化物語 第07話 「するがモンキー 其ノ貳」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/12/17

化物語 第07話 「するがモンキー 其ノ貳」

bakemonogatari_07-01bakemonogatari_07-02
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

駿河の左手の正体について明らかにされるお話です。
彼女の趣味や性癖なども明らかにされます(^ω^;)

bakemonogatari_07-03bakemonogatari_07-04

怪異にフルボッコにされた阿良々木君はひたぎのお陰で助かっていました。
ケガの本当の理由を隠していたのは、彼女を心配させないためなのかな?
でも、ブロック塀にぶつかったと言うのは、少々無理がある大ケガだよ・・・。
「・・・阿良々木君に大サービス。動けるようになるまで幸せな気分でいなさいね。」
ひたぎは阿良々木君が動けるようになるまで自分のパンツを見せてあげていました(爆)
よくわかんない行動をする人ですね。恋人だからいいのかもしれないけど(^ω^;)

bakemonogatari_07-05bakemonogatari_07-06

左手に包帯を巻いた謎の人物に襲われたので、阿良々木君は駿河の家を訪ねました。
彼女も左手に包帯をしていたので、最も疑うべき人物ですからね・・・。
しかし、いくら超人的な運動神経を持っているとはいえ、普通の女の子に
あそこまで破壊力のある攻撃をする事が出来るのかが不思議なところ。
やっぱり怪異の仕業である可能性の方が高いかな?
そこで阿良々木君は駿河から詳しい事を尋ねてみようと思ったのでしょうね。
・・・その前に、駿河の部屋が赤い本で埋め尽くされていたので、阿良々木君が
整理整頓をしてあげていましたわ。どういう生活をしてるんだろう?(苦笑)

bakemonogatari_07-07bakemonogatari_07-08

部屋の片付けが落ち着いたので話の本題に入るのですが・・・
「まぁとりあえずは・・・昨夜の事を謝らせてもらおうと思う。」
駿河があっさりと昨日の襲撃事件の事を認めて謝罪していましたわ(汗)
こうも簡単に謝られては阿良々木君も調子が狂うといったところですね。
さらに阿良々木君が女の子の胸や腰つきを見るだけで見分けが付けられる事を
指摘していました。だからあの怪異の正体が駿河だと分かったのかも・・・。
度々ひたぎ達の胸やお尻をアップで凝視しているシーンがあったけど、
阿良々木君のこの特技の伏線だったというわけかな?(笑)

bakemonogatari_07-09bakemonogatari_07-10

駿河が包帯を外して左手を見せると、そこには猿の手があった!?(汗)
駿河の話によると、その左手はたまに自分の意に反する動作をするようです。
しかもその時の行動の記憶を覚えていないトランス状態になるとか?
人間に憑依するタイプの怪異は肉体と精神をズタズタにするタイプが多いので
そういう状態になっても不思議ではないみたい。

「じゃあそろそろ本題に入らせてもらおうと思う。・・・私はレズなのだ。」
駿河はさらに驚くような事をカミングアウトしていました(笑)
この子はまず最初にビックリさせるような事を言う性格みたいですわw
まぁその方が話が分かりやすくて良いのかもしれないけどね。
とにかく、彼女はひたぎの事を憧れの先輩として好きだったようです♪(^ω^;)

bakemonogatari_07-11bakemonogatari_07-12

でも駿河はひたぎから強く拒絶されてしまいました。ひたぎが中学の時とは
まるで正反対のように変わってしまっていたので相当ショックを受けた模様。
おまけに阿良々木君の恋人として仲良くしているのだからヘコむよねぇ。
「阿良々木先輩に嫉妬して、戦場ヶ原先輩に失望した!
そして、そんな自分自身にあきれ果てた。」

この一言に彼女の苦しい心情がすべて表われていたと思います。
今までサバサバして話していた彼女ですが、急に態度が豹変してました(汗)
彼女の願いは唯一つ・・・ひたぎ先輩のそばにいたいという事でした。
その願いを左手に願ったために昨夜の事件を起こしてしまったみたいね。

bakemonogatari_07-13bakemonogatari_07-14

駿河は、阿良々木先輩がひたぎ先輩のどこを好きになったのか尋ねていました。
もしひたぎの体が目当てだったら、代わりに自分の体を好きにして良いと言ってたよw
何か自分の体を自慢しているのかな?てかレズじゃないんかい!?って思ったw
もう何を考えているのか分からない女の子ですわ(苦笑)
この作品の登場する女の子は変人ばかりかもしれないw

その後、BL話とか、パンツを履いているのか履いていないのかの議論に発展w
駿河はレズなのにBLネタも好きらしい。あの赤い本は全てBL本だったのかぁ(苦笑)
阿良々木君も駿河がパンツを履いているのかどうかを確かめなくてもいいのに。
もう鼻息荒くしてまで興奮してて笑ってしまいました。そんなに知りたいのか?w

bakemonogatari_07-15bakemonogatari_07-16

とりあえず、阿良々木君と駿河は忍野さんに相談することにしました。
駿河問いの駿河って自己紹介してたけど、変わった例を挙げる女の子だよw
「お嬢ちゃんの左手・・・それはね、猿の手じゃないよ。・・・悪魔の手だ。」
どうやら駿河はレイニー・デヴィルと呼ばれる低級悪魔と同化してしまったみたい。
魂と引き換えに3つの願いを叶えるというのはちょっと怖いですね・・・(汗)
このままでは駿河の命が危ういかもしれません。

今回は阿良々木君と駿河の会話を延々と聞いていただけだったような気がします。
でも、この作品の事ですから重要な伏線も含まれているのかもしれないですけどね。
最初に見た時は予備知識が無かったので単純に2人のやり取りを楽しんでました(苦笑)

関連記事