ゆるゆり♪♪ 第11話 「時をかけるあかり」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/09/11

ゆるゆり♪♪ 第11話 「時をかけるあかり」

yuruyuri2_11-01yuruyuri2_11-02
(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部

あかりがタイムワープしちゃって大!事!件!?(笑)

yuruyuri2_11-03yuruyuri2_11-04

今回のタイトルコールではあかりが主役に抜擢されて大喜びしてました(笑)
1期の頃は京子先輩達の影に隠れがちだったし、この2期では向日葵と櫻子コンビに
スポットライトが当たっちゃってるからそろそろあかりも目立っておかないとねぇw
・・・ということで、あかりがワクワク張り切りながら始まってました(^ω^)

yuruyuri2_11-05yuruyuri2_11-06

ごらく部の皆が部室の掃除をしていたらタイムマシーンらしき物体が出てきた!?
そしてあかりがバタバタしてると発進スイッチを押しちゃってタイムスリップ~♪(笑)
「アッカリ~ン」っていうのがこういう場面でも活用されちゃってて面白いw
今回はOPを飛ばした状態で始まっていたので特別な雰囲気が感じられましたよ。

yuruyuri2_11-07yuruyuri2_11-08

あかりはすぐに1年前にタイムスリップした事に気づいていました。こりゃ大事件だw
しかしまだ1年しか経ってなかったというのが何とも不思議な感じがするなぁ・・・。
もう何回もクリスマスやら修学旅行やらを迎えていたような気もするのでw、
中学の入学式が何年も前の出来事のようにも思えちゃいますわ(苦笑)

yuruyuri2_11-09yuruyuri2_11-10

あかりは過去の自分の失敗を打ち消そうとしますが、またまた寝坊しちゃって
失敗してましたw ここは先ず未来に戻る心配を考えるべきでしょ!(苦笑)
今回はあかりの泣いたり笑ったりと百面相な表情が描かれてて良かったです♪w

yuruyuri2_11-11yuruyuri2_11-12

あかりにとって助かったのはお姉ちゃんがタイムスリップを信じてくれた事かな。
あかりの言う事なら何でも信じてくれるなんてとても優しいなぁって思います。
しかし、このお姉ちゃんを見てるとどこか裏心がある感じがするので怖いけどねw
たった2mmの身長の変化まで見破るくらい鋭い観察力があるくらいだし(^ω^;)

yuruyuri2_11-13yuruyuri2_11-14

次は自己紹介での失敗を阻止しようとするのですけど、これも上手くいきません。
櫻子には効果があったみたいですけどね。そんな過去の失敗を心配するよりも
自分が未来に帰れるかどうかを心配する方が重要だと思うんだけどねぇ(苦笑)
とりあえず過去の失敗を打ち消した状態で未来に戻りたいということかな?
でも今も昔もあかりは失敗する運命の元にあるというのは何となく分かったよw

yuruyuri2_11-15yuruyuri2_11-16

あかりのお姉ちゃんの部屋が綺麗さっぱり女の子らしい部屋に変わってた。
一瞬1年前のお姉ちゃんはまだシスコンに目覚めてないのかなぁ?って思ったよ。
でもこれはあくまであかりに気づかれないためのカモフラージュでしたわw
あのキスマークいっぱいのあかりの抱き枕も1年前から存在してたわけねw
今のお姉ちゃんは可愛い妹が2人に増えて天国気分を味わってる感じでしょうかw

yuruyuri2_11-17yuruyuri2_11-18

一緒に寝る時にお姉ちゃんがとても良い事をあかりに語ってあげていました!
寝ているあかりを襲うんじゃないかと邪な目で見ていた私は少し反省しますわ(^ω^;)
それに過去の思い出を振り返りながら挿入歌が流れるシーンはちょっと感動です♪
たまにこういう感動的な部分も描かれるのがこの作品の良いところですね!
とにかくここでのお姉ちゃんの言葉があかりの心に大きく影響を与えていたかな。

yuruyuri2_11-19yuruyuri2_11-20

結局タイムマシーンはただの電池切れで動かなかっただけみたいです。
そんな乾電池1本で動くタイムマシーンなんて信じられないよ(苦笑)
今回は西垣先生と松本会長も登場してくれて良かったです。
この2人もあかり同様にあんまり存在感がなかったですからねぇ。

yuruyuri2_11-21yuruyuri2_11-22

「存在感は未来で勝ち取ってみせるよ。」
わぉ!あかりのこのセリフを聞いた時は素晴らしいなぁって思いました!
あかりは過去に来た事でちょっと成長したんじゃないでしょうか?
その気持ちを忘れずに未来に戻っても頑張って欲しいなぁって思うよ。

yuruyuri2_11-23yuruyuri2_11-24

あかりが未来に戻ってくると、皆があかりを探そうとしてくれてました。
やっぱり皆はあかりの事を大切な存在だと思ってくれてるんだねぇ~♪
ホント・・・ここで終わっていればまさにあかりが主役にだったのにw

yuruyuri2_11-25yuruyuri2_11-26

そしてお約束のオチはというと、ただの京子の創作紙芝居の話だったわけねw
せっかくあかりが主役として頑張っていたのにちょっと可哀相だなぁw
これにめげずにあかりには本当の主役になれるように頑張ってほしいです!(^ω^)

今回は珍しくあかりが主役のお話だったのでとても満足させていただきました。
この2期ではちなつだけじゃなく向日葵と櫻子のコンビにまで存在感が負けてる
印象があったので、このお話で少しでも主役らしさを挽回できて良かったです。
ぜひ最終回もあかりが主役として有終の美で締めくくって欲しいと思います♪

関連記事

トラックバック

ゆるゆり♪♪ 第11話 「時をかけるあかり」

ゆるゆり♪♪ vol.2 (初回限定仕様) [Blu-ray](2012/10/17)三上枝織、大坪由佳 他商品詳細を見る  西垣奈々先生作?のタイムマシーンに乗ってしまった赤座あかり。 どうやら過去に

ゆるゆり♪♪ 第11話「時をかけるあかり」

タイムマシンネタどころか夢オチですらなくって、京子作の単なる紙芝居 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/yuruyuri/akarin2_11/