TARI TARI 第04話 「怒ったり 踊ったり」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/07/24

TARI TARI 第04話 「怒ったり 踊ったり」

taritari_04-01taritari_04-02
(C)tari tari project

音楽はいつも共にある♪というお話です。

taritari_04-03taritari_04-04a

いつも冒頭ではメインキャラの幼い頃が少しだけ描かれていますけど、
特にストーリーに大きく関わってくる描写ではなさそうな感じですね。
これは簡単なキャラ紹介の一環かな?みんな可愛いらしいくて良い♪
今回は幼い紗羽が馬に乗るシーンが描かれていましたが、彼女が馬好きに
なったのはこのハプニングがきっかけといったところでしょうか?(笑)

以前から私のブログでは競馬関連の記事をよく書いておりますけど、私も
動物の中では馬が一番好きなんですよ♪小さい頃、お父さんに競馬場に
よく連れて行ってもらったきっかけで、お馬さんが大好きになったんです♪
たくさんの馬が全速力で走る姿を間近で見るとめっちゃ興奮します♪(^ω^)
そうなわけで紗羽に対して親しみを感じるので一番好きなキャラになりそう♪

taritari_04-05taritari_04-06

来夏達の合唱に合わせて伴奏してくれた2人のおじさんの正体が明かされてました。
コンドルクインズは来夏が大好きなバンドなので大喜びといったところですね。
でもプロの人を地元の小さな音楽祭に参加してもらうのってちょっとズルくない?
まぁその前に「勝てるわけないもん♪」ってその心構えが一番問題かな(苦笑)

taritari_04-07taritari_04-08

とにかく和奏を追い掛け回していたストーカーもコンドルクインズのメンバーだと
分かったのでひとまず安心です。あと和奏のお母さんとも交流があったようです。
校長先生達も和奏のお母さんの事に触れていたりしていたので、和奏のお母さんが
この物語に深く関係してくるかもしれませんね。

taritari_04-09taritari_04-10

コンドルクインズのおじさん達が和奏のお母さんのお墓の前で演奏していました。
このシーンでは陽気で明るいおじさん達の姿とは正反対だったので、それが余計に
心に響いてくるような演奏に聞こえました。ちょっと良いシーンだったかな。
この作品ってこういうメリハリを利かせる部分もあったりして好きです。

taritari_04-11taritari_04-12

来夏が合唱部の練習を休んでコンドルクインズの演奏を聴きに行こうとしてました。
そんな自分勝手な来夏に対して紗羽が厳しく怒っていました。こりゃ当然だよね。
部長自らそんな態度では絶対に上手く歌えるようになるわけがないと思う(苦笑)
この部に紗羽がいてくれてホント良かったよ。もう紗羽が部長をやればいいかも。
少なくとも紗羽の方が来夏よりもしっかりしているのは確かなんだもん(^ω^;)

taritari_04-13taritari_04-14

「・・・卒業しても歌は続けられる。けどそれは今とは違う。
今のメンバー、今の気持ち、今の歌は今しか歌えない。」

来夏はコンドルクインズのおじさん達の話を聞いて心を改めていました。
たしかに高校を卒業すれば友達と会えなくなるかもしれないですからね。
来夏が今の合唱部のメンバーと歌いたいのであれば続けるしかないと思う。
そんな彼女ですが猪突猛進な性格もある一方で、人の話を冷静に聞いた上で
もう一度考え直すという良い部分も持ち合わせていそうな感じもしました。

taritari_04-15taritari_04-16

和奏が「心の旋律」の楽譜を取り出して昔の思い出に浸っていました。
この曲もお母さんと関係がありそうなのですが、まだ明らかにはされていません。
あの教頭先生の意味深な反応を見る限りではただの創作曲ではなさそうですがね。
とにかく和奏が歌を歌えるような気分になるにはまだ程遠いといったところかな。

taritari_04-17taritari_04-18

来夏は別のお店から推薦してもらって音楽祭に出場しようとしていました。
紗羽のお母さんからも後押しがあったのでやる気十分といったところです。
お尻を叩いたりするのって紗羽のお母さんも一緒なんだ(笑)
まぁ馬を飼っているくらいだから尻を叩くのはお手のものなのでしょう(^ω^)
あと来夏は走っている姿がちょっと似合うなぁって思いました。

taritari_04-19taritari_04-20

和奏が来夏達が音楽祭に出場できるように手を回してあげていたのが良い♪(*´ω`*)
まだ歌う事は出来ないけど、サポートだけはしてあげようとしてるのかもね。
前にも少し書きましたけど、彼女は音楽全体を嫌っているというわけではなく、
あくまで歌う事だけを躊躇っているのでしょう。その理由が早く知りたいなぁ。

そんなこんなで来夏は紗羽ともう一度一緒に頑張れそうな雰囲気になってました。
「参加賞なんかいらない!人気投票を勝ち抜いて、メインステージで歌おう!」
気合入れだけは決まっていたけど、最後だけ合ってなかったのが面白かったです。
まだ意思疎通は不十分なのかもしれませんね。

taritari_04-21taritari_04-22

和奏はコンドルクインズおじさん達からお母さんの手紙を受け取っていました。
先ほどは来夏がこのおじさん達から皆と歌う大切さについて教えられていたけど、
和奏もまたおじさん達の話を聞いて音楽への触れ合い方を教えられたかもね。
今後2人が音楽と向き合っていくために重要な出会いになったと言えそうかな。

taritari_04-23taritari_04-24

合唱部は音楽祭の本番で少ない観客にもかかわらずちゃんと踊って歌っていました。
こんなパフォーマンスをするとは思わなかったのでちょっと笑ってしまいましたわ。
でも海で開かれる音楽祭には良い選曲だったと思います。
で、結果はどうだったんだろう?やっぱりコンドルクインズが優勝したのかなぁ?

taritari_04-25taritari_04-26

最後は一緒に写真を撮ってお疲れ様~♪といった感じで終わっていました(^ω^)

この作品に登場する3人の女の子は仲が良過ぎるというのとは違って、微妙な
距離感があるのが新鮮で、それが物語の良さを引き出している感じがします。
おそらくストーリーが進むにつれて絆を深め合っていくのだとは思いますけど、
それがどのような形で描かれていくのかが今後の楽しみになってきそうかな。

関連記事