Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/06/03

Fate/Zero 第22話 「この世全ての悪」

fatezero_22-01fatezero_22-02
(C)Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC

ウェイバーが全ての令呪を使ってライダーを戦場に送り出そうとします!

fatezero_22-03fatezero_22-04

今回はウェイバーがお爺ちゃんと会話する珍しいパターンで始まっていました。
この作品では基本的に聖杯戦争に関わっていないキャラはあまり描かれないので、
こういう立ち上がりをされるとちょっと意味深なシーンにも感じてしまいます。
まさかウェイバーが退場するのかなぁ?って心配しながら見てしまいましたよ(汗)
とりあえず、ウェイバーのかけた暗示魔術の効果が薄れてきているようですね。
これでウェイバー自身が自分の魔術能力の限界を実感したのかもしれません。
だからこの後のライダーへの全令呪使用のやり取りへと繋がるのでしょうか。

fatezero_22-05fatezero_22-06

「そういえば、アレを頭数に入れてなかったな・・・」
もう切嗣とセイバーのコンビって終わっているようにしか見えないです(苦笑)
聖杯戦争ではマスターにとってサーヴァントが一番重要な相方になるはずなのに、
それを戦力の構想外だと思っているなんてセイバーがホント可哀相だ!(^ω^;)
せめて一言くらい声をかけてあげて欲しいなぁって思ったよ。
視線すら合わそうとしなかったよね!?いったい何考えてんだ?(苦笑)

fatezero_22-07fatezero_22-08

「衛宮切嗣の悲願は、人類の救済、あらゆる戦乱と流血の根絶。恒久的世界平和よ。」
アイリは綺礼が切嗣の本心を誤解していたので正してあげていました。
綺礼は自分と同類だと思っていた切嗣が対極の考えを持つ事を知って失望した?
急にキレちゃってアイリの首をへし折っていたのにはもうビックリです(汗)
何のためにわざわざ誘拐してきたのかなぁ?って思ってしまったよ(´・ω・`)

「よく分かったぞ。それが衛宮切嗣か。ついに得たぞ・・・戦う意義を!
衛宮切嗣、お前の理想を目の前で聖杯諸共、木っ端微塵に打ち砕いてやろう。」

とりあえず、アイリには聖杯にまつわる謎が隠されていたようですね。
最後は綺礼と切嗣との直接対決で決着がつきそうな感じかな。

fatezero_22-09fatezero_22-10

「我がサーヴァントよ。ウェイバー・ベルベットが令呪をもって命ずる。
ライダーよ、必ずや最後までお前が勝ち抜け。重ねて令呪をもって命ずる。
ライダーよ、必ずやお前が聖杯を掴め。さらに重ねて令呪で命ずる。
ライダーよ、世界を掴め。失敗なんて許さない。」

ウェイバーが全ての令呪を使ってライダーのマスターとしての権利を放棄してました。
きっと魔術能力の劣る自分が足手まといになる事を考えての行動なんでしょう。
その内容も聖杯戦争を戦う上では当然といった命令ばかりだったので、少なからず
彼はライダーに対して対等の立場で接してあげているんだなぁって思いました。

fatezero_22-11fatezero_22-12

「マスターじゃないにせよ、世の友である事に違いはあるまい。」
そんなウェイバーの気持ちを知ってか、ライダーがとても良い事を言ってましたわ。
上下関係ではなく、対等の立場で自分を認めてくれたのでウェイバーも嬉しいはず。
ウェイバーは自分を見下していた人達を見返すために聖杯戦争に参加したので、
せめてライダーに認めてもらっただけでも参加した意義があったように思います。
もう彼のくしゃくしゃに涙を流す顔を見ていると私も貰い泣きしちゃう~(>ω<)
こういうシーンってちょっと心が熱くなってきます!やっぱり良いコンビですね!
私はもうこの2人が優勝して欲しいなぁって思いました。

fatezero_22-13fatezero_22-14

アーチャーさんもようやくヤル気になって全力で戦ってくれるみたいです。
全力で戦うと聖杯まで壊れちゃうので、離れて戦うように言われていたのかな?
あと綺礼の方は聖杯への願い事には全く興味はなくて、切嗣達と戦える事だけを
楽しみにしているといったところでした。願い事が無いなんてもったいないなぁ。
もう切嗣の正反対の願い事でもしておけばいいのにねw

fatezero_22-15fatezero_22-16

「終わりはもうすぐそこまで来ているわ・・・」
ラストのアイリの描写が何を意味しているのか分からなかったです。
あれは死の間際に垣間見た夢かな?まさかまだ生きてるって事はないですよね?
とにかく聖杯についてはまだ他にも謎が残っているって事なのかもしれません。
最後に見せたアイリの悪意に満ちた表情が嫌な予感をさせますわ(´・ω・`)

今回は何といってもライダーとウェイバーの熱い絆に注目でしたね♪(*´ω`*)
もうこの2人を主人公にして描いた方が良かったんじゃないの?って思いました。
だってヒロインのセイバーちゃんは完全に空気扱いにされてたし~(苦笑)
何かこの作品って女性キャラに対して冷たい扱いをしているように感じるなぁ。
アイリが願ったようにせめてイリヤちゃんだけでも幸せになってほしいですわ!

関連記事