くりいむレモン 第35話 「亜美・それから 第4部完結編~微笑のなかで~」 - アニメとゲームと恋の楽園
2013/02/21

くりいむレモン 第35話 「亜美・それから 第4部完結編~微笑のなかで~」

creamlemon_35-01creamlemon_35-02
(C)フェアリーダスト

亜美シリーズ最終章の完結編。亜美がお兄ちゃんへの片思いに決着をつけます。
※以下の感想では一般向けに控えめな表現を用いて文章を書いておりますが、
一応、エッチなアニメ作品ですので閲覧には十分にご注意くださいませ(^ω^;)

creamlemon_35-03creamlemon_35-04

今回は第34話からの続きのお話です。亜美の物語もこれでクライマックスです。
亜美がお兄ちゃんへの思いを断ち切って河野さんと結婚するのか気になります。

そこでお兄ちゃんの方なのですが、婚約者のジャクリーンと熱く抱き合ってた♪
まぁこれから彼女と結婚するのであれば別に問題はないのですけどね。
冒頭からいきなりこういうシーンがあると私は心の準備出来てないので焦るw

creamlemon_35-05creamlemon_35-06

お兄ちゃんとジャクリーンがそのまま結婚へと突き進むのかなぁって思ったけど、
意外や意外、ジャクリーンが母国イギリスに帰る事を心に決めました。
彼の心の中にまだ亜美への想いが残っている事を悟っちゃったみたいです。
私はそれが正しいと思います。やっぱり結婚するなら自分だけを見て欲しいよね!
そうじゃないと絶対に幸せな結婚は出来ないと思います。

creamlemon_35-07creamlemon_35-08

亜美のコンサートは大盛況♪こうして見ると本当にアイドルなんだなぁって思った。
彼女の表情を見る限りでは、もう悩みが吹っ切れたような感じに見えましたわ。
もう河野さんとの結婚を決意したかのような感じかな……。

creamlemon_35-09creamlemon_35-10

ただ、その河野さんはユキさんにプレゼントを選ばせるというデリカシーのなさ……。
これはもう信じられないです。いったいどういう神経をしているんでしょう!?
それに亜美との婚約を誓った後もユキさんと密会して寝るんだもん!(怒)
今さら女遊びを反省しろとは言いませんけど、せめて結婚する時には他の女性との
縁を切って全て清算を済ませておいて欲しいなぁって思います……(´・ω・`)

creamlemon_35-11creamlemon_35-12

「私の中……まだお兄ちゃんがいる……」
亜美はお兄ちゃんがコンサートを見に来てくれている事を知って動揺してしまいます。
お兄ちゃんへの想いを断ち切ったはずなのに、お兄ちゃんの方から会って話したいと
言われちゃったものだから、亜美の心がまた揺れ動きそうな予感がしました(汗)
亜美の言う通り、お兄ちゃんの方からハッキリと自分の気持ちを言って欲しいな。
お兄ちゃんが別れると言ってくれれば亜美も諦めがつくと思うし……。

creamlemon_35-13creamlemon_35-14

「このコンサートが終わったら、いいかい……君は僕の花嫁さんだ。」
亜美は河野さんから婚約の証にブレスレットをプレゼントされていました。
これで少し揺れ動きかけていた亜美の心が一つに固まったように思いました。
そこで亜美がアンコールに選んだ曲というのは……『去りゆく日々』
曲のタイトルからもお兄ちゃんとの決別を意識したような感じです!?(´・ω・`)

creamlemon_35-15creamlemon_35-16

ここからしばらく亜美がアンコールの曲を歌っているシーンが流れていました。
映像では河野さんに抱かれている時の回想シーンなんかも挿入されていたので、
私は亜美と河野さんが結婚するエンディングを迎えるんだなぁって思ってました。
でも、歌い終わった時にブレスレットが落ちたのが嫌な暗示だった……。

creamlemon_35-17creamlemon_35-18

コンサートを終えると、高校の友達やスタッフさんからお祝いしてもらってました。
でも河野さんって亜美と結婚した後もユキさんと不倫を続けると言ってたよ(汗)
ユキさんも河野さんの愛人のままでいたいと思っていたし……(^ω^;)
さっきも書いたけど、亜美は河野さんとの結婚は考え直したほうがいいと思う!
絶対に不幸になっちゃうよ……(´・ω・`)

とにかく亜美はお兄ちゃんへの思いに決着をつけようとしてました。
そのためにはもう一度最後にお兄ちゃんと会って話さなくてはいけません。
この辺は彼女の複雑な気持ちがよく表れていたかな……。

creamlemon_35-19creamlemon_35-20

「君は何度も僕に愛された。その体で彼の所に行くというのか?」
「否定はしないわ……」
亜美はお兄ちゃんに会うべきかどうかをギリギリまで悩んでいました。
会えばお別れの言葉を聞くかもしれないと思って不安だったのでしょう。
あと、河野さんの言葉が何か嫌な感じだった。正しいのは確かなんだけどね。
ただ車でお兄ちゃんの所まで送り届けてくれたのは優しいなぁって思う。
亜美にお兄ちゃんを選ぶのか自分を選ぶのかを決めて貰おうとしてたのかな?

creamlemon_35-21creamlemon_35-22

ついに亜美はお兄ちゃんの前に姿を現します……。
三角関係を解消するために当事者同士が集まるっていうのも珍しいですね。
河野さんがさりげなく亜美にコートをかけてあげていました。
これは亜美が自分の恋人だとアピールしていたようにも見えましたよ。
お兄ちゃんはそれを見て少し複雑な気分だったかもしれません。

creamlemon_35-23creamlemon_35-24

「お兄ちゃん……」
「亜美・・・亜美……好き……なんだ。」
「なぜ?……なぜもっと早く言ってくれなかったの!?」
お兄ちゃんがようやく自分の本当の気持ちを亜美に伝えていました。
亜美はお兄ちゃんがジャクリーンと結婚するものと思ってたので驚いていました。
もっと早く言ってくれれば亜美もこんなに辛い思いをしなかったのにね。
お兄ちゃんって優しい人だとは思うけど、優柔不断なところもある感じだったかな。
私は一人でイギリスに帰ったジャクリーンが最も可哀相だなぁって思いましたよ。

そして亜美はお兄ちゃんにマフラーを手渡していました。
さらに河野さんにかけてもらったコートも脱ぎ捨ててました。
これは亜美が恋愛の悩みから吹っ切れた事を意味していたかな。

creamlemon_35-25creamlemon_35-26

「見えない糸でがんじがらめだったのが今解けたわ……。
私は私。もう誰にも縛られない。」

亜美が選んだのは、お兄ちゃんでも河野さんでもなく、自分一人で生きる事でした!?
そして2人に背を向けて雪の中を歩み出すところでこの物語は終わりを迎えます。

私は最後にはお兄ちゃんを選ぶのかなぁって思っていたのでちょっと予想外です。
まさか誰とも結ばれる事なく終わっちゃうなんて思いもしませんでした。
どうしてなんだろう?もしかしてアイドルのままでいたいのかなぁ?(^ω^;)
でも亜美がお兄ちゃんと河野さんのそばにいると、これからも悩み続けるから、
彼女が幸せになるためにはこの選択はむしろ良かったとも思えなくもないです。
「亜美」シリーズは「くりいむレモン」の中でも長編に渡って描かれていたので、
ストーリーやキャラの心情などとても丁寧に描かれていたように思います。

関連記事