るろうに剣心 第57話 「幕末を駆けた二人・志々雄 対 剣心最終戦!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/11/24

るろうに剣心 第57話 「幕末を駆けた二人・志々雄 対 剣心最終戦!」

rurounikenshin_57-01rurounikenshin_57-02
(C)和月伸宏/集英社・フジテレビ・SPEビジュアルワークス

緋村剣心と志々雄真実・・・人斬り抜刀斎の先輩と後輩の戦い!
同じ人斬りとして幕末を生き抜いた2人が明治の世の中で激突します!

rurounikenshin_57-03rurounikenshin_57-04

瀬田宗次郎を倒した剣心は、志々雄真実との決戦の舞台・大灼熱の間に向かいます。
この時の案内役の駒方由美がどこか寂しそうな表情をしていたのが印象的でした。
剣心に引き返すようにも言っていた事からもこの戦いを望んでいないのでしょうね。
「志々雄様はどんな事があっても自分の野望を捨てるような人じゃないわ。
それに志々雄様は国盗りと同じくらい緋村さんとの勝負を楽しみにしていたわ。」

でも愛する志々雄がこの戦いを待ち望んでいるので引き止めるわけにもいきません。
そのために由美はちょっと複雑な心境なのかもしれませんね。
とにかく由美は志々雄のために役に立ちたいと強く願っている女性なんです。

rurounikenshin_57-05rurounikenshin_57-06

「昔も今も弱肉強食こそこの世の絶対普遍の摂理。強ければ生き、弱ければ死ぬ。
そして最強はこの俺一人で十分だ。」

志々雄は相変わらず自分の信じる理念を貫くつもりでいました。
最初は剣心との戦いも彼の中では余興の一つだったのですが、
今では日本制覇と同等の意味合いを持つものになっています。
もうこの戦いは日本の運命を変える様な一戦になりそうですよね。

rurounikenshin_57-07rurounikenshin_57-08

「志々雄様・・・戦いに興じる余りお忘れなく。どうかご自愛を・・・。」
「15分で片をつける・・・。」
戦いの前に志々雄と由美がキスしているシーンがありました♪(*´ω`*)
こうしてみると志々雄も由美の事を愛してあげているのでしょうね。
それにしても公衆の面前でキスされちゃうと恥ずかしいですよねぇ(苦笑)
戦いの前の緊迫した雰囲気が一瞬だけ和らいだ感じを受けました。

rurounikenshin_57-09rurounikenshin_57-10

「満身創痍だな。そんな姿で存分に戦えるか?」
「姿を言うのなら、おぬしも似たようなもので御座ろう?」
「言ってくれるぜ。それじゃお互い一切の遠慮は無用。」
剣心と志々雄が対峙・・・。どこか剣心が嬉しそうにしている風に見えました。
理念の違いはあっても同じ剣客として正々堂々戦える事を喜んでいるのかな。
志々雄の方も強い者にはリスペクトする性格でもあるので、この剣心との戦いを
とても嬉しく思っているのでしょうね。
あと、この時に由美がしきりに懐中時計を見つめているシーンがありましたけど、
これは志々雄の体に関する大きな伏線になっています。

rurounikenshin_57-11rurounikenshin_57-12

「安心したぜ。動きはまだまだ鈍っちゃいねぇようだ。」
人斬り抜刀斎の先輩と後輩の対決!ついに剣心と志々雄の戦いが始まります。
お互いに互角のつばぜり合いをしていました。どちらも最強なだけの事はある。
剣心のアクロバットな攻撃にも志々雄は動じる事無く受け止めてました。

rurounikenshin_57-13rurounikenshin_57-14

志々雄が自分の刀に炎を発火させて剣心に斬りつけていました(汗)
これが志々雄の壱の秘剣、焔霊(ほむらだま)です。
全身を炎に焼かれても死ななかった志々雄らしい必殺技ですね。
炎と熱を身にまとって戦うのが志々雄の強さといったところかな。

rurounikenshin_57-15rurounikenshin_57-16

「この新井赤空作最終型殺人奇剣『無限刃』と俺のこれまでの人斬りの数を合わせて
技として昇華したのが壱の秘剣『焔霊』。弱者を糧に己の強さを高めていく・・・
これぞ剣術における俺の弱肉強食だ。」

志々雄の持つ剣もまた剣心の逆刃刀と同じ刀匠による代物でした。
ただその刀の性質を聞くと、まさに正反対といった感じがします。
まるで不殺の剣心と弱肉強食の志々雄のように相対している感じかな。
とにかく志々雄が今までに数多くの人を斬ってきた事が伺えますね。
でもガソリンがいっぱいあるのなら、それを剣に染み込ませて使ったら
いいのにって思ったよ。その方が炎の勢いも出ると思うんだけどねぇ~(^ω^;)

rurounikenshin_57-17rurounikenshin_57-18

「ここでお前を止めねば、この国の全ての人がお前の糧となる。」
剣心が龍翔閃で志々雄に斬りかかっていました。
でも志々雄がそれを片手で簡単に受け止めるものだから凄い!
「この技は新月村ですでに見せてもらった。一度見せた技は俺に利かねぇ。」
もうこうなったら早く天翔龍閃で倒すしかなさそうですね。
連戦で疲れもあるし、ケガもしているんだし・・・。

rurounikenshin_57-19rurounikenshin_57-20

「抜刀斎、お前もここで俺の糧となるか?」
ここは最初に見た時はとてもビックリしたシーンでしたよ(汗)
志々雄を見た時の第一印象はゾンビみたいな奴だなぁって思ったのですけど、
本当にゾンビみたいに噛み付いてましたからねぇ(^ω^;)
まさに弱肉強食を信条とする志々雄に相応しい攻撃ですわ。

rurounikenshin_57-21rurounikenshin_57-22

剣心が噛まれたショックでその場に倒れこんでしまいました。
もうほとんど勝負ありといった感じです(汗)
今まで数々の試練を乗り越えてきた剣心ですけど、
今回ばかりは相当ヤバいかもしれませんよね・・・。
ここで剣心と志々雄の戦いは次回へと続きます。

関連記事