ARIA The ANIMATION 第07話 「その 素敵なお仕事を・・・」 - アニメとゲームと恋の楽園
2015/11/07

ARIA The ANIMATION 第07話 「その 素敵なお仕事を・・・」

aria_07-01aria_07-02
(C)2005天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

灯里達が晃さんから直接ゴンドラの実地指導を受けるお話です。

aria_07-03aria_07-04

晃さんからゴンドラの指導を受けられるという事で灯里は嬉しそうにしてました。
三大妖精の1人から直接指導を受けられるなんてとても貴重な体験ですからね。
それなのにアリア社長とかくれんぼして遅刻するなんて灯里はまったりし過ぎだよw
あと藍華だけはアリシアさんに指導してもらいたかったようですけどね~ww
当然、2人とも晃さんから怒られていましたわ(^ω^)

aria_07-05aria_07-06

晃さんがお客さんを御もてなしする姿はさすがプロのウンディーネといった感じ。
灯里達は晃さんの作法を間近で見ているだけでもかなり勉強になりそうですね。

aria_07-07aria_07-08

ウンディーネのお仕事には、お客さんを乗せる観光案内だけじゃなく、
劇場チケットの予約サービスまで幅広くあるんだなぁって思いました。
これなら遠くからウンディーネに会いに来ようとするのも頷けます。

あと、女性客の方は晃さんのゴンドラに乗れる事をとても楽しみにしていたけど、
恋人の男性客の方はウンディーネのゴンドラに乗る事自体面白くなさそうだった。
デートなんだからそんな不機嫌そうな顔をしていると彼女に嫌われちゃうのになぁ。
素直に楽しめば良いのになぁって思いましたよ(´・ω・`)

aria_07-09aria_07-10

晃さんはガイドブックにも載ってないレアな名所まで案内してあげてました。
こういう事はネオ・ベネチアを隅々まで知り尽くしてないと出来ないでしょうね。
だから晃さんはトップクラスのウンディーネの看板を張れているのかもしれません。

aria_07-11aria_07-12

目的地に到着したのでお客さんを降ろそうとすると、女性客が午後も引き続き
乗りたいとお願いしてきました。男性客の方は乗りたくないと言ってたけどね。
晃さんは午後は灯里達を指導する予定だったので断ろうとしますが、女性客は
お客役として乗ってあげる事を申し出てきたので仕方なく受け入れます。
まぁ男性客の方がウンディーネは誰でもなれる簡単な仕事だと言ったものだから、
晃さんがちょっとキレちゃったというのもあるんでしょうけどね(^ω^)

aria_07-13aria_07-14

「よーし!!じゃあ個別に実地訓練を開始する!!」
もう実地訓練をする時の晃さんはお客さんがいても全く容赦がなかったです!
灯里や藍華とアリスは晃さんの「すわっ!」を連発させて絞られてましたわ(笑)
お仕事中のあのにこやかな表情はまさに営業スマイルといった感じなのでしょう。
当然、お客さん役のカップルはかなりドン引きしちゃってたけどね。
これでウンディーネの世界の厳しさをよく悟った事でしょう(^ω^;)

aria_07-15aria_07-16

「いいかお前ら。プリマになったら誰も助けてはくれないんだ。
自分のミスは自分でフォローするんだな。」

満潮時には橋を通れなくなるのでウンディーネにとっては一番難しい時間帯。
そこで灯里達は何とか通れる場所を探そうとしますがもうお手上げ状態でした。
晃さんは厳しい言葉を投げかけていましたけど正論でもありますよね。
どの場所が通れるのかも把握しておく事も重要だということなのでしょう。

aria_07-17aria_07-18

「とにかくお客様のために今出来るベストを尽くす!」
藍華が先頭に立って灯里にゴンドラの進路方向を指示していました。
真っ暗な通路を通っていたのですが障害物は藍華が足で遠ざけてました。
あと灯里の超スローペースな漕ぎ方もこういう時には役に立つわけね(^ω^)
アリスもまた扉の鍵を開ける事に成功させていたので、まさに3人が力を
合わせて脱出に導いていたようなシーンでした。

aria_07-19aria_07-20

灯里達は大きなミスをしたので怒られるものと思っていたのですけど、
晃さんはもう3人とも反省しているからと言って怒らなかったです。
それに夕食にピザまで奢ってあげてたしとても優しいところもありました。
彼女の厳しい指導は灯里達のためと思っての愛のムチなのでしょうね。
それくらい晃さんは灯里達の事を大切に思っているんだと思います。
ウンディーネは本当は厳しいお仕事だという事が分かったお話でした。
華やかそうに見える世界だけど色々と苦労もあるのでしょうね。

関連記事