咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第06話 「奪回」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/05/16

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第06話 「奪回」

sakiachiga_06-01sakiachiga_06-02
(C)小林 立/スクウェアエニックス・咲阿知賀編製作委員会

暖かい物が大好きな宥には暖かい牌がよく集まる!?というお話です(^ω^)

sakiachiga_06-03sakiachiga_06-04

今回は松実宥の次鋒戦。その前に彼女の回想シーンが少し描かれていました。
宥は幼い頃からずっとマフラーなどを身につけて厚着をしていたようですね。
でも暑い夏でもあんな格好をしていたら周囲から変な目で見られるのも当然かな。
そんなお姉ちゃんを玄がいつも庇ってあげていた様子が描かれていました。
前回、玄が麻雀で負けた時は宥が慰めてあげてたりしてたからホント仲が良いよ。

sakiachiga_06-05sakiachiga_06-06

宥は麻雀において中牌や萬子牌を集めやすいという能力を持っていました。
暖かい牌って何なんだ?とにかく寒がりの彼女らしい能力だなぁって思うw
でも混一色の役を千里山女子の二条泉によって簡単に阻止されていました。
捨てる牌が偏っちゃうから相手に読まれやすいという弱点もあるみたいね。
見ている私としては、宥が暖かそうな表情や寒そうな表情をしているだけでも
良い牌を引いたのか悪い牌を引いたのかがバレそうにも思ったんですけどね(^ω^)

sakiachiga_06-07sakiachiga_06-08

でもすぐに宥は別の自分の得意パターンを用いて対応していました。
温かい牌というのは牌の中に赤色が少しでもあれば良いらしいですわ(笑)
というわけで臨機応変に役を作っていけるので動きやすくなりますね。
・・・つまりこれは緑一色が不可能ってことでいいのかな?(^ω^;)
これでは萬子系の混一色や清一色だけをマークするわけにはいかないので
二条泉や千里山女子の面々は手の打ちようがないといったところでした。

ちなみに今回、「和了(ほうら)」という言葉が何回も出てきていましたけど、
これは麻雀用語であがる事を意味しています。麻雀を知らない人には多分
意味不明な言葉だと思いましたので一応説明しておきますね(^ω^)

sakiachiga_06-09sakiachiga_06-10

結局、宥はトップで戦いを終える事が出来たようです。まだ総合点では最下位に
甘んじていますけど少しでも点数を取り戻せた事を考えるとよくやりました。
玄は、お姉ちゃんがここまで頑張ってくれたので大感謝でしょうね!
この作品って百合というより、姉妹愛を推している感じかな?(*´ω`*)

sakiachiga_06-11sakiachiga_06-12

中堅戦では江口セーラが戦うって事でセーラー服に着替えていました。
どうやら、ひらひらのスカートが嫌いだからいつも学ランを着てるみたい。
ましてや短いスカートなんて着慣れてないから恥ずかしいのかもね(^ω^)
でもセーラー服姿の彼女も似合ってると思います。普段から着ればいいのに。

sakiachiga_06-13sakiachiga_06-14

阿知賀女子の方はが中堅です。早くあがりたい時は鳴いたりしていました。
彼女の場合は能力を使うというより、堅実に打つ強みがあるのかな?
他の人に比べて目立たないけど、実力がある事には変わりないようです。
それに慕って応援してくれている友達がいっぱいいるのも良いですね。

sakiachiga_06-15sakiachiga_06-16

でもセーラの方も簡単には勝たせてくれませんでした。高い点数をあがってました。
彼女はチマチマとあがるよりもドカンと大きな役であがるのが好きみたいですね。
・・・ん?あれ?もう中堅戦が終了なの!?めっちゃ早いわ~(苦笑)
結局セーラってスカート履いたシーンしか印象に残らなかったw

sakiachiga_06-17sakiachiga_06-18

次の副将戦では灼と船久保浩子が戦います!どんな麻雀を打つのか楽しみです。
とりあえず2回戦は阿知賀女子と千里山女子に絞られたところでしょうか?
今回はまたさらにハイペースで描いているなぁって思ってしまいました(^ω^;)
最終目標は決勝戦で和と麻雀を打つ事だからあまり時間を割けないのかもね。

関連記事