ゆるゆり 第10話 「修学旅行というが、私たちは一体何を学び修めたのだろう」 - アニメとゲームと恋の楽園
2012/06/07

ゆるゆり 第10話 「修学旅行というが、私たちは一体何を学び修めたのだろう」

yuruyuri_10-01yuruyuri_10-02
(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部

京子達2年生が京都まで修学旅行に行くお話です。
どこに行っても京子は弾けまくってます(笑)

yuruyuri_10-03yuruyuri_10-04

今回のタイトルコールは1年生の皆が登場。でもすぐに姿が消えちゃった(汗)
着々とあかりちゃんの存在感の無さが伝染していってるようですわ(笑)

yuruyuri_10-05yuruyuri_10-06

今回は2年生の皆が京都まで修学旅行に行くお話が描かれています。
京子が山登りの装備を持参していたけど、いくら山に囲まれている
京都でもそんなに高い場所にあるわけないよ~(苦笑)
今回も京子に振り回されそうな感じだ。結衣は大変だねぇ(^ω^)

yuruyuri_10-07yuruyuri_10-08

京都に到着するなり、京子は周りの風景に感動しまくってました。
京子だけじゃなく綾乃もハイテンションになってて笑っちゃう~(^ω^)
もう「バッキンバッキンガムよ♪」は綾乃の名ゼリフになったかもねw
そういえば、千歳は関西出身だから慣れ親しんでいるみたいね。

清水寺での胎内めぐりでは真っ暗な中でスキンシップし合ってた♪
一応厳粛なお寺だっていうのに何やってんだろう?(苦笑)

yuruyuri_10-09yuruyuri_10-10

清水の舞台からの眺めに感動する京子。
やっぱりここで記念撮影をするのは定番ですよね~♪
どうせなら千歳も一緒に撮ってもらわなくっちゃ!(^ω^)
鼻血を出している場合じゃないよ~w

yuruyuri_10-11yuruyuri_10-12

そして、ふれ愛観音に触ってもいましたね。
それぞれ体の良くなりたい部分を触っていました。
まぁ私なら京子みたいに全身くまなく触っているかなw

yuruyuri_10-13yuruyuri_10-14

千歳の撮った写真を確認すると、京子と綾乃の2ショット写真が多かった(苦笑)
まぁあれだけ鼻血を出していたのだから妄想しながら撮っていたのでしょうw

とりあえず京子達は歩き疲れたので早く旅館で休みたいと思っていました。
そして温泉に入って皆の裸を見たいと思っておりました。やっぱりねw
結衣以外の3人の頭には百合百合な妄想しかないのかなぁ?(苦笑)
いくら女同士でもジロジロ見られちゃったら恥ずかしいと思うんだけどw

yuruyuri_10-15yuruyuri_10-16

旅館に着くなり、さっそく温泉に入ろうとする京子・・・。
ホントこの子は修学旅行を存分に満喫しているなぁ~(笑)
落ち着くという事を全く知らないですわw
はしゃぎ過ぎて千鶴に邪魔者扱いされてましたけどねw
もうそろそろ嫌われている事を自覚しないと・・・(^ω^;)

yuruyuri_10-17yuruyuri_10-18

露天風呂の中でも京子が大はしゃぎしていました(苦笑)
もう千歳にとっては最高のシチュエーションになるのかな?w
お風呂に中でもメガネを外していなかったのですけど、
さすがにメガネを外しちゃうと生死に関わるか・・・w

yuruyuri_10-19yuruyuri_10-20

京子は、お風呂やサウナの中でのぼせ過ぎてお部屋の中でダウンしていました(笑)
まぁこれで少しは静かになって周囲に迷惑がかからなくなるからいいかな(^ω^)
・・・って思っていたら、すぐに復活してた。遊ぶ事になると元気だなぁw

yuruyuri_10-21yuruyuri_10-22

千歳が妄想による鼻血を我慢していましたけど、もう目から血が流れてるよ。
あれなら素直に鼻血を出してくれた方がまだマシだと思う(苦笑)

yuruyuri_10-23yuruyuri_10-24

修学旅行といえば枕投げ♪なぜか乙女言葉を使って大暴れしていましたわ(^ω^;)
流れ弾ならぬ流れ枕に当たってしまった結衣と千歳は可哀相だったなぁw

yuruyuri_10-25yuruyuri_10-26

汗と鼻血を流した皆はもう一度露天風呂に入る事に・・・
「こんな楽しい時間がいつまでも続きますよーに☆」 by京子
今回も京子を中心にしてハチャメチャな感じのお話でしたが、
最後だけは少し感動を誘うようなシーンになってました♪
こういうシーンはこの作品始まって以来かもしれないですね(^ω^;)

・・・で、結局のところ1年生達に出番が全く無かったですw
やっぱりこの作品の主人公は京子なのかもしれない(苦笑)

関連記事