AKB0048 第12話 「愛をうたうアイドル」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/07/16

AKB0048 第12話 「愛をうたうアイドル」

akb0048_12-01akb0048_12-02
(C)サテライト/AKB0048製作委員会

凪沙が心の悩みによって声が出なくなってしまうお話です。

akb0048_12-03akb0048_12-04

今回はいつものOP映像は流れなくて、曲をBGMにした形で本編が始まってました。
一瞬、あれ?今回が最終回だっけ?って勘違いしかけてしまいましたよ(^ω^;)
とにかくランカスターで研究生達がDES軍に襲われていた話の続きになります(汗)
織音は知らなかったとはいえ敵の兵器を作っていた事を知ってショックを受けてたし、
ホント凪沙や智恵理が何とか敵ロボットから織音を助けてあげてたので良かったです。
智恵理なら織音の心の苦しみはよく分かってあげられるといったところなのでしょう。
まぁとりあえず今のままではランカスターでのお披露目公演は難しい状況だわ(´・ω・`)

akb0048_12-05akb0048_12-06

凪沙のお父さんを収容施設から救い出すために研究生達が協力してくれてました。
これは凪沙にとってはとても嬉しかったでしょうね。もちろんWOTA軍の人達も
捕まっている芸能推進派の人達を救うために協力してあげる事になります。
変わり果てたランカスターを元に戻すためにもここは頑張って欲しいところかな。
そうすればまた昔の凪沙のように芸能を愛してくれる人が増えるはずですよね!

akb0048_12-07akb0048_12-08

せっかく凪沙がお父さんを助けようとしていたのに、お父さんが芸能側の人間に
助けられるのは嫌だと言って拒絶していました。ホント頭の固いお父さんだよ。
でも、これもお父さんなりの優しさが含まれた厳しい言葉だったのかもしれない。
ただ凪沙としてはそんなお父さんの気持ちに気づくわけもなく落ち込んでたけどね。
私も最初はなんて冷たい父親なんだ!?って思ってしまいましたよ(´・ω・`)

akb0048_12-09akb0048_12-10

友歌の家って食堂をやってるんだぁ?WOTAの人達の憩いの場になってるみたいね。
恵がケガをしただけで助かっていたので安心しました。あれってヤバいと思ったもん。
でもお披露目ステージには立てないと言ってたのでちょっと可哀想だったかも・・・。

凪沙はお父さんに強く拒否されて落ち込んでいたのですけど、友歌の両親から
お父さんが捕まった詳しい経緯を聞いて少し気持ちが落ち着いたかもしれません。
凪沙のお父さんは本当は娘の事を応援してあげたい気持ちがあったのでしょうね。
素直になれないのは仕事柄もあるのでしょうけど、彼の性格もありそうかな(^ω^;)
あと凪沙は自分がアイドルになったせいでお母さんにも苦労をかけているので
大変申し訳なく思っていました。まだまだ凪沙の悩みは続きそうです・・・。

akb0048_12-11akb0048_12-12

凪沙が心の悩みが増したためについに声が出なくなってしまってました(汗)
そういえば「アイドル伝説えり子」のえり子や「アイマス」の千早さんなんかも
精神的な悩みによって声が出なくなるといった出来事があったなぁって思った。
こういうのってアイドルアニメではテンプレなエピソードなのかもしれませんね(^ω^;)

とにかく伝説の「渚のCHERRY」を智恵理が歌いたいと申し出たとあっては、
声が出ない凪沙は譲り渡すしかないところでしょうか・・・。
ただ、凪沙が必死に声を出そうとしていた姿を見ると本当は嫌なのかな?
それとも皆に余計に迷惑をかけちゃうのでさらに悩んでいるのでしょうか?
これはDES軍の事も含めて波乱に満ちたお披露目公演になりそうだ・・・。

akb0048_12-13akb0048_12-14

あと、高橋みなみさんが今回のライブ終了後に引退する事を決意していました!
彼方の成長を間近で感じて夢を託そうと思ったのかなぁ?ちょっともったいない。
襲名メンバーの中でも目立っていたので引退しちゃうと寂しくなりそうだよ。

akb0048_12-15akb0048_12-16

「凪沙がAKB0048を卒業するのも無理に止めようなんてしない。だけどお願い。
AKB0048を卒業するなら『渚のCHERRY』を私の後ろで踊ってからにして。
私にちゃんと負けてから辞めて。」

智恵理が凪沙を励ますのかなぁって思ったのですけど、口に出た言葉というのは
もう冷たかった。凪沙が悩んでいる時だっていうのにちょっと可哀想だったよ。
これも彼女なりの叱咤激励といったところなのかなぁ?よく分かんないや(^ω^;)

akb0048_12-17akb0048_12-18

友歌は愛しの護くんとラブラブしてましたわ。芸能嫌いだった彼がこうして
WOTAの一員になってくれただけでも嬉しいといった感じでしょうか。
そんな彼は友歌の大ファンになってくれるみたいですしもうハッピーだね。
こうなったら、友歌は絶対に襲名メンバーになれるように頑張らないと。
・・・でも、あれ?彼ってたしか鈴子のファンじゃなかったっけ?(^ω^;)

akb0048_12-19akb0048_12-20

「せーの!いつも感謝!冷静、丁寧、正確に!みんなニコニコ!
幸せになりますように!いくぞー!AKB0048!!!」

AKB0048バージョンのお決まりの気合入れをやってからステージに上がる研究生!
当初の予定とは急遽変更になったりして大変だけど成功させてほしいな。

akb0048_12-21akb0048_12-22

彼方がお披露目公演でご挨拶していたので、やっぱり彼女がキャプテンになりそう。
智恵理もセンターポジションに入っているので、もし初めて研究生達のライブを見た
お客さんがいたら彼方と智恵理が2トップなんだと思ってしまいそうだなぁ・・・。
本当は凪沙がセンターに立つはずだったのに端っこの方に追いやられて可哀想かも。
まだ声が出ないからきっと口パクになっているんでしょうね・・・。
でも今はそんな事で悩んでいる場合じゃなくて、目の前のファンの人達のために
踊りだけでも集中しないといけないところかな。
とにかくライブシーンは研究生達は上手くパフォーマンス出来ていたように思います。

akb0048_12-23akb0048_12-24

しかしながらDES軍も黙ったままライブを見逃してくれるはずもありませんでした。
激しく襲い掛かってきたものだからやむを得ずライブが中止になってしまいます。
今日のために練習に励んできたのに酷いなぁって思う。友歌なんて好きな人の前で
晴れ姿を見せられる機会だったっていうのにね。残念なライブになって可哀想です。

ただ、別の見方をすれば、「渚のCHERRY」はまだ歌われていないはずなので、
もしかすれば凪沙の声が治れば彼女が歌える可能性だってありそうです。

AKB0048全体としては悔いが残る結果となりましたけど、凪沙本人にしてみれば
自分がセンターに立って歌える機会が再び訪れそうだから落ち込むのは早いかも?
それに智恵理の後ろで歌っていないので負けが確定したわけじゃないはずですし!
まだ試練が続きますが凪沙には何とか乗り越えてもらってほしいなぁって思います!

関連記事