機動戦士Zガンダム 第08話 「月の裏側」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/11/07

機動戦士Zガンダム 第08話 「月の裏側」

zgundam_08-01zgundam_08-02
(C)創通・サンライズ

ジェリド中尉がライラ大尉の敵討ちのためにカミーユに襲い掛かるお話です。

zgundam_08-03zgundam_08-04

カミーユはアーガマの皆に迎え入れられたのですが、正規のパイロットになる事は
拒否していました。
エゥーゴの活動には賛同してても自分が戦う事は嫌なのでしょう。
まぁ元々ガンダムに乗り込んだのも自分を殴った取調官を懲らしめるためだもんねぇ。
ただここで、「はい、そうですか」とカミーユの意見を尊重しちゃったりなんてしたら
この物語が終わっちゃいますのでw、何とかエマ中尉が説得を試みてくれていました。
ちなみにエマ中尉は今回から正式にエゥーゴの一員として加わる事になります。
とりあえずカミーユはエマ中尉の事をちょっとウザく感じているみたいね(^ω^)

zgundam_08-05zgundam_08-06

「私ね。2年半ほど前にアムロ・レイに会った事があるわ。」
エマ中尉は地球にいた時に1年戦争の英雄アムロと会った時の話をしてました。
彼の事をアムロだと認識するようになったのがアーガマに来てからというのが
ちょっと変なところなのですけどね。エマ中尉の見立てでは、アムロは戦いに
疲れていているものの大きな夢だけは持ち続けているという事みたいです。
ここでようやくアムロに関する話が出てきたなぁって思いましたわ。
シャアは最初からずっと登場しているけど、アムロは今どうしてるんだろう?
って1年戦争のガンダムを見てきた人なら普通に疑問に思うはずですもんね。

zgundam_08-07zgundam_08-08

「じゃあシャアには会っているんだ?」
「え?今何て言ったの?」
「『シャアには会いたいでしょ?』と言いました。」
このシーンでは2人ともクワトロ大尉の正体がシャアだと気づきつつある感じでした。
特にカミーユはニュータイプとしての感覚が鋭いのもあって思わず口にしたのかもね。
当然2人の会話を盗み聞きしていたシャアがドキッとしていたのは間違いないです。
まぁ偽名を使ってエゥーゴにいるので知られちゃマズいということなのでしょう。
たとえエゥーゴにも旧ジオン公国軍の残党兵が多く参加しているとはいえね。

それとシャアが地球にアムロがいるという話をどう思ったのか気になるところです。
かつての自分の最大のライバルでもあるのだから色々と思うところは多いはず。

zgundam_08-09zgundam_08-10

「ライラ・・・お前さんが俺を導いてくれれば・・・」
ジェリド中尉はライラ大尉を倒された怒りでガンダムMk-IIに復讐戦を挑みます。
乗っている相手がカミーユであればなおさら闘志がみなぎってくるところかな。
しかし、あまりにもガンダムMk-IIばかりに注目してたから、アーガマを攻撃する
絶好の機会を自ら捨てていたようにも思えたんですけどねぇ・・・(苦笑)
彼はライラ大尉から教えられたようにもっと戦場全体を見ないといけないと思う。

zgundam_08-11zgundam_08-12

「こっちの発進中に撃つバカがいるかっ!?(汗)」
カミーユのガンダムMk-IIとシャアのリック・ディアスが迎撃に出ました。
カミーユが射線上にいてるっていうのに構わず砲撃しちゃうアーガマって酷いw
この辺の連携はまだまだ訓練不足といったところなのかもしれません。

でも、カミーユって冒頭で正規パイロットになる事を拒否していたはずなのに、
何で一番にガンダムに乗り込んで出撃するんだろう?ちょっと矛盾を感じたよ(^ω^;)
アーガマが沈められちゃったら自分が死んじゃうから仕方なく出撃したのかなぁ?

zgundam_08-13zgundam_08-14

「貴様か!?ライラを撃墜したのは!?俺は一騎打ちで貴様を倒すっ!
貴様はライラを知らんだろうが、俺にとっちゃあ師匠なんだ!」

「自分だけが特別だと思うなっ!あの人が喜ぶものかよっ!生き返るのかよっ!」
カミーユとジェリドが戦います。カミーユは重力のある月面上での戦いに少々
手間取っている様子が見られました。これは宇宙育ちだから仕方ないかな。
この辺はまだ地球での訓練経験があるジェリド中尉の方が分がある感じでした。

zgundam_08-15zgundam_08-16

「あの力・・・子供のものじゃない!?何なんだ!?ライラ!」
ただ、カミーユがすぐに月面戦闘に慣れていたのが凄いなぁって思います。
さすがのジェリド中尉もカミーユの適応能力の高さにビビッてましたわ。
もうすっかりカミーユの事をニュータイプだと思い込んでるし・・・。

zgundam_08-17zgundam_08-18

「もらったぁーーーーっ!!!!」
カミーユとジェリドの一騎打ちはとても見応えがあったように思います。
さすがこの作品における最大のライバル同士の戦いだなぁって思ったよ。
とりあえずこの場はシャアの援軍もあったことで、一先ず両者痛み分けで
戦いを終えておりました。今後の2人の戦いに注目です!

zgundam_08-19zgundam_08-20

シャアはエゥーゴに出資協力してくれているウォン・リーと会談してました。
シャアは次の作戦ではグリプスを先に叩こうと思っていたのですけど、ウォンから
地球連邦軍の総本山ジャブローに攻撃を加えろと言われたので仕方なく従います。
まぁウォンがエゥーゴの筆頭株主みたいなものなので言う事を聞くしかなさそうだ。
偉そうに上から目線で喋るのであんまり好感が持てそうもない人なんだけどね(´・ω・`)

とにかくアーガマはウォンの言うとおりにジャブロー侵攻作戦の準備に入ります。
ここで次回に続きます。

zgundam_08-21zgundam_08-22

シャアがアクシズが地球圏に向っている事やハマーン・カーンという人物の情報を
聞いて感慨深そうにしてましたけど、これらはシャアに深く関係している事柄です。
この物語の後半への伏線になっていました。

あと妹のセイラと一緒に写っている昔の写真を眺めているシーンがありましたけど、
あの1年戦争の最終決戦から7年以上も全然会ってないのかなぁ?って思いました。
とりあえず過去を捨てた男でも妹の事だけは忘れずにいてくれてそうですね。
もしセイラが「中妹」や「おにあい」に登場するような性格の女の子だったら、
シャアの生き方が大きく変わっていたのかなぁ?って最近思つつありますw

関連記事