るろうに剣心 第95話 「流浪の最果て・緋と瑠璃の絆は潮騒の中に」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2011/12/10

るろうに剣心 第95話 「流浪の最果て・緋と瑠璃の絆は潮騒の中に」(最終回)

rurounikenshin_95-01rurounikenshin_95-02
(C)和月伸宏/集英社・フジテレビ・SPEビジュアルワークス

明治の世の中になっても数々の激しい戦いをくぐり抜けてきた剣心……。
そして、そんな彼の事を常に心配しながら見守り続けてきた薫……。
2人が最も安らげる場所というのは愛する人のそばなのかもしれません。

rurounikenshin_95-03rurounikenshin_95-04

明治11年の晩夏……
剣心と薫は一緒にお墓参りに行く事になりました。
2人が最初に出会ってからもう半年にもなるのですね。
最終回はいつもの賑やかな雰囲気とは異なって、
とても落ち着いた雰囲気で描かれていました。

rurounikenshin_95-05rurounikenshin_95-06

左之助は恵さんの診療所で負傷した右手の治療をしてもらっていました。
完治するまでに時間がかかっているところを見ると、志々雄一派との戦いが
いかに激しいものだったのか伺えますね。
まぁケガをしているのを忘れて拳を叩いたりしていたら治るものも治らないかw
とにかく剣心と薫がお出かけしているのでご飯を恵さんに用意してもらいます。
もちろん恵さんの事だからタダ飯を食べさせるわけではありませんでしたけどねw
この2人っていがみ合っているけど結構いい雰囲気になってきてます(^ω^)

rurounikenshin_95-07rurounikenshin_95-08

弥彦は赤べこでお仕事のお手伝いをしていました。
ここなら美味しいご飯もただで食べられるので天職みたいなものかな。
当然、燕の方も大好きな弥彦と一緒にいられるので嬉しいでしょうね。
ご飯を渡すシーンなんてもうお嫁さんのようにも見えちゃうよ。
こちらはこちらで良い雰囲気になっていますね♪(^ω^)

rurounikenshin_95-09rurounikenshin_95-10

剣心と薫はお墓参りを済ませた後、そのまま浜辺に行ってデート♪
最終回では背景が実写映像になっている部分が多くあるのが印象的。
夏の終わりも相まって、ちょっと寂しさが感じられました。
もう最終回なんだなぁって改めて思わせてくれる雰囲気です……。

rurounikenshin_95-11rurounikenshin_95-12

突然雨が降ってきたので2人は空き家の中で雨宿りをしていました。
この辺から薫の心が少しずつ揺れ動いている様子が伺えます。
剣心と2人きりになった事で気持ちが高ぶってきているのかもね。
最終回だからラブラブなイベントを期待したいところです(^ω^)

rurounikenshin_95-13rurounikenshin_95-14

一方の左之助はお風呂に入らせてもらってました。
でもお風呂に入っている間に汚れた上着を捨てられそうになってた(苦笑)
何ヶ月以上も着替えていないなんて信じられないよ……。
あれでは捨てられても文句は言えないと思う(^ω^;)
恵さんも良いお嫁さんになりそうだw

rurounikenshin_95-15rurounikenshin_95-16

剣心と薫は民家の人にお願いして一晩泊めてもらう事にしました。
さすがに同じ部屋で一晩一緒に寝るとなれば意識しちゃうものですよねぇ(^ω^;)
もう最終回だからドキドキの展開が待っているのかなぁって思ったよ♪
それなのに剣心の方はあんまり意識してなさそう。ちょっと鈍感です(苦笑)

rurounikenshin_95-17rurounikenshin_95-18

なかなか眠れない薫。男の人と一緒なんだから当然ですよね……。
剣心は昔に奥さんがいてたためか結構平然として寝てる(^ω^;)
薫が剣心の事を好きなのはわかるけど、剣心の方はどう思っているんだろう?
大切な存在に思ってくれているのいいのですけど、女性としてどのように
思っているのかが知りたいところですね。薫はきっとそれを感じていると思う。

寝る時にそっと薫が剣心の手に触れていたのが良かったです♪
好きな人には触れて安心を得たいものですからね。
それに剣心は元々流浪人だからいつどこかに行ってしまうかしれないし、
繋ぎ留めておきたいという気持ちなんかも少し伝わってきました。

今回は所々に静かな間があって、それが最終回の雰囲気を際立たせてました。
こういう落ち着いた雰囲気はいつもと違っているので新鮮な感じがします。

rurounikenshin_95-19rurounikenshin_95-20

「薫どの。拙者がここに来てから半年、とても楽しかったでござる。
今までありがとう。拙者は流浪人……また流れるでござる。」

「剣心……待って。……行かないで!剣心ーーーーーっ!!!」
剣心が去っていく夢を見てしまった薫……。
心配になって剣心のところへと駆け出していきました。
浴衣がはだけるほど不安を感じてしまったのでしょうね・・・。
あまり関係ないけど、薫も結構胸がある方だなぁって思った(^ω^;)

rurounikenshin_95-21rurounikenshin_95-22

薫は剣心のいる浜辺へと急いで向かっていました。
本当に剣心がどこかに行ってしまうと思ってしまったのでしょう。
正夢にならなくて良かったと思います。
剣心の胸に飛び込む薫がとても素敵に見えました♪

rurounikenshin_95-23rurounikenshin_95-24

剣心は薫に綺麗な貝殻を渡していました。婚約指輪の代わりかな?w
薫が受け取る時にそのまま剣心の手に触れようとするのも良いですね♪
もうこのままプロポーズしても良かったのではないでしょうか?(^ω^)
とにかく2人はこれからも一緒に末永く暮らしていく事になりそうです。

★総評★
アニメでは原作の良さをさらに引き出して描かれていたと思います。
特に剣心と斉藤のバトルとか志々雄との最終決戦とか神懸かっていました。
原作オリジナルのストーリーに関してはほぼ文句はありません。
不満があるとすれば宗次郎の縮地の描写がやや甘かった点くらいでしょうか?
こればっかりは見えない設定なので描写するには難しい点かも知れませんけどね。


あとアニメオリジナルストーリーの方は、まずまず頑張っていたように思います。
天草編とかは、この先どうなるんだろう?ってワクワクしながら見ていました。
原作では出番がなくなっていたキャラもアニメオリジナル回の方で再び活躍する
機会が与えられていたりしていたし、原作オリジナル回とアニメオリジナル回を
上手く組み合わせて作られていたように感じました。

関連記事