TARI TARI 第13話 「晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2012/09/24

TARI TARI 第13話 「晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり」(最終回)

taritari_13-01taritari_13-02
(C)tari tari project

合唱部が音楽劇で最高の感動を届けてくれました!

taritari_13-03taritari_13-04

日曜夜のお楽しみ番組だったTARI TARIも最終回を迎えてしまいます。
これが最後なので張りきって感想を書いていきたいなぁって思います。


合唱部の皆は学園祭での音楽劇を強行決行しようとしていたわけですが、
もちろん学校側は工事をするために校内への立ち入りを禁止してました。
それでも校門を乗り越えて準備しようとするのは流石だなぁって思ったよ。
来夏は校門の狭い隙間を潜り抜けようとしてたのでしょうか?w
いくら幼児体型の来夏でもそれは無理というものでしょうねw
こんな事を書いたら来夏に失礼かな?(^ω^;)

taritari_13-05taritari_13-06

しかし運悪く理事長に校内に立ち入ろうとしているところを見られてしまいました。
もちろんこの理事長は工事を推し進めたいので注意するわけなんですけどね。
もう将来の進路に響くと言って圧力をかけるなんて意地悪にも程がある!(´・ω・`)
何が教育なんだろう!?逆にこのおっさんに教育を教えてやれ!って思ったよ。
とにかく今の立場では来夏達が断然不利な状態でした(汗)

taritari_13-07taritari_13-08

「やりなさい。文化祭。私が許可しよう。」
でも!ここで校長先生が職を辞する覚悟で来夏達を守ろうとしてくれてた!
声が上ずりながらも理事長に意見する姿にちょっと感動しちゃったよ。
さらにキレて理事長に取っ組み合いまで始めちゃったし凄かったなぁ!
もうグレートティーチャー校長と言ってもいいかもしれない!(^ω^)

taritari_13-09taritari_13-10

「校長先生の解雇手続きが終わっている頃には文化祭も終わっているでしょう。」
さらに教頭先生までも理事長の意向を無視して合唱部をサポートしてくれました。
最初はこの人がラスボスだと思っていたけど良い先生だったんだなぁって思ったよ。
とにかく校長先生のクビ一つで文化祭が出来るのだから安いものですよね!w
ちょっと可哀相もするけど校長先生も覚悟の上で犠牲になってくれたのだから、
これは何が何でも成功させなくちゃいけないでしょう!頑張ってほしいな!(^ω^)

taritari_13-11taritari_13-12

声楽部と吹奏楽部も音楽劇のサポートとして頑張ってくれていました。
あの声楽部の部長さんも陰ながら応援してくれていたみたいですね!
今までの事があったのでまだ心からは打ち解けられていない感じですけど、
一緒に音楽劇を成功させようという心意気は感じられたので良かったよ!
何かこういうのを見ているとワクワクしてくるような感じでした。

taritari_13-13taritari_13-14

そしてついに音楽劇の本番が始まりました!最初、リハーサルを1回だけやると
言ってたので、私は途中までリハーサルなんだと勘違いして見てました(苦笑)
それにしてもこういう野外でやるような音楽劇というのも風情があって良い♪
マイクや音が跳ね返る壁がない分、声がストレートに観客に届く感じもするし。

taritari_13-15taritari_13-16

合唱のパートに入ると和奏だけじゃなく来夏や紗羽もとても上手に歌ってました。
部活で合唱の練習しているようなシーンはあまり見られなかったのですけど、
これはただ描かれていないだけで一応真面目に練習をしてきたのでしょうね(^ω^)

taritari_13-17taritari_13-18

声楽部や吹奏楽部の生徒達も素晴らしい音を奏でてくれていました♪
教頭先生の指揮や上野さんの演奏もとても熱が入っててナイスだよ!

taritari_13-19taritari_13-20

和奏達の家族や地元の人達もたくさん見に来てくれていましたし、
これはもう大成功と言っても良いでしょうね。よく頑張ったよ。
この音楽劇のシーンだけでも繰り返して見てしまいたくなるような、
とても素晴らしい歌声と描写だったように思いました♪(*´ω`*)

taritari_13-21taritari_13-22

音楽劇も終わり、5人それぞれが次の目標に向かって歩み始めようとしてました。
紗羽は日本よりも条件の緩い外国の騎手になる事を目指して海外留学します。
これはかなり遠回りだけど、まだ夢が叶えられそうなので良かったと思う。
あと、大智君は寂しさを我慢できずに予想外の告白モードに入ってたのかな!?
わぁ~♪どんな事を言ってたのかとても気になるわ~!(^ω^;)

taritari_13-23taritari_13-24

「卒業してからも色々と相談に乗っていただけませんか?」
「私は音楽教師ですから。」
和奏は音楽の道を突き進むみたい。教頭先生に進路指導をお願いしてました。
教頭先生は和奏のお母さんの歌声などに劣等感を感じていたようですけど、
音楽の道を指導する事に関しては教頭先生の方が優れていると思われます。
音楽への携わり方は人それぞれ自分の道があってもいいような気がします。
おそらくその点を教頭先生は悟る事が出来たのではないかなぁって思いました。

taritari_13-25taritari_13-26

最後に皆が無事に高校を卒業して大学生活を過ごしている様子が描かれていました。
まだ将来の目標には道半ばですけど少しずつ前へと歩んでいってる感じがします。
これからも色々と苦しい事があるかもしれませんが、その時には合唱部で皆と一緒に
歌って頑張ってきた事を思い出して自分達の励みにして欲しいなぁって思います。
皆に明るい未来がある事を伺わせるような終わり方だったので良かったです。

ん?そういえば校長先生はあのまま退職になったのかな?学校も廃校だよね?
その点だけがちょっと気になったんだけど・・・まぁ細かい事はいいかなw

taritari_13-27taritari_13-28

★総評★
とても綺麗な終わり方だったように思います。感動もしたし、もう大満足でした。
各キャラクターの個性がはっきりと描かれていた点はとても好感が持てました。
女の子達に比べて大智君やウィーン君の描写がやや弱い印象も受けましたけど、
あくまで女の子達3人に重点が置かれていたと思えば納得できそうです。
面白くて笑ったり、シリアスでハラハラしたりととても楽しませて頂きました。

関連記事

トラックバック

TARI TARI 第13話 「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray](2012/10/03)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る  沖田紗羽は海外の騎手になるための学校に留学。 見送り時...

(アニメ感想) TARI TARI 第13話 「晴れたり泣いたり あとは時々歌ったり」

投稿者・鳴沢楓 TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray](2012/10/03)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週