ARIA The ANIMATION 第13話 「その まっしろな朝を・・・」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2015/11/30

ARIA The ANIMATION 第13話 「その まっしろな朝を・・・」(最終回)

aria_13-01aria_13-02
(C)2005天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

皆が広場に集まって新年のお祝いをするお話です。

aria_13-03aria_13-04

灯里がアクアに来て2回目の大晦日を迎えようとしていました。
カレンダーの日付が24月31日というのがアクアらしいところですね。
そんなネオ・ヴェネチアでは皆が集まって年越しするのが風習ですので、
街中の皆がサン・マルコ広場にやって来て楽しく過ごそうとしてました。
もちろん灯里とアリシアさんも一緒に広場までお出かけする事になります。

広場にはすでに暁さんとウッディーさんも来てくれていました。
これは賑やかな年越しになりそうな感じがしましたよ(^ω^)

aria_13-05aria_13-06

「灯里さん。来ちゃいましたぁ♪」
そして遠いマンホームからアイちゃんもネオ・ヴェネチアにやって来てました。
どうやらアリシアさんが灯里を驚かそうとして秘密にしていたみたいです。
メールは灯里とだけじゃなく、アリシアさんとも頻繁にやってるって事かな?

で、灯里はアイちゃんに暁さんの余計な事なんかも詳しく伝えていたので、
暁さんから怒られちゃってたけどね。何でも正直に話す子なのでしょうねw

aria_13-07aria_13-08

アイちゃんは暁さんのお兄さんからガラス製の豆細工を貰っていました。
地球のヴェネチアでは大晦日に幸福を呼ぶ豆料理を食べる事が慣わしなので、
それがネオ・ヴェネチアにも伝わって観光のお土産としても有名みたいです。

暁さんのお兄さんがアイちゃんからおじさんって言われてショックを受けてた(笑)
でも外見ではおじさんにしか見えないのだから仕方ないと思うんだけどね。
実際の年齢はいくつくらいなのかなぁ?って思いました(^ω^)

aria_13-09aria_13-10

藍華と晃さんもやって来ました。当然アイちゃんはすぐに誰なのか分かってました。
晃さんの事を鬼教官って言ってたのが面白い。まぁ間違っていないけどね(^ω^;)
とりあえず灯里はありのままに感じた事をアイちゃんに伝えているのでしょう(笑)

あとアル君が登場していましたけど、
おそらくアニメ版しかご覧になっていない方は誰なのか分からないでしょうね。
彼もまた暁さんやウッディーさんとは幼馴染の男の子でもあります。
以前にもほんの少しだけ藍華と会話しているシーンで登場していたのですけど、
まず初見の方で覚えている人はいないでしょう。この作品に登場する男の子では
私の好きなキャラでもあるのでもっと登場して欲しかったなぁって思いました。
まぁこの事に関しては続編の方で満足させていただくわけですけどね。

aria_13-11aria_13-12

その後、グランマとアリスとアテナさんもやって来ていました。
このように皆が登場するイベントは最終回に相応しい感じがします。
おまけに第4話で登場していた猫少女も姿を見せてくれてたし(*´ω`*)

aria_13-13aria_13-14

ネオ・ヴェネチアの年越しでは使い古した物を投げる習慣がありました。
ウンディーネ達は帽子を投げるのが一般的みたいです。
アイちゃんの方は古いリボンを投げようとしてました。
これは初めてアクアに来た時の記念の品みたいね。

そしてカウントダウンが始まって皆で新年を祝っていました。
「アウグーリオ!ボナーノ!」←イタリア語版「あけおめ」らしいです。
とても賑やかな新年の祝い方だなぁって思いました。

aria_13-15aria_13-16

お餅を食べたりして和風な部分もあったのもネオ・ヴェネティアらしいですね。
とにかく新年は夜明けまで皆でお喋りをしながら楽しく過ごしていました。

aria_13-17aria_13-18

アイちゃんのお姉さんが赤ちゃんと連れて来ていました。
赤ちゃんの名前がアクアちゃんと名付けられていました。
アクアの星が大好きなお姉さんの愛情が込められてますね。
きっとこの星のように綺麗で素敵な子に育つと思います(^ω^)

aria_13-19aria_13-20

新年のお祝いの最後に皆が海に向かって初日の出を見ていました。
暁さんとウッディーさんは遊び疲れて寝ちゃってたんだけどね(笑)
とにかくまた心機一転この1年間も楽しく暮らして欲しいなぁ。
最終回に相応しく今後の明るい未来を感じさせるお話でした。

aria_13-21aria_13-22

最後は灯里とアリシアさんがゴンドラに乗っているシーンで締めてました。
アリシアさんが灯里の事を家族として受け入れてくれてたので、灯里としては
とても嬉しいでしょうね。このアクアに初めて来た時は一人で不安を感じる事も
あったはずなので、アリシアさんの存在は灯里にとって大きかったと思います。
とりあえずこれからもアリシアさんと一緒に楽しく暮らしながらプリマの練習に
励んでいって欲しいなぁって思います。とても良い締めくくり方でした♪

aria_13-23aria_13-24

★総評★
原作既読者の私としては原作の雰囲気を忠実に再現してくれるかどうかだけが
不安だったのですけど、実際にアニメ版を見てみると安心させて頂きました。
キャラクラーの描写も原作通りですし、音楽なんかも癒されるような曲ばかりで
原作の雰囲気をとても上手く再現してくれていたなぁって感じました。
ここまで心を癒してくれて、優しい気持ちにさせてくれるようなアニメ作品は、
このARIAが一番ではないかなぁって思うくらい素晴らしい出来栄えでした♪
美少女アニメ作品でも、エロ萌えとかドタバタコメディとして描くだけではなく、
この癒しの雰囲気でも描けるんだという事を証明してくれたのは大きいかな。
今後もARIAみたいな美少女アニメに出会いたいなぁって願ってます。

関連記事