くりいむレモン 第28話 「魔道都市アスタロト」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/12/11

くりいむレモン 第28話 「魔道都市アスタロト」

creamlemon_28-01creamlemon_28-02
(C)フェアリーダスト

魔族から魔道都市アスタロトを守るためにエルフの女の子が戦うお話です。
※以下の感想では一般向けに控えめな表現を用いて文章を書いておりますが、
一応、エッチなアニメ作品ですので閲覧には十分にご注意くださいませ(^ω^;)

creamlemon_28-03creamlemon_28-04

今回は「超次元伝説ラル」シリーズと似たファンタジー世界でのお話となってます。

人間と妖精が一緒に暮らす平和な世界に魔族が攻めて来たので、エルフ達が
多大な犠牲を払いながらも徹底抗戦して魔王バローアを封印したらしい。
でも、その魔王が近々復活の兆しを見せているというので何とかしなくては!
・・・というのが、この物語の簡単なプロローグとなってます。
もう少し詳しく説明されていたのですけど、まぁそれは別にいいでしょう。
このようなエロアニメに詳細な設定なんて誰も求めないと思うし・・・(苦笑)
ストーリーよりもエロシーンが描かれてこそ価値があるんだもんね~♪w
でも私は一応ストーリーや雰囲気重視なのであしからず(^ω^;)

creamlemon_28-05creamlemon_28-06

今回のヒロインは、エルフ族の生き残りのメル。魔族に襲われてました。
そんな彼女を救ってくれたのが人間の剣士クラムと魔導士レイラです。
2人は魔王の復活を阻止するためにエルフの力を借りたかったようですね。
でもレイラが魔族にさらわれちゃったので大変だ・・・(汗)

あと、どうでもいいけど、イフリートの魔法って炎のイメージなんですけど、
この作品では氷による攻撃だったのがちょっと違和感を覚えました。
昔の作品だから少しジェネレーションギャップがあるのかな?(^ω^;)
まぁどうでもいい事なんだけどね。

creamlemon_28-07creamlemon_28-08

拉致されたレイラは魔族によって触手プレイの陵辱を受けていました。
「超次元伝説ラル」にもあったけど、この辺はもうお約束通りの展開ですねw
普通のエッチなシーンを見るとちょっと引いちゃうような部分もあるけど、
こういうプレイを見ていると何だか安心して見ていられるから不思議だゎ。
深夜の萌えアニメの見過ぎで私の感覚がズレてきてるのかなぁ?(^ω^;)

creamlemon_28-09creamlemon_28-10

レイラの姿が悪魔の様に変貌!魔族メルジーヌに肉体を乗っ取っられた!?(汗)
あの触手プレイは人間の身体を乗っ取るために行為だったようですわ(^ω^;)
こういう理由がないことには触手プレイを描く意味がありませんものねw
とにかくレイラの魂を人質に取られては安々と助ける事が出来ませんでした。

creamlemon_28-11creamlemon_28-12

あと、メルがレイラの魂を自分の身体に取り込んでいました。
肉体は悪魔に乗っ取られても、魂がこちらの手にあれば何とかなりそうです。
でも魂を肉体に戻すためには魔族の力を借りる必要があるのが難点ですが・・・。
このままでは手が出せないのでメル達は一旦街に引き返すことになりました。
その街の名前というのがサブタイトルにもある「魔道都市アスタロト」です。

creamlemon_28-13creamlemon_28-14

メルはレイラの魂を身体に取り込んでから少し様子が変わってました。
・・・というのも、クラムに対して恋心を抱き始めているようでした。
レイラに対して少し嫉妬しているような雰囲気にも感じられましたよ。
レイラの魂を取り込んだ事で恋に目覚めちゃったのかな?
クラムがメルやレイラの事をどう思っているのか気になるところです。
でも、その彼といったらメルのパンツを見て目のやり場に困ってたw

creamlemon_28-15creamlemon_28-16

今度はメルジーヌがアスタロトの街に乗り込んで、次々と魔導士を襲います。
映像的にはエッチな行為をしているようにも見えますが、あくまでもこれは
魔力を高めようとする行為なのです!(←念のために解説しておきますねw)
でもまぁ女の子限定に襲っているのが何とも言えませんけど・・・(苦笑)
私は百合プレイとして見ようとしたのですけど、ちょっと難しかったかな。
やっぱり人間の女の子同士のカップリングじゃないとね・・・(^ω^;)
ただ、悪魔の尻尾にも色んな使い道があるんだなぁって思いましたw
何か魔族というよりも淫魔とか淫獣と言った方が当てはまりそうだわw

creamlemon_28-17creamlemon_28-18

女の子を助けるためにメル達が駆けつけてましたけど、メルジーヌの魔力は
圧倒的に強くて成す術がありません。ただし一つだけ弱点もあるみたいです。
「光の剣」の置いてある場所を聞き出そうとしていましたので、その剣なら
倒せる可能性があるって事なのでしょうね・・・。ん?あれ?これって
そういえば、超次元伝説ラルでも似たような設定だった気がするなぁw
まぁいいか・・・エロアニメだし、深く考えるのはよそうかな(苦笑)

creamlemon_28-19creamlemon_28-20

「メル・・・メル・・・欲しい。欲しいよぉー♪メルー♪」
「やめてぇー!(>ω<)」
メルジーヌにディープキスされたクラムがメルに発情しちゃいます(^ω^;)
メルとしては惹かれている人からの愛の告白?だったとはいえ、魔族に
取り付かれている状態で押し倒されても全然嬉しくないですよね。
でもこのまま拒否すればクラムは燃え尽きちゃうみたいですし、どうするのか
迷うところかな!?・・・でもこれはエロアニメだから選択肢は1つだ♪w

creamlemon_28-21creamlemon_28-22

メルはクラムの火照った体を鎮めるために身を捧げる事に・・・(^ω^;)
「(舐めるのを)続けろよ。早く。・・・動けよ。」
クラムがメルに命令していたのが偉そうだなぁって思いました。
メルが身体を張ってこんなにも頑張っているのにね・・・。
それにメルの身体を爪で傷つけるのもヒドイなぁって思った。
それでもメルはクラムのために我慢してたのが健気です。
好きになった男の人だから我慢できるって事なのかな?
あと、初めて男の人を迎える時の描写が印象に残りました(^ω^;)

creamlemon_28-23creamlemon_28-24

「光の剣を探すまでもない。お前らを皆殺しにすればいいんだよねぇ。」
「これ以上勝手な真似は許さないわ。」
メルジーヌがカオススレイヤーという剣で皆を倒そうとしていました。
光の剣に相対するように魔族にも最強の剣があるってことみたいね。
神殿を破壊して光の強さを弱めさせていましたよ。こりゃヤバイ・・・。
メルまで倒される寸前だったし・・・(汗)

creamlemon_28-25creamlemon_28-26

そこでクラムが突撃して、メルジールの体に剣を突き刺していました。
元々はレイラの体なんですけどよくやったなぁって思います。
「俺はメルを守る!」
この言葉からもクラムはレイラよりもメルの事が好きになってた感じかな。
まぁ熱く愛し合ったんだから当然といえば当然だよねぇ~(^ω^)
これでレイラを選んでいたらちょっと幻滅するところだよ。
あとメルが顔を赤くしていたのが印象的でした。
好きと言われて嬉しかったのでしょうね♪(*´ω`*)

creamlemon_28-27creamlemon_28-28

「風よ!光と共に!」
何かメルが風の鎧というものを身につけて変身していました。
これが光の剣だったのかな!?急に変身したので戸惑ったよ(^ω^;)

creamlemon_28-29creamlemon_28-30

「レイラさんの心、クラムの勇気、アスタロトの力・・・私を守ってくれている。」
最後はメルが必殺技を繰り出してメルジーヌを倒していました。
元々メルが持っているエルフの力にレイラの光の魔道の力も合わさったから
倒す事が出来たのかもしれませんね。これで一先ずこの世界は安泰かな。
あとはレイラを救い出すだけですよね!

creamlemon_28-31creamlemon_28-32

でも、物語はここでスパッと終わってしまうんです(^ω^;)
「TO BE CONTINUED」とありましたけど、実はこの続編は作られてません(笑)
まだレイラを救い出していないのに!?とか、
復活しそうな魔王をどうする!?とか、
メルとクラムの恋愛はどうなった!?とか
色々な事が投げっぱなしで終わっちゃったんですわ(苦笑)
これで良いのか?って物凄く疑問に思っちゃったよ(^ω^;)
「超次元伝説ラル」シリーズでも私たちの戦いはこれからだぁ~!
みたいな感じで中途半端に終わっていたような気がしますのでw、
これもエロアニメだから許されるんだと納得するしかないのかな?(苦笑)

関連記事