魔法少女リリカルなのは 第13話 「なまえをよんで」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2013/11/14

魔法少女リリカルなのは 第13話 「なまえをよんで」(最終回)

lyricalnanoha_13-01lyricalnanoha_13-02
(C)なのはPROJECT

なのはとフェイトが本当の友達同士になれたお話です。

lyricalnanoha_13-03lyricalnanoha_13-04

フェイトはプレシアがアリシアと共に虚数空間へと落ちていってしまったので
呆然となってました。時の庭園が崩壊しているのでこのままでは危険な状態(汗)
もしかするとフェイトはお母さんと一緒に自分も虚数空間へ身を投げようとする
気持ちが少しはあったのかもしれません。本当のところは分かりませんけどね。
でもなのはが差し伸べてくれた手によってフェイトは自分は生きようと心に
決めていた
事だけは確かでしょう。死ではなく生を選んでくれて良かったよ。
とにかくこの「魔法少女リリカルなのは」の物語もこれで最後を迎えます。
なのはやフェイト達が今後どのような生活をしていくのかが気になるところです。

lyricalnanoha_13-05lyricalnanoha_13-06

時の庭園での戦いを終えた後、なのはとクロノが傷の手当をしてもらってました。
こういうシーンを見ていていても、とても激しい戦いだった事が伝わってきます。
・・・と言いたいところなのですが、クロノへの包帯の巻き方が可愛らしいw
当然、クロノは巻き直すように言ってましたけどね~。

lyricalnanoha_13-07lyricalnanoha_13-08

今回の事件の解決のために頑張っていたなのはは感謝状を受け取っていました。
もう緊張のし過ぎでカチコチに固まっていたのが面白かったかな(^ω^)
この子ってあんまり緊張とかしない性格に見えてたのでちょっと意外だなぁ。

lyricalnanoha_13-09lyricalnanoha_13-10

フェイトは次元干渉犯罪の重要参考人としてアースラの艦内に隔離されてました。
もちろんなのははフェイトの今後の処遇について心配していたのですけど、
ここでクロノが自分が何とかするから大丈夫だと言ってくれてましたわ。
まぁフェイトはお母さんの命令に従っただけというのもあるのだから、何百年も
幽閉されるような厳しい罰を与えられたらちょっと可哀相な部分もあるよねぇ。
とりあえずクロノがなのはから優しいと言われて顔を真っ赤にしてて可愛いかったw

lyricalnanoha_13-11lyricalnanoha_13-12

任務が終了したのでなのははクロノ達とお別れする事になりました。
クロノの表情なんかを見るとちょっと寂しそうだったかな(^ω^)
やっぱり心の中ではなのはの事を想っているのかもしれませんね。
この作品では恋愛関係の話があまりなかったのでちょっと気になります。

lyricalnanoha_13-13lyricalnanoha_13-14

なのはは久しぶりに家族や学校の友達と再会して喜びの笑顔を見せていました。
厳しい戦いが続いていた事を考えるとやっと平穏な生活に戻れた感じですね。
そして家に帰ってくると今まで感じなかった疲れも出てきたのでしょう。
もう疲れきった感じでベッドの上にバタンと倒れ寝込んじゃっていました。
こんな彼女の姿を見るとユーノも感謝の気持ちでいっぱいといったところかな。

lyricalnanoha_13-15lyricalnanoha_13-16

なのははフェイトが裁判で無罪になる可能性が高いと伝えられて喜んでいました。
これもクロノが頑張って無罪になる証拠を集めてくれたお陰といったところかな。
それにフェイトがなのはに会いたいと言ってくれている事も嬉しいのでしょうね。

事件が解決したとはいえフェイトの事がどうなるのかが分からず不安だったので、
これでようやく本当のハッピーエンドを迎えられそうな雰囲気でした。

lyricalnanoha_13-17lyricalnanoha_13-18

なのははフェイトが旅立つ前に最後に会ってお話する事になりました。
普段着を着ているフェイトって初めてなのでとても新鮮な感じがします。
あと今まで敵同士だった事もあって最初は2人とも上手く言葉が出てこない。
でもフェイトからの「友達になりたい」という言葉で一気に弾み始めてた。
フェイトの普段の話し相手といえばアルフくらいだったので、どうすれば
友達関係を築いていけるのか分からない部分もあるのでしょうね。

lyricalnanoha_13-19lyricalnanoha_13-20

なのはは、友達になるには相手の名前を呼べば良いと教えてあげていました。
そしてフェイトがなのはの名前を呼んで、なのはが笑顔で返事を返してました。
なのはが流す涙なんかを見ていると感動が伝わってくる感じがしましたよ♪(*´ω`*)

「一つ分かった事がある。友達が悲しいと同じように自分も悲しいんだ。」
もうフェイトのこの言葉からもなのはと本当の友達になれた事が伺えました。
2人が抱き合う姿も良いよ♪普段の私なら「キマシたわ♪」って喜ぶところだけど、
このシーンでの2人の様子はそういう不純な気持ちでは見れないです(^ω^;)
それほど素敵なシーンだったと思います。

lyricalnanoha_13-21lyricalnanoha_13-22

「ありがとう。なのは。」
「うん。フェイトちゃん。」
お別れする時に思い出の餞別としてお互いのリボンを交換していました。
それに再会を誓っていたので、いつかまた仲良く会える日が来るといいですね!

「なのははホントに良い子だねぇ。フェイトがあんなに笑っているよ(>ω<)」
アルフもなのはに涙を流して感謝してました。ある意味、アルフの方が
皆の中では一番苦労していたように思えるので本当に良かったと思う。
これからはフェイトと共に幸せな生活への一歩を踏み出して欲しいです。

lyricalnanoha_13-23lyricalnanoha_13-24

最後はなのはがフェイトやクロノ達とお別れするシーンで幕を閉じていました。
それにそばにはユーノがいてくてるし、学校ではアリサやすずかとも会えるので、
なのはもこれからまた日常生活の方で楽しく暮らしていって欲しいな。
最終回は暖かさを感じるような終わり方でしたのでとても良かったです。

★総評★
全編を通じて見るとストーリーの流れが無駄なくスッキリしていた印象です。
特に複雑に感じる要素もありませんでしたので純粋に物語を楽しめました。

関連記事