化物語 第03話 「まよいマイマイ 其ノ壹」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/12/12

化物語 第03話 「まよいマイマイ 其ノ壹」

bakemonogatari_03-01bakemonogatari_03-02
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

阿良々木君がとある公園で小学生の女の子と出会うお話です。
今回も阿良々木君とひたぎの会話のやり取りが面白かったです。

bakemonogatari_03-03bakemonogatari_03-04

阿良々木君はサイクリング途中にたまたま訪れた公園で休憩していました。
母の日の日曜日のはずなのですが、その公園には誰もいません・・・。
そんな場所に高校生の男の子が一人でいると寂しい感じがしますよね。
何だか母の日になるととても憂鬱な気分になってくるみたいです・・・。
阿良々木君はお母さんとはあんまり仲が良くないのかなぁ?って思ったよ。

暫くしてピンクのリュックサックを背負った小学生の女の子が現れますが、
すぐにどこかへと去っていきました。今回はこの女の子にまつわるお話です。

bakemonogatari_03-05bakemonogatari_03-06

今度は戦場ヶ原ひたぎさんまで登場。どうやら昨日買ったばかりの私服を
阿良々木君に見て欲しかったみたい。この辺は女の子らしいですよね(^ω^)
それなのに阿良々木君の反応はあまりパッとしません。
好意を持たれている事に気付いてないようです。ちょっと鈍感かな?(苦笑)
わざわざ胸まで揺らしてサービスしてあげているのに・・・(^ω^;)
あと「萌え」を強調する言葉が「蕩れ」という表現は面白いなぁって思った。

bakemonogatari_03-07bakemonogatari_03-08

「阿良々木君。私は阿良々木君の事を親しく思ってもいいのかしら?」
ひたぎが阿良々木君に超接近しちゃってかなり積極的だった。
もうキスでもしちゃんじゃないの?って思ってしまったよ。
あれでは阿良々木君が焦っちゃうのも仕方がありません。
とにかく前回助けてくれたお礼をしたいという事みたいです。

でもまぁどんな願い事でも1つだけ叶えてあげるって言ってましたけど、
例に挙げた世界制服とか永遠の命とかは絶対に無理だろ~って思ったw
それにひたぎさんはサイヤ人にも戦って勝てる自信があるみたいです(^ω^;)
とりあえずドラゴンボールネタには笑わせてもらいましたわwww

bakemonogatari_03-09bakemonogatari_03-10

ちなみにひたぎさんからのオススメは裸エプロンをやってあげる事らしいw
あまり彼女との会話が長くなるとややこしくなるから、もう裸エプロンを
やってもらった方がいいんじゃないのって思ったよ(笑)
すぐ決めていれば童貞ってバカにされる事なかったのにねぇ(^ω^;)

「阿良々木君みたいなイカさない童貞野郎と話してくれる女の子なんて、
せいぜい私のような行き遅れのメンヘル処女しかいないって事よ。」

ひたぎもエッチな経験して無いのにエラそうに言いますよねぇ(苦笑)
それに自分の事を口下手と言ってたけど、どこがやねん!?って突っ込んだ!w
あんなにもペラペラと上から目線で喋っておいて、よく言うよw
やっぱりこの2人の会話は聞いているだけでも面白いです(^ω^)

bakemonogatari_03-11bakemonogatari_03-12

阿良々木君が憂鬱になっていた理由というのが妹とケンカした事でした。
妹さん達って「ファイヤーシスターズ」っていう通り名を持つみたい(笑)
何か普通の妹ではなさそうだ。まぁここに登場するキャラはみんな変ですがねw
とにかく阿良々木君はちょっとした事でプチ家出してきたというわけかな(苦笑)

そして妹についての会話から義理の妹との結婚談義まで発展していきます。
私、ソロレート婚(義理の姉妹と結婚する事)という言葉なんて初耳だったよ。
阿良々木君としては「ソロコン」と言われるより「シスコン」って言われる方が
まだマシなのでしょうね。でも世間的にはどっちも冷たい視線を浴びると思うw

bakemonogatari_03-13bakemonogatari_03-14

「彼女が欲しいとか?」
これはおそらくひたぎが選んで欲しいお願い事だったような気がします。
阿良々木君の彼女になりたいという気持ちが含まれていたように思います。
でも阿良々木君はジュースをおごってもらう事で手を打ってました。
あらら・・・せっかく美人な彼女が出来るチャンスだったのにね。
まだ2人が恋人同士になるのは先のことになりそうです・・・(^ω^;)

bakemonogatari_03-15bakemonogatari_03-16

ここで冒頭の小学生の女の子が再び登場です。彼女の名前は八九寺真宵ちゃん。
ここで阿良々木君の目が真っ赤になっていたのが印象に残りました。
どうやら彼は超人的な視力の持ち主みたいです。
いったい何者なのかなぁ?って最初に見た時は思いました。

「よぉ、どうした?道にでも迷ったのか?」
「話しかけないでください。あなたの事は嫌いです。」
阿良々木君が真宵に声をかけてみるとバッサリと斬られた上にガン無視されてた(爆)
見知らぬ人に声をかけられたから警戒しているのかなぁって思ったけど、
話を聞いていると元々こういう性格なのかもしれないですね(苦笑)
とにかく阿良々木君としては可愛くないと思った事でしょう。

bakemonogatari_03-17bakemonogatari_03-18

・・・だからといって、小学生の女の子に暴力はいけないと思う!(^ω^;)
阿良々木君の方が大きいんだから大人の対応をしてあげないと!w

bakemonogatari_03-19bakemonogatari_03-20

真宵もやられたままではありません!ちゃんと反撃していたのが凄かった!
口だけの女の子じゃないんですね!えらいよ!(^ω^;)
でもやっぱり相手は高校生の男の子だからやり返されてたけどね。
いくらなんでもここまでしなくてもいいのになぁって思ったよ。
どこの世界に小学生相手に本気でケンカをする男子高校生がいるんだ!?w
もし誰かに見られていたら即通報レベルだったと思うw

bakemonogatari_03-21bakemonogatari_03-22

そんなわけで、ひたぎが阿良々木君から距離を置きたくなる気持ちも分かるよ。
まさか女子小学生相手にガチでケンカする男子高校生がいるなんて思いませんものね。
ひたぎも変な子だけど、阿良々木君も随分と変な性格なんだなぁって思いましたw

bakemonogatari_03-23bakemonogatari_03-24

周辺の地理に詳しいひたぎに真宵の目的地を案内してもらう事になりました。
ただ、真宵が迷子と言われた時に表情がとても曇っていました・・・。
自分の事を「蝸牛(かたつむり)の迷子」と言っていたのが気になります。
ここで次回に続きます。

関連記事