ゆるゆり♪♪ 第12話 「さらば主人公、また会う日まで」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2012/09/18

ゆるゆり♪♪ 第12話 「さらば主人公、また会う日まで」(最終回)

yuruyuri2_12-01yuruyuri2_12-02
(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部

アンコールが沸き起こる中、あかり達ごらく部の物語が幕を閉じます!

yuruyuri2_12-03yuruyuri2_12-04

今回は、京子がちょっとしたイタズラをするシーンから始まっていました。
あれ?いつものタイトルコールは?最終回なのにあかりはホント不憫な子だよw
でもあかりが京子達に大切に可愛がられている事が分かったので良かったです。
あかりは天使のような清らかな心を持った女の子だったのでしょうね♪
とにもかくにも今回が最終回!どんな感動を届けてくれるのか楽しみでした(^ω^;)

yuruyuri2_12-05yuruyuri2_12-06

何かごらく部の皆が変わった玩具?みたいなもので遊んでいましたわ。
流行って・・・そんなのあったっけ?聞いた事も見たことも無いよ(^ω^;)
とりあえず、あかりのおでこにあざが付いちゃって可哀相だと言っておこうw
あとちなつのブラックホールなツンインテールが不気味だったよ~w

yuruyuri2_12-07yuruyuri2_12-08

何の前触れもなくいきなり京子達が文化祭の劇で白雪姫を演じてました(苦笑)
京子もあれだけど、松本生徒会長を配役した時点でちょっと問題あると思うw
でも観客として楓ちゃんやまりちゃんが登場していたのでその点では良かったよ♪

yuruyuri2_12-09yuruyuri2_12-10

千鶴も最終回なのでかなり目立って登場していました!
もう限りなく本物にしか見えない銃をぶっ放していたんだけどねw
京子はそろそろ千鶴に嫌われている事を悟った方が良いと思うw

yuruyuri2_12-11yuruyuri2_12-12

他のあかり達は7人の小人役で登場していました。
特徴がないのが特徴って可哀相な紹介をされてて笑っちゃったw
とりあえず皆の特徴をよく捉えた紹介だったと思います(^ω^)
それにしてもこの白雪姫って花のダンボールを食べたり、プリンを
食べたりと結構食い意地の張った白雪姫だなぁ・・・(苦笑)
もう普段の京子を地で演じているようにしか見えなかった(^ω^;)

「うちの生涯にもう何の悔いもないでぇ~♪」
千歳はこういう時でも自分の欲望のままに妄想を繰り広げてたみたいw
メガネ妖精がメガネを外しちゃいけないのにねw
それと、あかねお姉さんはさすがに抜かりはありませんね~w
あれだけの機材をどうやって持ってきたんだろう!?w
とにかくあかりはせっかくステージに立っているんだからスポットライトの
当たっている所に立たないといけないですよね!お姉ちゃんも撮ってるんだしw

yuruyuri2_12-13yuruyuri2_12-14

結衣が1人2役で王子様役でも登場していました。
お約束のキスもしてた。ちょっとしたアクシデントではありますがね。
でも一応これも百合アニメだからこういうキスもなくっちゃ♪(笑)
綾乃とちなつだけは納得できないご様子だったけどね~w
もうあかりが可哀相だった。でもこういう形でも目立てたから良いのかな?w

yuruyuri2_12-15yuruyuri2_12-16

もう最後の方は何がなにやらワケわかんない展開だった(苦笑)
凄いオリジナリティに溢れた白雪姫の劇だなぁって思った。
まぁ最後はあかりが主人公らしく扱われてた?から良しとするかなw

yuruyuri2_12-17yuruyuri2_12-18

まさか最終回をこういう締め方にするとは思わなかったです。
でもこの方がごらく部のメインキャラだけじゃなく、他のサブキャラの
皆も登場できていたので良い演出だったと思います(^ω^)
アンコールの歓声の中で終わっていたので3期に期待したいなw

★総評★
1期の雰囲気をそのままにこの2期でも大変楽しませてくれました♪
空気だったあかりにスポットを当てたお話があったりしたので良かったです。
あと意外にも向日葵と櫻子の2人が中心の話なんかも多かった感じでしょうか。
その分、1期ではハチャメチャぶりを発揮していた京子が、この2期では若干
大人しい印象を受けましたけどね。彼女が空気になってた話があったくらいだし。
とりあえずこの作品が時系列に関係なく描かれている事がよく分かりましたのでw、
これからは某国民的アニメのように永遠と続けてもらいたいなぁって思います(^ω^)

関連記事