てが秋子からの愛情の篭った贈り物といったところでしょうかねぇw
シネコンとシスコンの言葉が似ているという理由でウハウハするのが分かんないw

oniai_06-19oniai_06-20

「大丈夫。僕はちゃんとお前を愛しているからさ。」
ほんの少し愛想よくしてあげるだけで秋子は大人しくなるんだなぁって思った。
とにかくお兄ちゃんは本当は妹の事を大切に思ってあげているのでしょうね(*´ω`*)
ただ秋子はお兄ちゃんが別々の部屋にしたのは夜這いを掛ける楽しみのためと
思い違いをしていたのが凄い。どこをどう見たらそんな発想になるんだ!?(苦笑)

oniai_06-21oniai_06-22

「不束者ですが今日から精一杯お仕事を努めさせていただきます。」
最後に新しい管理人がやって来たのですが、それがとても可愛らしい女の子でした。
秋人とは知り合いみたいなのですけど・・・って、え?婚約者!?どういうこと?
こりゃまた一波乱が起こりだなぁ。特に秋子なんて発狂もんでしょうね(^ω^;)

関連記事